日本すっぴん協会

美容家
松下侑衣花
続きを見る >
@Yuika1231 @yuika_matsushita
大学時代に某美容ライターの専属アシスタントを経て、独立。
多数雑誌、WEBでのコラム連載、ビューティーイベント出演、美容コンサルタントなど幅広く活動中。

for:デリケート肌。肌を優しく労る“お手当コスメ”

2019/01/05

「肌が敏感になって、今までのスキンケアが合わなくなりました」
という声を最近たくさんいただきます。


この時期は乾燥が厳しいうえに、年末年始のバタバタで肌も疲れがち。
今までのスキンケアでは太刀打ちできなかったり、
知らず知らずのうちに溜め込んでいたストレスが肌にあらわれたりと、
一年の中でも最も不調が出やすい時期です。



いつも使っているスキンケアコスメで肌がピリピリしたりと
刺激を感じるようだったら、肌がデリケートになっているサイン。


そのサインを見逃さず、スキンケアを敏感肌用のものに変えることが必要です。



▲(左から)ラ ロッシュ ポゼ 【敏感肌用】トレリアン フォーミングクレンザー、IHADA 薬用ローション(とてもしっとり)(医薬部外品)、IHADA 薬用エマルジョン(医薬部外品)


肌がデリケートになっているとき、私がいつも頼っているのが
「ラ ロッシュ ポゼ」の洗顔料、「IHADA」の化粧水や乳液。


“敏感肌処方”とうたわれているだけあって、肌がヒリヒリしたり、赤く炎症を起こしたりという
肌負担を感じにくい処方がうれしいオールスターアイテム!



特に「IHADA」は、敏感肌を優しく包み込んでくれて、
肌をしっとりと潤してくれるので、
使うほどに肌が回復していくような感覚に。


化粧水や乳液は薬ではないですが、
私は乾燥がやわらいで、使う前よりも肌が元気になるのを実感しています。




でも、あまりにも肌が敏感になりすぎて、
何を使っても良くならないときは、皮膚科へ駆け込みます。




ちなみに肌がデリケートになっているときは、
極力メイクをしないように意識を。


でも、どうしてもしなくてはいけないときは、
石けんでオフできるコスメを使って超ナチュラルメイクに。



年明け、まだまだ寒さとせわしなさが続くこの時期は
油断せず、肌のことを第一に考えて
スキンケアとメイクを楽しみましょ。

すっぴん美人図鑑

Gallery

もっと見る

ピックアップ

新着記事

もっと見る

新着コラム

もっと見る