ごきげん手帖

美容と健康に役立つ!キレイのために摂りたい秋の味覚3選

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

食欲の秋到来ですね! 秋は、美味しいものがたくさんあって食欲が旺盛になるうえ、気候が過ごしやすく体調面も安定するため、美味しいものを美味しく食べられる環境が整っています。

今回は、たくさんある秋の味覚のなかでも、美容と健康に役立つ秋の味覚を3つご紹介します。

秋の味覚きのこ

食べてキレイに!美容と健康に役立つ秋の味覚3つ

(1)サンマ

キレイのために摂りたい秋の味覚3選 サンマ

秋の味覚の代表選手といえば「サンマ」です。

サンマには、血管と血液の健康を守るDHAやEPAが豊富に含まれています。さらにEPAには、目の健康を守りドライアイを改善するのに有効的だといわれており、DHAは、数少ない脳内に入ることのできる成分で脳やココロの健康を保つ働きがあります。

DHAもEPAも脂のため、煮たり焼いたりすることで流れ出てしまいます。旬の今だからこそ楽しめるお刺身で食べるのがおすすめです。

(2)きのこ

キレイのために摂りたい秋の味覚3選 きのこ

一年を通じて安定した価格で手に入るきのこですが、旬は秋。秋には、天然のマイタケやシメジを手に入れることができます。

きのこには、β-グルカンと呼ばれる水溶性と不溶性、両方の性質をもつ食物繊維が含まれています。きのこのβ-グルカンには、免疫をサポートする働きがあるため、健康食品や医薬品にも使われています。

一年を通して食べたい食材ではありますが、旬の今しか味わえない天然キノコを食べて、寒さに負けない強い身体を作りたいですね!

(3)落花生

キレイのために摂りたい秋の味覚3選 落花生

「落花生に旬があるの?」と思われるかも知れませんが、落花生は秋に収穫され、新豆が作られます。

落花生には、飽和脂肪酸不飽和脂肪酸がバランスよく含まれていて、血管の健康を保つ働きが期待できるのだそうです。また、代謝に欠かせないビタミンB群、抗酸化力の強いビタミンE、お肌や筋肉をつくるタンパク質なども含まれていて、まさに食べてキレイになれる秋の味覚です。

秋に出回る新豆は、とても香りがよく美味しい落花生ですから、毎日のおやつを落花生に置き換えてみるのもいいですね。


秋は美味しいものがいっぱい! 秋の味覚で食べてキレイを実践したいですね。

ライタープロフィール

美養フードクリエイター・中医薬膳師 岩田まなみ

料理教室Manami’s Kitchen主宰。パリのEcole Ritz Escoffierにてフランス料理を学びDiploma取得、本草薬膳学院にて薬膳を学び、中医薬膳師の資格を取得。自著「ヤセ菌が増えて太らない食べ方」(2016年・自由国民社)。コラム執筆、雑誌、TVなど多数のメディア出演実績がある。

【保有資格】

・Ecole Ritz Escoffier Diploma
・中医薬膳師
・健康リズムカウンセラー
・味覚カウンセラー(スタンダード)

【あわせて読みたい】
毎日食べたい美容魚!旬のさんまを使った簡単アレンジレシピ3選
【簡単レシピ】PMSを楽にする!さんまと秋野菜のカレーマリネ
【食べ痩せレンチンレシピ】キノコとトマトジュースのスープご飯
秋の乾燥肌予防に!うる肌を作る毎日食べたいおすすめ食材

【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
40代からの腸活に◎!「毎日食べたいフルーツ」3つ
ダイエット中は「おにぎり」が正解!?加えたい具材2つ
「酵素ジュース」は砂糖不使用で出来る!作り方のポイント
ダイエットに今日から始めたい!ヤセ菌が増える食べもの5つ

【参考】
目に潤いを与える!ドライアイにEPA – ニッスイ
成分情報 DHA – わかさ生活
β-グルカンについて(PDF) – 日本食品分析センター
血管を強くしなやかに!ピーナッツパワー解放ワザ – NHK

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

フード・食べ物の最新記事はこちら