日本すっぴん協会

美容賢者が推薦!日本すっぴん協会ベストコスメ2018【美容ライター・長田杏奈セレクト】

2018/12/07

「日本すっぴん協会ベストコスメ2018」には、これまですっぴん協会のページで独自の美容法を披露してくれた専門家・モデルを中心に、計7名の美容賢者が集結!ジャンルはスキンケアにしぼった計5部門。果たして、美容賢者たちがことし最も心惹かれたスキンケアコスメとは?


選者:美容ライター・長田杏奈さん


【1】クレンジング・洗顔部門



FEMMUE「ブリリアント クレンジングオイル」

125mL 6,800円(税抜)


オイル美容液をベースにした、落としながらケアするクレンジング!


韓国発のナチュラルコスメブランド FEMMUE(ファミュ)の、スキンケア機能の高い植物オイルをたっぷり使用したリッチなクレンジング。


「『クレンジングオイルは乾燥するから肌に合わない』という思い込みを華麗に覆した、オイル美容液で洗う新感覚のアイテム。
ほどよい厚みと柔らかさのあるテクスチャーで摩擦レスになじませることができ、どんなメイクも落ちるのに、しっとりふかふかの感動的な洗い上がり。
W洗顔いらずなので、ドロドロに疲れて1秒でも早く寝たい日もこれなら使いたいなと思えます。
上品で洗練された香りとパッケージデザインで、癒しも機能もセンスも諦めたくない多忙女子に激推ししたいクレンジング。
創設者の方のコスメ&植物に対するマニアックなセンスや美肌ぶりも、『この方の作るものなら間違いない!』ととても信頼しています。
個人的には何株も育てるほど椿が好きなので、済州島産の栄養たっぷりの椿種子油が主成分というのもうれしい♡」(長田さん)



【2】化粧水部門



CHICCA「ビューティグロウ モイスチャーエッセンス リッチ」

125mL 6,500円(税抜)


化粧水で仕込む水の色香。とろ~りリッチな感触で湿度の高い肌に


“水バリア”で肌を守る、とろみのある濃厚なテクスチャーの化粧水。


「湯上りの肌やほんのり汗ばんだ肌の、あのなんとも言えない色香が化粧水で演出できるんです。
汗にヒントを得た濃厚な潤いで、油では出せない『水の色気』をもたらすローション。ただみずみずしい潤いを与えるだけでなく、もっちりぬめっとした湿度の高い肌に仕立ててくれます。
昔、NHKでやっていた『照柿』というドラマで、『一見地味で生活感たっぷりだけど、一度ハマると底なし沼』な女性を田中裕子さんが演じていたんです。
その記憶に残る妙に艶かしい肌が、いちばん再現できたのがこの化粧水です」(長田さん)



【3】美容液部門



DECENCIA「サエル ホワイトニング エッセンス コンセントレート」【医薬部外品】

36mL 7,500円(税抜)/リフィル 36mL 7,000円(税抜)


ストレス由来のシミにアプローチ。多忙な現代女性に味方する美白美容液


瞬時にみずみずしさが広がり、冴えわたる透明感のある肌へ整える薬用美白*エッセンス。

*メラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぐこと


「美容液は、使う目的がはっきりしている、率直で単刀直入なアイテム。
だからこそ、ゆとりある優雅な暮らしをしている人に向けたものより、『忙しくて疲れていてストレスフルで肌が揺らいじゃうけど、頑張っている私たち』に向けて開発されたものを選んで、シンパシーを持って使いたい。
ストレスによる肌不調やシミの加速に着目して作られたサエルの美容液は、弱ってイラついた肌を鎮め守りながら、明るく色ムラのない透明感に満ちた肌に導いてくれる、私たちのための美白アイテム。
しかも、保湿やくすみケア、糖化ケアまで大盤振る舞いで、『肌のことは心配しないで。これ使って頑張って!』と応援されている気持ちに。
肌が揺らぐと守りケア一辺倒になりがちだけど、なだめつつ未来に備える喜びを授けてくれたことに、ありがとうを言いたい」(長田さん)



【4】乳液・クリーム部門



エピステーム「ステムサイエンス リフトクリームa」

45g 33,000円(税抜)


ハリと潤いを徹底的にシールド。超濃厚バンデージ系クリーム


コクのあるクリームが肌にフィットして、ハリのみなぎる肌へと導く、格別な一品。


「今年は、とにかくクリームが豊作でした。どれも甲乙つけがたい名作で、一品に絞るのは本当に辛かった……。
でも、最後に頼りになるのはどれだろうという目線で選んだら、『あー、もうどうやっても潤い逃げてくじゃん!』と乾燥が止まらない夜、最後の守護神として頼れるのはやっぱりこれだなとベストに選びました。
コンデンスミルクを煮詰めたようなテクスチャーは、今どき余程自信&狙いがないと作れないんじゃないかなと思うほど、かなりこってり。保湿マニアじゃないと、びっくりするかもしれないこってりっぷりです。
実際に塗ると、このこってりが不思議と肌に一体化して、包帯とかバンデージのようにビタッと壁になって潤いの蒸散をせき止めてくれます。
いつも薬機法&文字数的に書けないのですが、ロート製薬の幹細胞研究はガチだなって思います。
そしてそのガチさは、翌朝の肌や使い続けるほどに肌がしっかりみっちりしてくる手応えで、察することができます」(長田さん)



【5】スペシャルケア部門



IHADA「イハダ 薬用バーム」【医薬部外品】

20g 1,350円(税抜)


乾燥&肌荒れ対策の切り札。いつも一緒のなめらか万能バーム


荒れた肌を保護し、乾燥を防いで肌のうるおいを長時間保つ、バーム状の薬用クリーム。


「もはや家族よりも、IHADAのバームと一緒にいる時間の方が長いですね。それくらい、いつも一緒です。
バタバタしていてポーチを持ちそびれた日も、IHADAは『お財布・スマホ・鍵・IHADA』ぐらいの勢いで必需品だから、バッグにぽんと入れて持って出ます。
お値段もかなり優しいので、余裕があるときは乾燥でお困りの人に配布するための『布教用IHADA』を持っていることも。
顔がピキピキしてきたなと思ったら、手のひらにIHADAを薄くのばして、乾燥している部分にそっと転写します。
唇も手元も、それ以外も。とにかく、IHADAを持って入れば、乾燥案件は解決できる自信と実績があります。
なんで他のバームじゃなくてIHADAがいいのか考えてみたんですけど、とろけてベタつかない絶妙なテクスチャーと、肌のイラつきやピリつきを抑えてくれる肌荒れ防止成分の配合具合がいいのではないかな。
秋冬は、乾燥と炎症がしっかり抑えられれば、肌はいい状態をキープできるもの。
乾燥したスタジオでの撮影や取材中のふとした瞬間、美容業界の仲間がIHADAを取り出すたびに『わかる〜!』とハイタッチしたくなります。IHADAはいいぞ!」(長田さん)


*価格はすべて編集部調べ




長田 杏奈

美容ライター

「美容は自尊心の筋トレ」をモットーに、美容ライターとして雑誌やwebメディア等で多くの記事を執筆。また、SNSでも「おさ旦那」の愛称で美容情報を発信している。

Instagram osadanna

最新のインタビュー記事

ピックアップ

すっぴん美人図鑑

Gallery

もっと見る