ごきげん手帖

若返り効果はケール超え!? ダイエットにも◎な明日葉おすすめの食べ方

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

今日摘んでも明日また生えてくることから、その名がついたといわれているほど、生命力の強い明日葉。スーパーで見かけることはあっても、なかなか手にとることのない野菜かも知れませんね。
実はこの明日葉、スーパーフードとしてもお馴染みのケールの2倍の抗酸化力があるということをご存知でしたか? さらに、明日葉に含まれる「カルコン」が、若返りホルモンとも呼ばれるアディポネクチンを増加させるため、抗肥満効果もあるのだとか! 明日葉は和のスーパーフードといえそうです。

アラサー女性がごきげんな毎日を送るための美容マガジン|ごきげん手帖

■明日葉を毎日食べたい理由2つ

(1)抗酸化力で肌ケアに

抗酸化力が強いことで知られるケールですが、明日葉にはケールの2倍の抗酸化力があります。紫外線やストレスで常に体内に発生している活性酸素は、お肌のハリや潤いのもととなるコラーゲンやヒアルロン酸を生み出す細胞にダメージを与え、シワやクスミの一因となり、さらにさまざまな身体の不調の原因にもなります。 明日葉には強い抗酸化力がありますから、毎日の食事に取り入れることで、活性酸素に負けない強い身体作りをサポートします。


(2)若返りホルモンUPでダイエットのサポートに

明日葉に含まれる「カルコン」というポリフェノールには、若返りホルモンとも呼ばれるアディポネクチンの分泌を高める働きのあることがわかっています。アディポネクチンは、脂肪の燃焼を高める働き、血管を広げて血液の流れをスムーズにする働きなどのある、代謝UPに働きかけるホルモンです。 また、お肌の潤いに欠かせないヒアルロン酸の合成をうながす働きもあるそうですから、美肌にもダイエットにも欠かせないホルモンですね。


■明日葉の効果的な食べ方

(1)加熱して食べる

明日葉は、生のままより茹でたほうが抗酸化力の高まることがわかっています。スムージーにする場合でも、一度茹でてからミキサーにかけましょう。


(2)大豆製品と食べる

明日葉と大豆イソフラボンを一緒に摂ると、相乗効果でアディポネクチンの分泌がさらに高まるのだそうです。豆乳とスムージーにする、納豆と和える、お豆腐とサラダにするなど、大豆製品と一緒に食べるといいですね。


明日葉はスーパーで買うことのできる身近な野菜です。毎日の食生活に明日葉を取り入れて、お肌もダイエットも食生活からケアしてみてはいかがでしょうか。

(美養フードクリエイター 岩田まなみ)

    【あわせて読みたい】
    ニンジンと大根はNG!?一緒に食べるとOK・NGな食材とは
    海外セレブ注目!画期的ダイエットサポート成分「チラコイド」とは?
    ちょい足しでグンとおいしく!青汁を飲むためのコツ3つ
    今話題の素材!美と健康は「ミドリムシ」で叶う!?

    【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
    ヨーグルトと一緒に食べると美味しさ&効果UPの野菜3つ
    料理家が実践!醤油と酢が格段に美味しくなる簡単テク2つ
    これだけは守りたい!ダイエットに必要なたったひとつのこと
    ツヤとキラメキを!美髪を作る「生ワカメ」の食べ方

    【参考】
    明日葉 – タカラバイオ
    成分情報 アディポネクチン – わかさ生活
    脂肪細胞由来の善玉因子「アディポネクチン」の 「真皮ヒアルロン酸合成促進作用」を発見(PDF) – カネボウ化粧品
    県産野菜の抗酸化性の評価と加熱調理による変化(PDF) – 茨城県農業総合センター園芸研究所

    Facebookでシェアする

    Twitterでシェアする

    フード・食べ物の最新記事はこちら