ごきげん手帖

やせグセがつく!? “マインドフルネス”な食べ方とは

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

最近、よく耳にするようになった「マインドフルネス」。マインドフルネスとは、“今この瞬間に、雑念を捨て全ての感覚をむけて集中する”という、瞑想をベースにしてつくられた考え方なのだそうです。

このマインドフルネスを食べ方に応用することで、やせグセがつく食べ方をマスターできそうです!

170705iwata00


■マインドフルネスな食べ方で、やせグセがつく理由

「食べる」ということにフォーカスし、五感をフル活用して食べるマインドフルネスな食べ方では、ゆっくりとよく噛んで食べることになります。咀嚼には、満腹中枢を刺激する効果や、交感神経を刺激し脂肪をエネルギーとして燃焼させる働きのあることがわかっています。

また五感をフル活用して食べることで、感覚的な刺激が脳に伝わり「美味しい」という刺激を脳が受けると、エネルギー消費が高まることもわかっているそうです。マインドフルネスに食べれば、おのずと早食いやドカ食いを防ぎ、エネルギー消費を高める食べ方になります。

マインドフルネスな食べ方 5つのステップ

<ステップ1>目で感じる

まずは、自分が食べようとしているものを、よく見てみましょう!

・どんな食材が入っている?
・どんな食感だろう?
・どんながしそう?

など、目で確認することができる情報から、食べものの味を想像してみます。


<ステップ2>手で感じる

次に、お箸やカトラリ―を使って食べものをとってみます。

軽い? 重い?
柔らかい? 固い?

など、お箸やカトラリ―を通して手に伝わってくる食材を感じます。


<ステップ3>鼻で味わう

お箸やカトラリ―で持った食材は、必ず口に入れますね。その前に、その食材の香りを感じてみましょう。

好みの香りがする!
辛そうな香りがする!
美味しそう!

など、香りから味を想像してみます。


<ステップ4>温度や食感を感じる

口に入れた瞬間に感じることは、どんなことでしょうか?

・思っていたより温かい? 冷たい?
軟らかい? 固い?

など、食べものの温度や食感を感じてください。


<ステップ5>味を感じる

そして、最後にしっかりと食べものを味わいます。

口に入れた瞬間の味わい
噛むほどに変わってくる味わい
・飲み込んだ後に、口に残る味わい

など、口に入れてから噛んで飲み込むまで、その食べものの味の変化を感じましょう。


同じ食べるなら、ゆっくりとよく味わって食べたほうが、美味しく楽しくいただけますよね。マインドフルネスな食べ方を心がけて、やせグセをつけたいですね。


(美養フードクリエイター 岩田まなみ)

    【あわせて読みたい】
    心のエクササイズ『マインドフルネス』を知っていますか?
    心のエクササイズ『マインドフルネス』をやってみよう!
    #私のごきげん習慣『食べてキレイが基本の食のルール』
    「咀嚼」で痩せ体質に!?うれしい咀嚼のメリット3つ

    【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
    ヨーグルトと一緒に食べると美味しさ&効果UPの野菜3つ
    料理家が実践!醤油と酢が格段に美味しくなる簡単テク2つ
    これだけは守りたい!ダイエットに必要なたったひとつのこと
    ツヤとキラメキを!美髪を作る「生ワカメ」の食べ方

    【参考】
    長時間咀嚼すると食後のエネルギー消費が増える – 東京工業大学
    よく噛んで味わって食べる効用–メタボリックシンドロームと肥満の予防対策 – 花王
    ※河田照雄「肥満・エネルギー代謝とポリフェノール」(日本ポリフェノール学会雑誌 Vol.5 No.1 ProPo 2016)日本ポリフェノール学会

    Facebookでシェアする

    Twitterでシェアする

    フード・食べ物の最新記事はこちら