ごきげん手帖

プールに行く時は気をつけて!水と美肌のメリット・デメリット

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

もうすぐプール開き。新しい水着をゲットして、女友達や彼とプールではしゃげば楽しい夏間違いなし。だけどプールの水と美肌には深い関係があるのをご存知でしたか?プールと美肌の深い関係を一度確認してみましょう。

 

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン

■プールによる美肌のメリット

体温よりも低い水温であるプールの水に肌に触れる事は、肌にとって大きな刺激となります。 プールの水温は温水プールであれば約27〜30度と理想的なマッサージ効果が生じる水温。水温と水圧、そして体と水が触れ合う事による刺激は肌に好ましいマッサージ効果をもたらします。

また、毛細血管が刺激される事で肌の血液の循環が良くなります。更に水中での呼吸は心肺機能を高め、代謝を良くします。水泳は身体の筋や関節に過剰な負荷をかける事なく、全身を使うので理想的な有酸素運動とされていますが、それだけではなく、大きな美肌効果をももたらしてくれるのです。

 

■プールによる美肌のデメリット

注意しなければならないのは肌の摩擦。泳いでいる最中は水の刺激はマッサージ効果をもたらしてくれるものの、水から上がっている間は最も注意すべきポイントとなります。長く水に浸かると肌がふやけてしまいます。

この状態の時の角質はとても柔らかく、ダメージに弱く、傷つきやすいものとなっています。 だからこそ、手で顔をぬぐったり、タオルでゴシゴシこする事は肌が傷つく元となってしまいます。出来る限り手やタオルで顔をこすってしまわないよう意識をすることが大切です。

 

■プール後のスキンケア

泳いだ直後に洗顔で顔を洗いたい、という人もいるかもしれませんが、プール直後の肌はふやけた状態になっています。洗い過ぎの元になる可能性もあるので石鹸などでの洗顔は避けた方がベター。

洗顔はせずに保湿などのスキンケアからスタートするのが良いでしょう。プールから出た後の急激な乾燥によるダメージを避けるためにも 化粧水と肌の保護をしてくれる乳液やクリームですばやく肌を守ってあげる事も重要です。

 

楽しさのあまり、ついつい気を抜いて肌にダメージを与えてしまっては、夏の思い出も台無しになってしまいかねません。メリットとデメリット、上手くプールを活用して夏美肌を手に入れたいものですね。

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

ライフスタイルの最新記事はこちら