日本すっぴん協会

重厚感あるツヤ?自然な陶器肌仕上がり?【質感の違う韓国クッションファンデ2選】

2020/05/19

コラムニスト : 千国めぐみ


こんにちは。千国めぐみです。


実はファンデがあまり好きではなく、ノーファンデの日が圧倒的に多い私ですが、最近のクッションファンデはとても優秀で、つけていてもストレスにならないものが多い! 
薄付きでかつ肌も素肌っぽくキレイに見せてくれるので、メイクするときも今日はファンデつけよう!という日が増えてきました。 そして、新たにTPOや気分によって、肌質で遊ぶ、という楽しみも増えました。 



そんなわけで今回は、クッションファンデ先進国の韓国の、それぞれ質感の違うクッションファンデをふたつ紹介させてください。



まず、もう定番中の定番になってきていますが、 ジョンセンムルのクッションファンデ。 
私は1番マットなタイプの、エッセンシャルスキンヌーダーロングウェアクッションを使っています。


つけたときに、うお!?と声が出てしまったほど、本当に仕上がりが綺麗。薄~くベールがかかったように、肌のキメを均一に整えて、まさに陶器のような肌に仕上げてくれます。


スキンヌーダーの名前の通り、つけている感じもなく、とにかく軽くて自然。 
韓国では珍しいセミマット感もとても上品で… センス~~~脱帽~~~



この付け心地の良さ、自然さと上品さから、ちょっとちゃんとした時につけています。自然さが求められるオーディションの時や、ちゃんとした打ち合わせの時なんかにつけることが多いです。




つぎに、ムーンショットマイクロコレクトフィットクッション


カバー力も高めで、肌の凹凸を滑らかに、つるん!と仕上げてくれます。 とにかく、ツヤ! 軽くて薄づきなのですが、他のものよりずっと重厚感のあるツヤ!という感じです。


このファンデのなにがすごいかというと、色んなレビューでも言われていますが、崩れ方。 
崩れにくいのはもちろんなのですが、 普通は汗をかいたときや湿気の多いとき、汗とまざってドロ~っとなったり、ムラになってしまうことが多いんですが… なんと、これはファンデの上に汗をかいてる感じになるんです…摩訶不思議。


なので、塗り直しというより、汗を拭く、という感じ。ティッシュでトントンと油分を抑えれば、キレイなままでした。 重めのツヤ感と崩れにくさから、友達と遊んだり、長時間のお出かけやアウトドアなどカジュアルなときにつけたいファンデです。




ムーンショットは1番明るい色味の101、 スキンヌーダーはフェアライトをつけていますが、韓国のファンデは明るめに仕上がることが多い印象なので、色が浮いちゃいそうな場合、顔の中心(鼻や頬骨、おでこなど出っ張っている骨)に置いて、あとは軽くのばすくらいにすると違和感なくキレイに仕上がると思います。



韓国のクッションファンデは、とにかく優秀で、仕上がりにびっくりするものが多いですが、その中でもお気に入りのふたつです。 
価格も安く、試しやすく、使い続けやすいと思うので… ファンデ探しの参考になりますように!

Profile

千国めぐみ

千国めぐみ

Instagram

1988年7月5日、埼玉県生まれ。「mina」(主婦の友社)、「with」(講談社)、「steady.」(宝島社)でレギュラーを務める。ほか「美的」(小学館)、「MAQUIA」(集英社)など雑誌出演多数。アロマテラピー検定1級、化粧品成分検定1級、美容薬学検定1級、漢方養生指導士、薬膳漢方検定、コスメマイスター、スキンケアマイスターの資格を保有し、美容に関する幅広い知識を持つ。

千国めぐみさんの関連記事

新着記事

もっと見る

新着コラム

もっと見る