ごきげん手帖

ベタつきや皮脂テカリ…梅雨の肌トラブル対処法3つ

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

とうとう東日本も梅雨入りが発表されましたが、梅雨時期は肌もコンディションが落ちがち。梅雨の肌トラブルを吹き飛ばすには、早めのクレンジングとメイク直し時のティッシュオフ、洗顔時の二度洗いがポイントになりそうですよ!

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|ごきげん手帖

(1)皮脂が過剰に溜まる

→肌荒れを防ぐためにも早めのクレンジングを

気温と湿度が上昇して蒸し暑くなることで、皮脂の分泌量が増加する梅雨シーズン。もちろん、肌にとって多少の皮脂は必要なのですが、過剰な皮脂の分泌は肌荒れやニキビの原因になってしまいます。また、放っておくと皮脂が酸化して肌を刺激してしまうので、今の時期は帰宅したら早めにクレンジングをして、皮脂汚れを落としてあげることが重要です。


(2)湿気で汗がべたつく

→ティッシュオフや軽く濡らしたタオルで肌をそっと押さえましょう

湿気で汗がベタベタするからと言って、メイク直し時にあぶら取り紙で押さえてしまうと、必要以上に皮脂を取ってしまう場合も。適度にベタつきを緩和するには、ティッシュや軽く濡らしたタオルでそっと押さえるのがおすすめです。


(3)メイクがすぐに崩れる

→洗顔は皮脂が多い部分を二度洗い

一年の中でも一二を争うほど化粧崩れをしやすいこの季節。丁寧な洗顔を心がけましょう。皮脂が多く分泌されるTゾーンや小鼻周りといった、皮脂が気になる部分を二度洗いすることで、すっきり度が格段にアップします。


梅雨時期の肌トラブルを改善し、雨の日も快適に過ごしたいものですね。


(前田紀至子)

【あわせて読みたい】
この夏1つは持っておきたい化粧崩れ防止スプレー4選
簡単テクで化粧崩れが激変! 覚えておきたい夏メイクの小ワザ

【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
ほうれい線まで消えちゃう!?頬のリフトアップでシワを撃退!
洗顔にも◎!しわ・シミや白髪まで!?万能すぎる「馬油」の使い方5つ

【参考】
6月 季節と肌のお手入れ – インプレス
梅雨を乗り切る、お肌対策。 – MIRAISE

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

スキンケアの最新記事はこちら