ごきげん手帖

食べ過ぎはNG!摂取量を気をつけたい美容フード4つ

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

チアシードやアーモンドなど、美肌作りやダイエットをサポートしてくれる優秀な美容フードの中には、食べ過ぎてしまうとニキビや体重増加などのキレイにとってマイナス要因になってしまうものも存在します。
ダイエットをしている方で美容にいいと言われているフードを食べている方、美容が大好きでよいものと聞くと試さずにはいられない方は必見ですよ。

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|ごきげん手帖

■アーモンド

若返りのビタミンとの別名を持つビタミンEや女性に欠かすことのできないミラネルである鉄、健康な肌や髪を維持するの有用なビタミンB2や 便秘解消に効果的な食物繊維など小さな1粒に様々な美容効果が内包されるアーモンド。

主成分である脂質はオレイン酸やリノール酸などの不飽和脂肪酸でコレステロール値を下げる効果があります。

しかし約10g(10粒程度)で60カロリー、約100gでは600カロリーと決して低くないカロリーなので、食べ過ぎは体重増加の原因にも。
また、根拠はないと言われているのですが過度に食べれば大人ニキビの要因になるとも言われているので注意しましょう。


■チアシード

皮膚のシミやシワやたるみを予防してくれる働きのあるオメガ3をはじめ、カルシウムや鉄分など多彩な成分が含まれていることからスーパーフードとして広く認知されているチアシード。
水分を含むと10倍に膨れるという特性があるので、ダイエット目的で試された方も多いのではないでしょうか。

水を含むとゼリー状の物質に変化するチアシードですが、この物質の正体はグルコマンナンと呼ばれる水溶性の食物繊維です。
グルコマンナンは消化器の中で水を吸うと膨らむ性質があるため、大量にとると下痢の要因になります。
用法容量をきちんと確認した上で適量をとるように心がけましょう。


■レタス

ダイエットのためにとサラダばかりのメニューをチョイスしている女性はいませんか? ベータカロテンやビタミンCなど美肌をつくる栄養素もあって適量食べる分には問題はないレタスですが、食べ過ぎは身体を冷やしてしまうことも。

カロリーだけを考えると痩せるように思われがちなサラダですが、そればかり食べることは栄養が偏り、基礎代謝を低下させることにも繋がります。結果として痩せにくい体質になってしまう恐れがあるので気をつけましょう。


■ガム

ドライマウス対策として有用といわれるガムですが、キシリトール配合のものは大量に摂取すると一過性の下痢となってしまうこともあるようです。
かつて私もそうでしたが、ダイエット中の口さみしさをガムを噛むことで代用しているという方は特に気をつけましょう。


いくら身体によいと言われているものでも、食べ過ぎはかえって悪影響になってしまうものもあります。
あらかじめどのくらいの量が適正なのか知っておくことも大切ですね。


(生井 理恵)

    【あわせて読みたい】
    昼までダイエット効果が続く!?「朝きな粉」がオススメの理由2つ
    美容家が本当に食べている!スーパーフード厳選6つ

    【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
    アンチエイジングに◎!ミトコンドリアを活性化&増やす食べ物・飲み物
    NEXTスーパーフード!?「アマランサス」炊き方レシピ&使い方
    ダイエット・美髪に◎!欧米で話題「アマランサス」の食べ方

    【参考】
    アーモンド – わかさの秘密
    アーモンド – カロリーSlism
    オメガ3 – わかさの秘密
    オーガニック チアシード – サンフード スーパーフード
    DHCパワーフード チアシード – DHC
    グルコマンナン – わかさの秘密
    レタス – キューピー
    キシリトールって何だろう? – おおもりkids矯正歯科
    ドライマウス (口腔乾燥症)  – 横浜あざみ野の中村歯科クリニック

    Facebookでシェアする

    Twitterでシェアする

    フード・食べ物の最新記事はこちら