ごきげん手帖

食べなきゃ損!? 食事の「最初に食べる」だけで女優肌になれる3つの食べ物って?

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

テレビで見てはうっとりする女優さんのような透明感のある肌に憧れるものの、夏場はいつも以上に「黄ぐすみ」が気になってしまうもの。今日は食事の最初に口にすることで、疎ましい黄ぐすみを撃退して、透明感のある美肌に近付ける食べもの&飲みもの3つをご紹介します。

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|ごきげん手帖

 

■透明感の低下や黄ぐすみの原因は「糖化」!

表皮の透明感が消失してしまう原因の一つに「糖化」が原因であることが明らかになっています。角質細胞が糖化すると細胞機能低下が起こってしまい、角質層の保水力の低下や乾燥を招き、くすみにつながると考えられるといったことから、肌の透明感をUPには「糖化を防ぐ」ことが大切だと考えられます。

 

■透明感の低下レスキューに!食事の「最初に摂りたい」3つ

(1)抗糖化作用の高いお茶を最初にゴクリ

ポリフェノールの一種であるカテキンにより、抗糖化作用が高いことで知られている、お茶。食事中に飲むのも有用ですが、食前に飲むことで、その後の食事による血糖値の上昇を抑えることができます。カテキン含有量の多い緑茶はもちろん、食事の油をさっぱりさせてくれる烏龍茶やプーアル茶もおすすめです。

 

(2)食事の最初に緑黄色野菜のサラダを

ほうれん草やキャベツ、ルッコラ、白菜などの緑黄色野菜の葉野菜類も糖質が少なく、食物繊維豊富に含まれています。これらの生野菜を食事の最初に食べることで血糖値の上昇を抑えるだけでなく、抗糖化作用があることが明らかになっていますので、葉野菜のサラダを前菜として食べる習慣をつけるようにしましょう。

 

(3)ヨーグルトや大豆食品は食前に

大豆製品やヨーグルトも食前に摂ることで抗糖化作用に一役買ってくれます。なんとこれらの食品は食事の前に食べることで、血糖値の上昇を抑える効果があることが明らかになっています。大豆に含まれる水溶性ペプチドによって、血中の糖を減少させられたり、ヨーグルトで腸内環境を整えることで過剰な糖の摂取を防げるからこそ、食事の前の小腹が空いたタイミングで小さなパックのヨーグルトを食べたり、豆菓子を数粒つまむのも手かも。

 

食事のタイミングでのちょっとした工夫によって、肌に透明感が出るのだとしたら、早速試してみたいですよね。毎日の習慣にしているうちに顔色もぐっと良くなるかも!?

(前田紀至子)

【関連記事】

「何を試してもダメだった」くすみ肌も別人並みの透明美白肌に!魔法の美白習慣って?

【参考】

『表皮細胞』の糖化が、肌の透明感を左右することを解明 – ロート製薬

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

フード・食べ物の最新記事はこちら