ごきげん手帖

実はニキビに効果大!ゴーヤの美肌効果

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

グリーンカーテンでおなじみのゴーヤ。独特の苦みが特徴ですよね。このゴーヤ、ニキビに効果的ってご存知でしたか?物理小識(ブツリショウシキ)と言う中国の古い書物の中にも「広東の人はライチの食べ過ぎでニキビや口角炎が多くなったとき、苦瓜(ゴーヤ)で治した」との記載があるほど、由緒正しいニキビに効果的な食べ物なのです!今日は、ニキビに効くゴーヤをご紹介したいと思います。

 20130408iwata62

 

■ゴーヤの栄養素

美肌ビタミンのビタミンC、お肌を保護するビタミンB1・B12、美肌に欠かせない葉酸・鉄、デトックスに欠かせない食物繊維が豊富です。このほか、むくみの改善に役立つカリウムや、お肌のキメを整えるのにかかせないカルシウム、アンチエイジングに効果のあるβ-カロテンも含まれています。こんなにも美肌に役立つ成分が沢山入っているゴーヤ。苦みが苦手で敬遠していたとしたら、美肌作りのチャンスを逃していますよ!

 

■なぜニキビに効くの?

ゴーヤは、清熱類といって体内の余分な熱を取り去る効果のある食べ物に分類されています。なかでも、熱がこもることが原因で起こるニキビや口内炎、便秘などに効果的とされています。湿度が高くなり、身体がほてったり、むくみやすくなるこれからの季節にピッタリの食材ですね。

 

■食べる日焼け止め効果

冬も大切!今から見直したい紫外線に強い肌作り」でもご紹介しましたように、ビタミンCにはシミを予防する効果があります。ゴーヤのビタミンCは、なんとレモン2個分!加熱に強いのも特徴です。紫外線の強くなるこれからの季節、毎日食べたい食材ですね。

 

■おススメの食べ方3つ

(1)ゴーヤスムージー

ゴーヤとリンゴ・バナナを入れてブレンダ―で混ぜるだけ。お好みでハチミツやレモンを入れても美味しいです。(ワタの部分は苦いので、綺麗にとって使って下さいね。)

 

(2)干しゴーヤ

ゴーヤを干すと、生のゴーヤに比べてカリウムが15倍、カルシウムが18倍、鉄分が27倍になるそうです!美肌だけでなく、貧血の方にもおススメです。旬の時期に、干しゴーヤを作っておけば、一年中ゴーヤを食べる事ができますね。

作り方はとっても簡単。スライスしたゴーヤを天日干しにするだけ。使う時は、干ししいたけのように水に戻して使って下さい。

 

(3)ゴーヤ茶

干しゴーヤをフライパンで乾煎りすれば、ゴーヤ茶が出来上がります。飲むときは、5分程度煮出して(苦味が苦手な方は、熱湯で5分蒸らしましょう。)ホットでも、アイスでも美味しく飲めます。

 

いかがでしたか?意外と知られていないゴーヤの美肌効果。旬の季節は、すぐそこです。ゴーヤを食べて、日焼けにもニキビにも強いお肌作りを目指しましょう!

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

フード・食べ物の最新記事はこちら