ごきげん手帖

真面目な人ほど危険!なかなか治らないクマの犯人「オケツ」って?

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

血の巡りが良いだとか、血液の流れが滞るってよく表現されていますが、滞っていると一体どんな症状になるかご存知ですか? 滞ったり、ドロドロになってしまっている血液である「瘀血(おけつ)」の恐るべき実態についてお話ししてみたいと思います。

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|ごきげん手帖

瘀血(おけつ)って?文字通りドロドロ…

「瘀血(おけつ)」とは漢方の世界で「ドロドロになった状態で体内に滞ってしまっている血液、またはそうなってしまう症状」のこと。血液の粘度が高くなってしまい、血の流れが悪くなってしまっているために、クマやむくみ、冷え、頭痛、月経痛、月経不順、不妊に至るまで、体や肌のあらゆる不調に影響してしまう絶対に防ぎたい症状なのです。

 

油断禁物!真面目なアナタこそ危ないかも

「血がドロドロになってしまう」と聞くと生活習慣が乱れている人特有の症状のような気がして他人事だと受け止めてしまいがちですが、瘀血は大なり小なり誰でもなり得るというのが本当のところ。こんな悩みがあったらおけつに陥っていないか疑ってみて。

●肌ツヤが良くない

●肩こりや頭痛を感じる

●いくら気をつけても手足が氷の様に冷たい

●月経の際に経血がドロっとしている

 

瘀血かどうかをチェックしてみるには?

瘀血かどうか確認する方法をご紹介します。

●まず仰向きに寝た姿勢で、全身の力を抜きます。

●それからおヘソの斜め下(外側)を3本指で押してみましょう。

●感触がぷにぷにと柔らかくなく、抵抗や痛みを感じれば瘀血症状があると考えて良いでしょう。

もし瘀血があった場合は生活習慣の改善や漢方での治療がマストですので、漢方を扱う薬局や病院に行ってみることをおすすめします。

 

美肌のためには根本から除去したい瘀血。もしも瘀血ではない人も血液の流れが滞ってしまわない生活を心掛けて美肌をキープしたいものですね。

(前田紀至子)

【関連記事】

浅いから太る!? 肩こりイライラの原因は「呼吸の仕方」かも!

【参考】

お血と桂枝茯苓丸 – 鹿児島労災病院

桂枝茯苓丸 – All About

桂枝茯苓丸 – ツムラ

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

スキンケアの最新記事はこちら