ごきげん手帖

見極めて!いいスーパーフード製品のチェックポイント2つ

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

チアシードやアサイーなど、身近になったスーパーフード。何種類かのスーパーフードがブレンドされたスムージーミックスやドリンクなど、スーパーフード製品が身近になりましたね。でも、それって本当に身体にいい成分だけで作られたものでしょうか? 「スーパーフード入りだから大丈夫!」と安心していませんか? 買う前にチェックしてみましょう!

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|ごきげん手帖

(1)原材料をチェック

「スーパーフードを食生活に取り入れてみよう!」と考える方は、美容と健康に気を使い、高カロリーな食品を好まない傾向にあるため、スーパーフード製品ではカロリーを低くするために人工甘味料が使われている場合があります。しかし、人工甘味料は甘味の感覚を鈍らせて、かえって甘いものへの欲求を高めるとの指摘もありますから、人工甘味料が使われている製品は避けましょう。

添加物もチェック

ソルビン酸K、安息香酸Naなどの保存料、香料などの添加物は入っていませんか? これらの成分も、身体への悪影響が懸念されています。せっかくのスーパーフードが台無しにならないために、原材料をチェックする習慣をつけましょう。


(2)パッケージをチェック

空気や光にあたることで食品は酸化します。たとえスーパーフードであっても、それは同じです。「収穫後●時間以内にボトリング」などの表記があればわかりやすいのですが、ない場合には、以下のパッケージのスーパーフードを選ぶといいでしょう。開封後も、冷凍保存もしくは密閉容器で保存して早めに使い切りましょう。

・真空パックになっている
・遮光ビン・袋に入っている
・冷凍保存されている

「お試しパック」にも気をつけて

「お試しパック」にも注意が必要です。始めからお試しパック用に小分けに包装されているものは安心ですが、販売店が個別にお試しパックを作っているような場合には、酸化しやすい状態にあるかも知れませんから、気をつけたいものです。


せっかくのスーパーフードが逆効果にならないために、スーパーフード製品は、見極めてよりいいものを購入したいですね。

(美養フードクリエイター 岩田まなみ)

    【あわせて読みたい】
    痩せられないのは「デブ菌」のせいかも!?デブ菌を増やさない食習慣3つ
    第一印象が変わるほど目力UP!美髪までも作る「シリカ」とは?

    【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
    女優も常食で話題!「アマランサス」食べ方&簡単レシピ3つ
    水出しはNG!?ルイボスティーの効果的な飲み方・選び方
    アンチエイジングに◎!ミトコンドリアを活性化&増やす食べ物・飲み物

    Facebookでシェアする

    Twitterでシェアする

    フード・食べ物の最新記事はこちら