ごきげん手帖

花粉シーズンが来る前に!やっておきたい肌ケア3つ

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

これから本格化してくる花粉の季節。肌荒れしやすい季節が来る前にやっておいてほしいお肌の準備があります。
お肌の土台をしっかりと整え、花粉シーズンに備えましょう。

今回はエステティシャンである筆者が、花粉の季節が来る前にやっておきたい肌ケアを3つご紹介します。

肌の美しい女性

(1)健康肌の基本は“十分な保湿”

乾燥、うるおい不足でお肌のバリア機能が低下していると、花粉やホコリ、紫外線や摩擦などの外からの刺激でお肌が荒れやすい状態に。

化粧水をコットンにとる女性

花粉症での肌荒れや肌トラブルの悪化を防ぐ一番最初のステップは“保湿”です。今年は雨が降る機会が少なく例年よりも空気が乾燥しているため、お肌が乾燥している人が多いので特に注意が必要です。
加湿器の使用やスキンケアだけでなく、普段あまり水を飲まない、汗をかきにくい人は積極的にお水を飲みましょう。

どうしても乾燥が止まらない人は、お風呂場でオイルを塗って外に出るなどの一工夫を。

(2)日中はお肌の保護に全力を注いで

日中もお肌をカバーするために、お肌にあった日焼け止めや下地、ファンデーションなどのベースメイクを使用しましょう。
毎年春先に肌荒れする人は、事前に肌負担の軽いアイテムを探しておくのがおすすめです。

日焼け止めを塗る女性

日焼け止めやUV効果のあるベースメイクで肌荒れしやすい人は「紫外線散乱剤」を使用したノンケミカルタイプを選んで。
毛穴詰まり、ニキビになりやすい人は「ノンコメドジェニック」と明記された製品を選ぶと、肌荒れリスクを軽減することも期待できます。

(3)摩擦は極力減らしたケアを

摩擦による肌ダメージは肌荒れを助長してしまうので、普段以上に花粉の季節は摩擦をなるべく避けたケアを心がけましょう。

スキンケアする女性

角質ケアは普段よりも控えめに、スクラブ、拭き取り化粧水、拭き取りクレンジングシートなどを日常的に使用してる人は今の時期だけはなるべく控えて肌体力を温存してください。

摩擦が起こるようなマッサージはもちろん、タオルでゴシゴシ拭く、お肌をかく、こする、などは避けましょう。
少しの摩擦も日々積み重ねれば結構なお肌ダメージに。お肌が元気なときは大丈夫でも、春先はちょっと我慢を。


いかがでしたか? まずはお肌の負担を最小限にするように、日々のケアを見直しましょう。
またお肌を作る材料は食べているものであり、お肌の再生をするのは寝ている時間です。春先は自律神経が乱れやすいので、いつも以上に健康的な食事と質の良い睡眠を心がけてみてくださいね。

ライタープロフィール

美容家・永松 麻美

美容家・エステサロン&スクールSUHADA主宰。自身のニキビ・激太りから容姿コンプレックスに陥り根暗な10代を過ごす。綺麗になるためエステの道へ。「綺麗になる」を通し心や人間関係、人生まで前向きに変わって行く経験を人に伝えるため美容家として活動中。

【保有資格】

CIDESCOインターナショナルエステティシャン/CIDESCOアロマセラピスト/CIBTACエステティックトリートメント/日本エステティック協会上級エステティシャン/日本スキンケア協会認定校資格

    【あわせて読みたい】
    ▽花粉による肌荒れ対策をもっと見る
    専門医に聞く!花粉による肌荒れのケア方法
    花粉の季節到来!ゆらぎ肌を整えるスキンケア術
    花粉症の人必見!メイク・スキンケアのチェックポイント
    花粉が肌荒れの原因に!?「花粉症皮膚炎」対策法4つ

    【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
    シミ対策に◎!美白化粧品の選び方と美容家おすすめ4選
    たるみ毛穴対策に!おすすめコスメ6つとマッサージ法
    お風呂上がりにシワをチェック!タイプ別「シワ対策」2つ
    たるみ頬リフトアップ!「ほうれい線にサヨナラ」する顔ヨガまとめ

    Facebookでシェアする

    Twitterでシェアする

    スキンケアの最新記事はこちら