日本すっぴん協会

すっぴんの楽しみ方やすっぴん美肌づくりのお作法を探る、日本すっぴん協会の公式サイト

優しいタッチで丁寧に向き合っていけば、肌は何歳でも変わっていける – 美容家・石井美保

麻布十番でトータルビューティーサロンを経営する傍ら、美容家としても多数の女性誌などで活躍されている石井美保さん。前回は石井さんに、ご自身が美容の道に進むまでのお話を伺いました。2回目となる今回は、石井さんご自身の肌歴や、肌のプチ断食によって“肌力”を上げる方法などについて教えていただきます。


―石井さんは、毛穴のまったく見あたらない、つるんとしたお肌が印象的です。過去にお肌で悩んでいたことはありましたか?

実は、若い頃は自分の肌をわりとネガティブに捉えていたんですよ。遺伝的に地黒でしたし、乾燥肌もすごくて、人に肌をほめられるような感じではありませんでした。ですので高校生の頃から“これを使ったら肌が生まれ変わるんじゃないか”と、コスメを買うのが楽しみになっていたところがありましたね。

―肌が変わったタイミングというのはあったのでしょうか?

まつげエクステのサロンを始めたことによって、エクステがついていても落としやすいクレンジングフォームというのを2年かけて自社開発しました。実はそれを使ったことで、自分の肌質も変わって(笑)。要は触りすぎていたということなんです。
エクステをつけていると、がしがしとこすることはもちろん、お湯で洗うこともシャワーを当てることももちに影響するので、優しく押し洗いすることが基本。開発したクレンジングフォームも、押し洗いするだけでメークが浮くという処方にしたんですね。これが功を奏して、美肌になる洗顔方法だったんだなと気がつきました。

―非常に優しく洗うということですね!

お肌はこすらなければ柔らかくなるし、キメも整うし、毛穴も目立たなくなります。20代や30歳前後の時はいつも鼻の毛穴にも悩んでいましたが、洗顔を変えたことによって改善して。まつげエクステのサロンをやらなかったら、私は今の美肌と言っていただけるところまで、多分たどり着けていなかったなと感じています。


―年齢を重ねていく中で、肌と向き合っていくコツについてはいかがでしょうか。

若い頃の私はスチーマーをやってパックをして、マッサージをして美顔器をかけてと、振り返ると過剰にスキンケアしていたなと思います。今一番大切にしているのは、自分の肌をしっかり見ること。洗顔後はすぐに化粧水をつけている方も多いと思いますが、それをしてしまうと、肌がふやけて潤った感じになって、本当の自分の肌が見えなくなってしまいます。なのでこの数年私は、洗顔後は一回何もせずに身体を拭いたり他のことをして、2~3分おくようにしています。そうすると自分の油が出てきて、自ら潤う力というのが出てくるんです。その力を、毎日チェックするようにしています。

―さっそく取り入れてみたいと思います。具体的なお肌のチェックポイントについても教えてください!

触ってみてザラザラしている場所がないかということ、おでこは少ししっとりするなとか、鼻まわりもしっとりしてきたなとか、頬まわりはかさついているなとか、そういうところを見ていってあげてくださいね。
また大きい拡大の鏡で見て、この時期だとちょっと毛穴が開いているなとか、しわが昨日より目立つなとか、細かいところを見てその日のケアを決めていくことが大切。必要なものを必要なだけ取り入れていくのが本当のケアだなって、最近私もたどり着けたんです。


―いつも同じケアではなくて、自分の肌を見て、その日のケアを決めていくということなんですね。

そうです。さらにこの1年私がやるようになったのは、1週間に一度ほど、洗顔をしたら何もつけないで寝てしまうという方法。これがまた、自分的には調子が良くて。たまたまお正月に、どこにも出かけないという日が数日あったんですね。お化粧もしないのでスキンケアもやめようと思って、洗顔だけして朝も夜も何もぬらないようにしてみたんです。そして仕事に出る前の日に岩盤浴に行って、何もつけていない毛穴の状態でぶわっと汗を出して。そうしたら、ここ一番で肌質が上がったんですよ(笑)。潤いをため込む肌機能というのがもう一度目を覚ましてくれて、超乾燥肌もこの1年はあまり気にならないなって。

―スキンケアも緩急が大切といいますか、いつもたっぷりの保湿をしていると、肌も潤うことをさぼってしまいがちになってしまうんですね。

そうです。ただ、いきなり何もつけないと怖いと思われる方は、乳液など1アイテムだけをサラッとつけるところから始めてみてくださいね。肌は優しく触ってあげたり、丁寧に向き合っていけば、変わっていきます。元々の肌質がこんなもんだというふうに諦めないでほしい。年を重ねても肌は変わっていけるということを、伝えたいなと思っています。

今回は美容家・石井美保さんに、ご自身のお肌が変わっていくまでのお話や具体的な肌のチェックポイントのほか、プチ肌断食法などについてもお話しいただきました。その日の肌コンディションを自分自身で確かめながら、すこやかな肌を育んでいきたいですね。次回は石井さんに、スタイルキープ法やご自宅での香りの取り入れ方などを伺います。お楽しみに。



石井 美保

美容家
トータルビューティーサロンRiche主宰

1976年生まれ。2005年より麻布十番でまつげサロンを経営し、アイリスト育成の傍ら、豊富な美容知識を生かしたメイクレッスンや美容カウンセリング、パーソナルコンサルティングなどを行う。美容に関する深い知識を生かし、現在は美容家としても多方面で活躍中。著書に「石井美保のSecret Beauty」(宝島社)など。

Instagram https://www.instagram.com/miho_ishii/
ブログ https://ameblo.jp/riche-miho/

Posted:

2017/10/23

最新のインタビュー記事

注目のインタビュー記事