ごきげん手帖

紫外線対策が逆効果?朝に食べるとシミが濃くなるNG果物

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

白肌をキープするための最もポピュラーな栄養素といえば「ビタミンC」。シミの原因になるメラニンを抑制・薄くする働きがあり、塗る・食べるの両方で活躍してくれる優秀な栄養素ですが、紫外線対策のつもりがかえってシミを濃くする可能性もあります。効果的な摂り方は「朝・昼・晩に分けること」「ソラレンが含まれる果物は夜食べる」のが良いようです。

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|ごきげん手帖

■ビタミンCの働きをおさらい

ビタミンCには大きく2つの紫外線対策が期待できます。シミやくすみの元となるメラニンの生成を抑える「メラニン生成阻害作用」と、できてしまったシミを薄くする「メラニン色素還元作用」です。ビタミンCは、化粧品にビタミンC誘導体として使われており、メラニンの生成に欠かせないチロシナーゼという酵素の働きを阻害し、シミとなるメラニン色素を無色化する働きがあります。


■こんな使い方は逆効果!シミを濃くする間違ったNG法

紫外線対策の強い味方ですが、使い方を間違えるとかえってシミを濃くしてしまうこともあります。ビタミンCが豊富だから、とレモンやきゅうりの輪切りでパックする人がいますが、ソラレンという光感受性の成分が含まれていて、紫外線を吸収しようと働きかけるために逆にシミやくすみが濃くなってしまいます。
また、市販されている化粧品は安全性が確認されており安心して利用できますが、手作り化粧水を使っている人はアロマにも注意が必要です。柑橘系のアロマは光感受性があるので、精油選びに気をつけてください。


■ビタミンCの正しい摂り方

ビタミンCは水溶性ビタミンなので体内に貯めておけないため、朝・昼・晩摂ると効果的です。大量に摂っても排出されてしまうので、1日50~100mgを目安にこまめに摂るようにしましょう。
また、ソラレンが多い食材はビタミンCが豊富ですが、塗るだけでなく、たくさん食べることでも紫外線を吸収してしまいます。摂取2時間後が最も吸収率が高いので、日中は避けて夜食べるのがおすすめです。ソラレンが含まれる食材には、レモン、グレープフルーツ、オレンジ、ライム、イチジク、パセリ、キュウリ、セロリなどがあります。朝のスームジーの候補から外すか、できるだけ量を少なくして紫外線を吸収しないようにしましょう。


身近な栄養素のビタミンCですが、夏には強い味方になりそうですね。せっかく摂るなら効率よく、ビタミンCの特徴を覚えて利用してくださいね。


(坂本雅代)

【あわせて読みたい】
知られざる美肌の立役者!ビオチンって肌にどういう効果があるの?
意外と知らない!「ポリフェノールと美肌」の関係とは?

【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
加熱するだけでイイの!?「リンゴでアンチエイジング」レシピ3つ
美肌・美腸に酒粕!毎日続けたい「はちみつ甘酒」&「酒粕ヨーグルト」レシピ
冷えや腸内環境に!お肌も喜ぶ調味料「酢玉ねぎ」の作り方
美肌もダイエットも!?話題のスーパーフード「チアシード」戻し方・食べ方
おうちティータイムでアンチエイジング!?トライすべきお茶3選

【参考】
働く女性のためのビタミンCの摂り方~紫外線とビタミンCの深い関係!? – アンファー

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

フード・食べ物の最新記事はこちら