ごきげん手帖

脳とお肌の深い関係 メディカルハーブでリラックス

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

「皮脳同根」と言う言葉をご存じですか?イライラしていたり悩みがあると皮膚にもダイレクトに影響が及ぶということは中医学でも言われているのです。今日は、リラックスに効果のあるメディカルハーブをご紹介したいと思います。

20130619iwata90

 

■リラックスと美肌の関係:ストレスを感じると肌に悪影響なのは“気のせい”ではない!

「皮脳同根」。「皮膚は露出した脳」と言われるほど、お肌(皮膚)と脳には密接な関係があるという考え方です。それは、身体が作られる過程に理由があります。受精卵は次第に分化して、外胚葉、内胚葉、中胚葉とグループ分けされて成長していきます。脳も皮膚も、外胚葉から作られます。つまり皮膚も脳も由来は同じと言うことです。

ですから、脳がストレスを感じるとお肌に影響するのは“気のせい”ではなく、“由来が同じ”だから脳と同じようにお肌もストレスを感じてしまうからなのです。ですから、脳がリラックスしていればお肌もリラックスした良い状態を保てると言うことですね!

 

■リラックスに効果的なメディカルハーブ5つ

(1)ラベンダー

中枢神経系に働きかけ、精神的なストレスを和らげて不安やイライラを落ち着ける効果があります。牛乳との相性も良いので、ミルクティで飲むのもおススメです。

 

(2)カモミール

緊張をほぐし、心を落ち着かせる効果があります。ラベンダーとの相性が良いので、眠れない夜は、ラベンダーとカモミールをブレンドして、ミルクティで飲むのもおススメです。

 

(3)ローズレッド

優雅な香りでリラックスするだけでなく、ストレスによって乱れたホルモンバランスを整える効果もあります。ハーブティとしてだけでなく、バラの花びらで作ったジャムなどもおススメです。

 

(4)メリッサ(レモンバーム)

イライラや緊張を和らげる効果があります。消化を助ける働きもありますので、夏バテにもおススメのハーブティです。

 

(5)リンデン

イライラや緊張、不安を取り除く効果があります。リンデンには、花を使ったリンデンフラワーと、白木の部分を使ったリンデンウッドがあり、リンデンフラワーのほうがリラックス効果が高いです。

 

脳とお肌の由来が同じなんて意外ですよね。リラックスする事が美肌作りにいかに大切か、お分かり頂けたかと思います。ところでメディカルハーブってハーブと何が違うの?という方もいらっしゃることでしょう。「“なんとなくハーブ”じゃダメ!?オススメのメディカルハーブ5つ“」でご紹介しましたので是非ご参考に。メディカルハーブを活用してリラックスしてみて下さいね!

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

アイテムの最新記事はこちら