ごきげん手帖

歩いて女性ホルモンUP!良い事だらけのウォーキング法

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

「最近、何となく肌の調子が悪い日が続いている…」そんな時こそ、いつでもどこでもできるウォーキングに挑戦してみましょう。歩くだけで骨盤を整え女性ホルモンを活発にし、美肌へ導いてくれる効果があります。

20130624yamamoto


■女性ホルモンと美肌の関係性

女性ホルモンとは、思春期から閉経まで卵巣で分泌され、ほんの微量で体内の組織や器官をコントロールする生理的物質です。卵巣ホルモン(エストロゲン)と、排卵後に分泌される黄体ホルモン(プロゲステロン)の2種類があり、双方が正常に分泌されていると、肌のハリや潤いを保ったり、美しい髪を生み出したり…と、女性にとって嬉しい働きをしてくれます。特にエストロゲンは卵巣や子宮の発達を促してくれるので、女性らしい透き通るような美肌を生み出してくれる効果が。

 

■何故ウォーキングが良いの?

女性ホルモンは脳ではなく、卵巣で作られます。ですので、骨盤を歪ませるような姿勢や歩き方は絶対に禁物!日常生活の動作の見直しと正しい歩き方の実践は美肌を目指すためには必要不可欠なことなのです!

また、歩くと骨盤が背骨を刺激し、足の裏に刺激が行き渡るので様々な神経が目覚めて活発に働き出す効果も。特に、体内で重要な役割を果たす自律神経を整えてくれるので、自分自身のリズムを取り戻してくれる作用が。

 

■美肌をつくる歩き方

(1)1時間以上歩くこと

20分以上×3回でも大丈夫!とにかく1時間以上歩くことで効果がUPします。

(2)マシンではなく自然の中を歩くこと

緑の中で風を感じて歩くことで体全体がリラックスしウォーキングの効果も倍に。

(3)骨盤を地面に対して平行に歩くこと

足ではなく骨盤を動かすように歩くことを意識してみましょう!

 

今すぐ始められるウォーキング。激しい運動よりも、自分のペースで気持ち良く歩くことが美肌の鍵を握っていることなのかもしれません。この時期運動するなら紫外線対策も怠れませんので「本仮屋ユイカの妹が語るビューティランニングの秘訣」で日焼けしないコツも確認するとよいですよ!

【参考】

美の源女性ホルモンを制す – All About

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

ライフスタイルの最新記事はこちら