日本すっぴん協会

PR

理想の肌を叶えるための土台づくりに。ETVOSのお守り的セラミドアイテムで秋冬のゆらぎケア

2019/11/18

コラムニスト : 千国めぐみ


こんにちは!
ぐんと冬めいてきて、そろそろ日中の乾燥が気になってきそうですね。
スキンケアも見直そうか、迷い始める時期ではないでしょうか?



乾燥しにくく健康な肌の基本は保湿、それにはとにかくセラミド!
としつこく言っている私ですが、最近気に入って使っているのが、ETVOSモイスチャライジングシリーズです。


SNSでフォロワーの皆さんに質問を募集するたびに、「セラミド系でおすすめはありますか?」と聞かれるのですが、これです!



肌機能に着目した皮膚科学の理論に基づき、ローション、セラム、クリームにそれぞれ、形やはたらきの違うセラミドが最適な量とバランスで配合されています。


人の角質層にあるセラミドと同じ構造の“ヒト型セラミド”が使用されているので肌になじみやすく、高い保湿力でうるおいが持続します。



スキンケアでは、個人的な実感として内側からのふっくら感を大切にしているのですが、寝る前にこれを使うと、肌が内側からふんわりふくらんでいくような感覚に。それなのにベタつきがほとんどありません。


健康で荒れにくい肌の土台づくりのスタメンとして、もってこいな使用感です。



セラミドはもともと肌の内部に存在しており、肌の水分保持や免疫・バリア機能の役割を果たしているものです。


保湿はスキンケアの基本と言われていますが、大切なのは水分で肌を覆うことではなく、肌そのものの水分保持力を高め、内部で水分を手放さないようにすること



なぜセラミドケアが大切かというと、セラミドは日々のクレンジングやストレス、加齢などでどうしても失われてしまいがちだから。セラミドが減少すると、肌の乾燥やトラブルにつながってしまうこともあるのです。



私たちもセラミドを、日常のなかでなるべく減らさないようにしたいですよね。
工夫できることとして、クレンジングの時の負担を減らすため、石けんで落とせるアイテムなどを駆使する方法があります。


セラミドにこだわるエトヴォスは、モイスチャライジングシリーズでヒト型セラミドを補うだけでなく、石けんオフメイクでセラミドを守ることも大切にしているブランドです。
日々の肌ダメージを意識して軽減することでさらに、水分を抱え込む肌へと導いてくれます。



これまで私のインスタなどでも優秀なメイクアイテムを色々紹介してきたのですが、例えば最近はマスカラもアイライナーも、よれないのにお湯で落ちる、優秀でかつ、おしゃれで可愛いアイテムがかなり増えています…!(感動)


メイクは毎日の楽しみのひとつでもありますが、肌への負担を気にしすぎてメイクが楽しめなくなってしまうのは悲しいこと。
石けんで落とせるアイテムや、可愛くて優秀なお湯落ちアイテムを使えば、ストレスなく日々のメイクもスキンケアも楽しめるはずです。
また新しいお気に入りを発見したら、シェアします!



理想の肌を叶えるのも、健康な肌という土台があってこそ
これからの季節に乾燥が気になる人はもちろんですが、エイジングケア*や美白ケアなど、肌への望みを叶えるための土台づくりにぴったりなセラミドアイテムが、ETVOSのモイスチャライジングシリーズです。




どうしても肌の悩みで一喜一憂してしまいがちですが、人間にはバイオリズムがあって、肌の調子がいい時、悪い時のゆらぎがあるのは自然なことです。


悩みが大きくなる前にぐぐぐと踏みとどまることができるような、肌の土台を整えるお守り的アイテムがあると、肌の調子がいいときでも、日々のケアのなかで不安定な時期に備えることができるはず。


乾燥が気になる方や、これからの季節のスキンケアに迷ってしまっている方、それから、もっともっと理想の肌を目指したい方にも、参考にしていただけると嬉しいです。



肌の土台づくりのスタメンに。セラミドスキンケアをもっと知りたい!▶



*エイジングケアとは、年齢に応じたうるおいケアのこと


提供:株式会社エトヴォス

Profile

千国めぐみ

千国めぐみ

Instagram

1988年7月5日、埼玉県生まれ。「mina」(主婦の友社)、「with」(講談社)、「steady.」(宝島社)でレギュラーを務める。ほか「美的」(小学館)、「MAQUIA」(集英社)など雑誌出演多数。アロマテラピー検定1級、アロマセラピスト、化粧品成分検定1級、化粧品成分上級スペシャリスト、美容薬学検定1級、漢方養生指導士、薬膳漢方検定、コスメマイスター、スキンケアマイスターの資格を保有し、美容に関する幅広い知識を持つ。

千国めぐみさんの関連記事

新着記事

もっと見る

新着コラム

もっと見る