ごきげん手帖

鍛えるべきは舌!?キュッと締まった小顔になれる簡単エクサ

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

先日、女性の健康な歯づくりや美を体感できるスポットとして、東京都渋谷区に期間限定でオープンした「リカルデント 美噛むカフェ」のオープニングセレモニーにいってきました! イベントに登壇された歯科衛生士で、表情筋トレーナーの内田佳代先生に小顔になるための簡単エクササイズを教えて頂きましたよ。小顔になるためには「舌」の筋肉を鍛えるのがいいそうですよ。

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|ごきげん手帖

■小顔になるために鍛えるべきは「舌」だった!

内田先生いわく、小顔になるために鍛えるべきなのは「舌の筋肉」なんだそう。ベロを動かすと、あごの下が動くのを感じられると思います。これは、ベロが付いている筋肉があごの下にあるから。つまり、舌の筋肉を鍛えることで、あご下の筋肉も鍛えられ、すっきりしたいフェイスラインを目指せるのだそう。

■正しい舌の位置は?舌の筋肉量をチェック!

軽く口を閉じた時に、あなたの舌はどの位置にありますか? 正しい舌の位置は、舌の表面が上あごにピッタリとついている状態。舌が上あごと下あごの間にあったり、下の歯の裏についている人は、舌の筋肉が弱っている可能性があるので要注意。放っておくと、フェイスラインがだぶついたり、二重あごになってしまうかもしれません。

■簡単!舌グルグル体操ですっきり小顔

舌を鍛える簡単エクササイズで、すっきりしたフェイスラインを目指しましょう。

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|ごきげん手帖

口をギュッと閉じ、歯と唇の間にベロをいれて、口の中でベロを周します。1周8秒くらいかけて、ベロでギューっと皮膚を押すように、ゆっくり、しっかりとまわしましょう。この時、口が開いてしまわないように注意してください。1周したら、反対回りも同じようにおこない、何度か繰り返しましょう。あごの下が疲れてきたら、しっかりできている証拠です。

内田先生いわく「二重あごをすっきりさせたいなら、体の筋トレと一緒で負荷をかけてあげないと、いけません。こんなの楽だわ、と思う程度では顔はたるんだままですよ」とのこと。人目を気にせず!? 思い切りやるのがポイントです。

そして大切なのはとにかく“継続すること”。長時間やらなくてもOK。自分が一番続けやすいタイミングで短時間でも毎日続けることが、すっきりフェイスラインを手に入れる秘訣ですよ!

「リカルデント 美噛むカフェ」はSUZU CAFE 神宮前にて、2015年5月28日から6月10日まで期間限定オープン。栄養管理士の浅尾貴子先生監修の噛んで食べてキレイになれる「美噛むメニュー」を楽しめるのもこの期間だけ! 噛むことは顔のたるみを改善するそうですから、キレイになりたい人はぜひ足を運んでみてくださいね。

(ごきげん手帖編集部)

【あわせて読みたい】
頬杖をついて顔痩せ!オフィスでも出来る小顔マッサージ
毎日90秒で小顔をGET!モテ顔になれるマッサージ法

【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
ほうれい線まで消えちゃう!?頬のリフトアップでシワを撃退!
洗顔にも◎!しわ・シミや白髪まで!?万能すぎる「馬油」の使い方5つ
シミ・しわに対抗?ノーベル賞受賞成分「フラーレン」と「EGF」とは
背中やお尻のブツブツ・ザラザラ・乾燥対策に!ボディケア保存版
小顔の秘密は頭皮にアリ!?リフトアップのマッサージ法

【参考】
美噛むプロジェクト – モンデリーズ・ジャパン

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

インタビューの最新記事はこちら