ごきげん手帖

冬はお鍋でダイエット!10分で作れるヘルシーぶりしゃぶ鍋

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

1月は新年会などが続き、会食をする機会が増えます。飲みの席だと自分が思っている以上に飲んだり食べたりしてしまうので、気がつけば体重が3kgも増えていた……なんてこともあるかもしれません。

そこで今回はダイエットに活用したいヘルシーな鍋レシピをご紹介します。ぽかぽか温まるので、寒い冬にぴったり! しかも10分あれば作れちゃいます。

10分で作れるヘルシーぶりしゃぶ鍋

冬のダイエットに◎!ブリが主役のヘルシー鍋レシピ

10分で作れるヘルシーぶりしゃぶ鍋

<材料>1人分

・水 200ml

・出汁用昆布 5cm×5cm 1枚

-A-

・豆腐 100g

・白ねぎ 白い部分1/8本

・しめじ 30g

・ゆず皮 適宜

-B-

・ぶり(刺身用) 50g

・春菊 1本

-お好みで-

・ポン酢

・ごま油

・炒りごま(白) など

<作り方>所要時間:約10分

1. 鍋に水と出汁用昆布を入れて蓋をして中火にかける。その間に具材を切って準備する。

2. ぶりは1cm幅の薄切りに、豆腐は食べやすい大きさに、白ネギは1cm幅の斜め切りに、しめじは石づきを取って裂く、春菊は5cm幅のざく切り、ゆず皮は細切りにする。

3. 1Aの具材を入れて中火で2〜3分煮込む。次にBを入れて弱火でさらに1分煮込む。

4. 器にポン酢を入れ、具材をつけて頂く。お好みでごま油や炒りごまをトッピングしてもおいしい! 

10分で作れるヘルシーぶりしゃぶ鍋

料理のポイント

・Aの食材を先に煮込むことで出汁に旨味が加わり、ゆずの香りもしっかり出ます。

・火が通りやすいブリと春菊は最後にさっと火を通す程度でOK。

インナービューティーポイント

・ブリには「アンチエイジングビタミン」と呼ばれるビタミンEが豊富に含まれています。

この時期のブリは良質な脂質が豊富。良質な脂質は脳の構成成分や女性ホルモンの構成成分となる重要な栄養素です。

・冬が旬の春菊には、お肌や粘膜を乾燥から守ってくれるβ-カロテン(体内でビタミンAとして働く)が豊富。脂質と合わせることで身体への吸収率が高まる栄養素。

脂ののったブリと合わせることで、効率よく栄養を摂取できます。

・しめじをはじめとしたキノコ類は低カロリーで、美腸作りに嬉しい食物繊維が豊富。満腹効果が得られやすいので、ダイエットの強い味方です。

・白ネギも低カロリーで食物繊維が豊富な食材。胃腸の働きをサポートする「硫化アリル(アリシン)」も豊富なので、年始の暴飲暴食で疲れ気味の胃腸におススメです。


簡単に作れるヘルシー鍋レシピ。ブリは切り分けられたお刺身用を買えばさらに手間が省けます。

旬の食材を上手に組み合わせて、おいしく楽しくヘルシーに、体の中からキレイと元気を磨きましょう!

ライタープロフィール

インナービューティー研究家/フードコーディネーター・國塩 亜矢子

「インナービューティー」を軸とした料理教室、コラム執筆・レシピ開発等を通じ、女性のライフステージごとに関わる「食×美」の大切さを幅広く発信中。二児の母。著書「決定版!節約冷凍レシピ」(宝島社・共著)

【保有資格】

ベジフルビューティーアドバイザー/女子栄養大学認定食生活指導士1級

    【あわせて読みたい】
    格段においしくなる!鍋料理にオススメのちょい足し食材5つ
    ヘルシーに冷え予防!冬の簡単、鍋レシピ
    10分で完成!ダイエットに◎なスンドゥブチゲ鍋 #ヘルシー残業ご飯
    +αで絶品に大変身!鍋と相性バツグンの食材・調味料4選

    【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
    ダイエットに今日から始めたい!ヤセ菌が増える食べもの5つ
    おにぎり&スープは痩せにくい!?ランチ選びの落とし穴3つ
    その食習慣NGかも?かくれ肥満になりやすい人の特徴4つ
    見直そう!本気で痩せたいときに試したい食事のルール3つ

    Facebookでシェアする

    Twitterでシェアする

    フード・食べ物の最新記事はこちら