ごきげん手帖

圧倒的なビタミン・ミネラル・アミノ酸量!オレンジ色の奇跡の果実・シーベリー

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

シーベリーってご存知ですか?あまり聞き慣れない名前かも知れませんね。ベリーという名前の通り可愛いオレンジ色の直径1cmにも満たない小さい果実です。このオレンジ色の小さな果実には、ビタミン・ミネラル・アミノ酸など、なんと200種類以上もの栄養素が含まれていて、「奇跡の果実」とも呼ばれています。

20130906iwata126

■シーベリーとは

シーベリーは、沙棘(サジーまたはサージ)とも呼ばれるグミ科ヒッポファエ属の植物の果実です。ロシアやモンゴル、中国の高山地帯などに生息しています。シーベリーの歴史は古く、1300年前のチベット医学の経典にも常用薬物として登場しています。

 

■シーベリーのここが凄い!3つ

(1)ビタミンが凄い!

ビタミンCは、キウイフルーツの約13倍、ビタミンEは、ほうれん草の約4倍、β-カロテンはプルーンの約2.5倍と、美肌作りに欠かせないビタミンが多く含まれています。体内で連携して働くビタミンACEが全て含まれているのも嬉しいですね!このほか、お肌の健康を保つのに欠かせないビタミンB群などのビタミンも含まれています。

 

(2)ミネラルが凄い!

シーベリーには、意識しないと摂りづらい鉄や亜鉛などのミネラルも豊富に含まれています。鉄分は、プルーンの約37.5倍、亜鉛はバナナの約3.8倍です。このほか、カリウム・カルシウム・セレンなど、代謝を良くしてお肌のターンオーバーを整えるのに欠かせないミネラルがバランス良く含まれています。

 

(3)アミノ酸が凄い!

シーベリーには、9種類の必須アミノ酸を含む18種類のアミノ酸が含まれています。アミノ酸は、コラーゲンの生成に欠かせない成分であるだけでなく、角質層の中の天然保湿因子NMFの主成分としてお肌に潤いを保つ働きもあります。

シーベリーに含まれるアミノ酸は、その全てで米酢を上回っているのですが、アスパラギン酸に関しては、なんと米酢の約65.5倍も含まれています。アスパラギン酸は、細胞にカリウムとマグネシウムを運ぶ働きがあります。カリウムとマグネシウムがバランス良く細胞に送られることで、水分やナトリウムの排泄がスムーズになり“むくみ”の改善に役立ちます。

 

■シーベリーを摂るには?

シーベリーは、近年北海道で栽培されるようになりましたが、生のシーベリーはなかなか手に入りませんし、とても酸っぱい果実です。ストレートジュースやシーベリージャムなど加工品を上手に利用しましょう!

 

シーベリーだけで実は200種類以上もの栄養素が摂れますし、含有量もとても魅力的ですよね。抗酸化作用にも優れた果実ですので、アーリーアンチエイジングにも効果的。まだまだ馴染のないシーベリーですが、これを機にシーベリーライフを始めてみてはいかがでしょうか?

(岩田麻奈未)

【参考】

※ 成分情報 サージ – 株式会社わかさ生活

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

フード・食べ物の最新記事はこちら