ごきげん手帖

美肌をつくる大切な器官!女性ホルモンの鍵を握る「卵巣」

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

ホルモンが大きく影響する女性の体にとって、女性ホルモンを分泌する卵巣は、最も大切な臓器のひとつ。本日は、意外と知られていない卵巣の働きと、その機能を高める方法についてお伝えしたいと思います。

yamamoto20130828

■卵巣から分泌される女性ホルモン

女性の体は、二種類の女性ホルモン、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)によってコントロールされています。エストロゲンは、女性らしい体つきを作るほか、美肌、美髪など、女性のキレイを応援してくれるもの。

一方プロゲステロンは、月経や妊娠、出産などに重要な役目を果たし、また子宮内膜や子宮筋の働きを調整してくれるもの。そして、それらの重要なホルモンは、脳ではなく卵巣から分泌されます。

 

■女性ホルモンが分泌される過程

卵巣では、卵胞と呼ばれる卵子の入った細胞が毎月いくつか成長し、卵胞ホルモンであるエストロゲンを分泌します。受精せず卵子が使われなければ子宮に送られた後、月経として子宮内膜と一緒に体外へ排出されます。

また卵胞は卵巣に残り、変化してプロゲステロンを分泌する黄体となり、黄体ホルモンを体内に送りだします。女性にとって、とても大切な役割を果たす卵巣の機能が低下すると女性ホルモン自体が減少してしまうので、様々な体や肌の不調をもたらす可能性が。

 

■美肌を保つために大切な卵巣の機能を高める方法

・血流を良くする

“卵巣の若さは血流の量”と言われるほど大切な血の巡り。ポイントは、身体を冷えから守るという以上に、積極的に温めること。身体の各臓器が活発に働くためには、ある一定の温度が必要なので、冷えてしまうと正常に働かなくなってしまいます。

特に卵巣は、冷えのダメージを受けやすい部分ですので、下半身を中心に温め、血行を良くすることが最重要。年間を通して、お腹は冷やさないように意識しましょう。

 

・骨盤を整える

骨盤の中にある卵巣は、骨盤が歪むことによって圧迫され、骨盤内の血液の流れが悪くなることで働きが悪くなってしまいます 。また、骨盤の歪みは、その周囲の筋肉を緊張させる原因にもなってしまうとか。

股関節を柔軟に保ち、歪みをしっかり整える事で、その周囲も活性化するので骨盤の開閉を促すエクササイズで骨盤周辺の歪みを少しずつ整えて行きましょう。簡単にできるのにぽっこりお腹にもきく骨盤底筋エクササイズもオススメ。

 

卵巣の機能低下が話題になっていますが、まずは基本的なライフスタイルを改善すれば女性ホルモンも正常に分泌され、輝くような美肌を保つ事ができるかもしれませんね。

(山本 朱美)

 【参考】

・神藤多喜子著『キレイを育てる 女性ホルモン整えレッスン』池田書店

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

ライフスタイルの最新記事はこちら