ごきげん手帖

秋のせいじゃない!? 寝ても寝ても眠いのは「過眠症」かも

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

毎日ちゃんと寝ているはずなのに、日中になぜか眠くなってしまうことはありませんか? 「10時間以上寝てもまだ眠い」「起きぬけは20分以上頭がぼーっとする」「夢をたくさん見る」という人は、過眠症という睡眠障害を患っている可能性が高いようです。

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|ごきげん手帖

■日中にどうしても眠くなる症状は過眠症かもしれません

寝つきが悪かったり、なかなか眠れないという不眠症の存在はよく知られていますよね。
しかしその反対に、いくら寝ても眠気が取れない、長時間寝すぎてしまうといった「過眠症」という睡眠障害も存在します。夜に十分眠っているにもかかわらず、昼間に強い眠気を感じ、起きているのが辛いという場合は、過眠症かもしれません。

■過眠症を疑う症状3つ

(1)いくら寝ても「まだ寝れる」と感じる

快適だと感じる睡眠時間は個人差がありますが、6〜8時間が一般的。10時間以上睡眠を取りたいと感じる時や、たとえ10時間寝ても「まだ眠れる」という時は突発性不眠症の恐れがあります。

(2)起き抜けは20分以上頭がぼーっとしている

眠気を満たすべく仮眠をしても、目覚めた時に爽快感が感じられない場合も過眠症を疑うべく症状のひとつ。目が覚めるまでに20分以上かかるか否かも目安の一つですので、チェックしてみて。

(3)夢をよくみる

夢をみている状態は、基本的に眠りが浅い眠りの「レム睡眠」であることを意味します。
レム睡眠ばかりでは睡眠の質が低いため、いくら長時間寝ても寝足りない、という症状が特徴的な「ナルコレプシー」という種類の過眠症を患っているおそれがあります。

これらの症状に悩まされている場合は、一種の睡眠障害かもしれません。もしかしたら? と思った場合は、一度、病院へ診察してみても良いかもしれませんね。

(前田紀至子)

    【あわせて読みたい】
    寝不足はどうしてダメなの?睡眠不足が肌に及ぼす影響3つ
    「うたたね」や「寝酒」もダメ!睡眠の質を低下させているNG行動3つ

    【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
    ほうれい線まで消えちゃう!?頬のリフトアップでシワを撃退!
    洗顔にも◎!しわ・シミや白髪まで!?万能すぎる「馬油」の使い方5つ
    どこでもできちゃう表情筋トレ!-5歳の「頬のたるみ上げ」顔ヨガ
    ブツブツ・ザラザラの原因!「背中ニキビ」をまねくNG習慣6つ
    ブルーデーを「デトックス期間」に!生理10日前から摂るべき食べ物4つ

    【参考】

    睡眠障害 – 田辺三菱製薬
    過眠症 – 新橋スリープ・メンタルクリニック

    Facebookでシェアする

    Twitterでシェアする

    ライフスタイルの最新記事はこちら