日本すっぴん協会

福本敦子さんに聞くオーガニックコスメの魅力。自分に合うアイテム選びのコツは?

2018/12/08

コスメキッチンPRを務めたのち、現在はフリーランスPR、美容コラムニストとしても活躍する福本敦子さんにインタビュー。
日本すっぴん協会では福本さんに、オーガニックコスメの魅力から、自分に合うオーガニックコスメのおすすめの見つけ方まで、たっぷりお伺いしましたよ。


“これだ!”と感じたNYでの出会い


―はじめに福本さんがオーガニックコスメに興味を持ったのは、どんなきっかけからでしたか?

福本さん:私はいろいろなことに敏感な体質で、それで今も困っているんですけれど(笑)、人や環境など、外的なことを感じやすいタイプなんですね。


オーガニックコスメとの出会いは本当に偶然なんですよ。まだコスメキッチンでアルバイトをしていた10年ほど前、たまたまNYに立ち寄って、ふらふら散歩したところにあったのが、ホールフーズ・マーケットのビューティー専門店「WHOLE BODY」*でした。
中に入って、“これだ!”と思ったんです。そして、旅の目的地ではなかったところで出会っていることもポイントだと思いました。

*NYのチェルシー地区にあります


―ピンときたんですね。

福本さん“あ、今大事なこと起きた”みたいな感じに思って。当時は日本にオーガニックコスメはWELEDAくらいしか置いていないような時期で、360度オーガニックコスメに囲まれたのが初めてでした。


―1つのアイテムに惹かれたというよりも、そういった環境に直感で惹かれた感じだったんですね!

福本さん:そうなんです。それで、日本に帰国したらちょうど本格的にコスメキッチンがオーガニックの専門店になるタイミングで、初代のバイヤーが社員にならないかと誘ってくれました。なので最初は、ただ本当にオーガニックコスメが好きだからというだけで、とても軽い気持ちで入社しているんですよ(笑)。
あと、「オーガニックコスメ」というものと私のタイミングが合っていることも、「やるべき」と感じた一因でもありました。




オーガニックコスメを使ってケアする魅力は


―福本さんがオーガニックコスメと出会って、肌や身体にとって良かったと感じるのはどんなところですか?

福本さん:私は部分的にアトピーができるタイプでしたが、だんだんと良くなっていきました。
今から14年前にコスメキッチンに入社して、そこから日本で取り扱われるブランドが増えていきました。セレクトショップだったので、インナーケアからメイク、スキンケア、ヘアケアまで、研修でいろいろな方の話を聞く機会があったんです。その中で、自分との付き合い方もわかっていったような気がしています。
それまでは外の環境などに反応して“ゆらぎ”が出やすいタイプでしたが、そういったゆらぎも出づらくなり、自分の肌も強くなったなと感じます。自然の力のすごさがわかりましたね。


―肌が強くなったというのは、自分でもわかるくらいに実感されたんですね。

福本さん:次第に肌が丈夫になっていくので、20代の時に感じたことは、スキンケアで使うアイテム数も少なくて済むということ。
クレンジングも例えばガミラシークレットの石鹸だけ、あとは化粧水とオイルだけの全部で3つで済んだり。“式通りにやらなくていいんだ”と、オーガニックコスメの面白さを感じましたね。



―たしかに、無意識のうちに「化粧水のあとは必ず乳液をつけなきゃいけない」と思っている部分があるように思います。

福本さん:そうなんです。店頭にいた時も「化粧水のあとは乳液をつけるんですよね?」と質問をいただくこともありましたし、“この後はこうするもの”という式が、その方の中である場合が多いなと思います。
でも、私はオーガニックコスメと出会って「やりかた」に捉われなくてもいいんだと感じましたし、一般的に言われている方法よりも自分に合う方法がもっと他にあるなら、合う方を選ぶ方がいいということを、私の場合は化粧品で理解できたような気がしています(笑)。



自分に合うオーガニックコスメの見つけ方は


―今はオーガニックコスメのブランドもたくさんあって、アイテム選びにも迷ってしまうようなところがあると思います。自分に合うスキンケアコスメのおすすめの選び方はありますか?

福本さん:オーガニックコスメって本当にたくさんあるので、そのオーガニックの度合いも製品によって違ったりします。私のおすすめは、純度が高くてシンプルで、成分が少ないものを初めは使うこと。そうすると、その成分が肌に合っているのかどうかがわかってくると思いますよ。


―なるほど・・!

福本さん:例えばローズヒップオイルだけであったり、“シアバターを主成分にしていますよ”とはっきり記載しているものであったり。初めからエイジングケアや美白製品などを使っても構いませんが、少ない成分構成のものから使うとわかりやすく、自分に合っているラインナップがだんだんと分かってくると思うんですね。




気持ちからキレイを保つ、福本さんの習慣は?


―お肌と気持ちの状態はつながっているところがあるということで、福本さんがマインド面からキレイや健康を保つために習慣にしていることなどもお聞かせいただければと思います。

福本さん:私はフラワーエッセンスと、早寝を習慣にしています。なるべく夜10時~12時の間に寝始めることを心掛けていますね。
朝もあまり遅くならないうちに起きて、朝の空気を吸うことが大切だなって。自然の流れに沿うことが、きっと本来は健康的だと思うんです。


―フラワーエッセンスについてはいかがでしょうか?

福本さん:説明しづらいですけれど、フラワーエッセンスはお花や鉱物など、自然界のエネルギーを水に転写した“エネルギーのお水”のことを言います。
化学的なものではなく、花の特性によってアプローチする方向性が違いますが、自分に合うものを飲むと感情に働きかけます。マインドに働きかけるので行動が変化し、その結果環境が変化します。フラワーエッセンスを選んでくれるプロの方もいるんですよ。


(フラワーエッセンスに)副作用はなくて、合わないものを選ぶと効かないだけ。自分を開花していきたい方などにも向いていると思います。


―フラワーエッセンスがにわかに気になってきました・・! 最後になりますが、日本すっぴん協会の読者にメッセージをいただければと思います。

福本さん:女性に大切にしてほしいことは、自分のことを優先してよいということ。
皆さんも、自分の心地よさを一番に考えて、進んでみていただけたらいいなと思います!




福本 敦子

フリーランスPR、美容コラムニスト

「コスメキッチン」に14年間勤務。同社でPRを務めたのち2018年に独立し、現在はオーガニックコスメに関する豊富な知識を生かしてフリーランスPRとしてのみならず、美容コラムニストとして雑誌やWebメディア、イベントにと幅広く活躍する。

Instagram uoza_26

福本敦子さんの関連記事

最新のインタビュー記事

ピックアップ

すっぴん美人図鑑

Gallery

もっと見る