ごきげん手帖

スーパーで失敗しない!おいしい夏野菜を選ぶポイント3つ

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

生で食べられるものが多く、ビタミンも摂りやすい「夏野菜」。旬の野菜は栄養価が高く、お値段もお手ごろになりやすいので一石二鳥ですが、なんとなく選ぶよりも、より美味しいものを選びたいですよね!

今回は野菜ソムリエプロの資格をもつ筆者が、スーパーで夏野菜を選ぶときにチェックしたい3つのポイントをお伝えします。

おいしい旬の野菜の選び方

おいしい夏野菜の選び方

1.野菜の「表面」に注目

とうもろこし

表面というのは、きゅうりなら皮の部分、とうもろこしなら毛やかぶさっている部分などのことです。

例えばきゅうりなら、イボがしっかりあるものほど鮮度が高いと言われています(イボなしきゅうりは除く)。また、とうもろこしなら毛の部分に注目! 毛がしっかり黒くこげ茶のようになっていたら、甘くなっているサイン。これが緑っぽいままのものは、まだ甘さが足りない証拠です。
このように、野菜の表面からはおいしいサインが出ているのです。

2.野菜の「ヘタ」に注目

トマト

ヘタがしっかりしているものは、太陽をたっぷり浴びて元気に育った証拠!

トマトやナスなどのヘタがぴーんとなっているものや、ナスの場合はヘタの部分を触ると痛いものは、収穫したてで新鮮な野菜である証拠です。野菜は新鮮なら新鮮なだけおいしく食べれます。

3.「袋の色」に騙されないで

オクラ

オクラといえば、緑色のネットに入れられて販売されていることがほどんど。一体なぜこのようなネットに入れられているのかと言うと、実はオクラの色をきれいに見せるためでもあるのです。

よく見てみると、黒っぽくなってしまっているものや、フニャッと元気のないものなどを発見する場合もあるので、購入の際はしっかりチェックしてみましょう。
野菜の色がしっかり出ているものを選ぶようにすると、新鮮な野菜が食べれますよ。


せっかくお野菜を購入するなら、よりおいしいものを食べてもらいたい。ちょっとした見分け方で、いつもよりも鮮度のいいお野菜との出会いがあるとうれしいです。

ライタープロフィール

美容ライター・菅野広恵

本の出版、レストラン・飲食店や農家での野菜と美をかけたイベント、お野菜婚活ベジコンなどを企画/主催。
15年以上のモデルの経験から、美/食/ダイエットをテーマにした講演や、大学で講師なども務める。

【保有資格】

野菜ソムリエプロ/フードアナリスト/美脚トレーナー

    【あわせて読みたい】
    ▽インナービューティーの記事をもっと見る
    永久保存版!ダイエットにも◎「朝ブロッコリー」のススメ
    ノンアルビールにちょい足し!美容にうれしいカクテルレシピ
    フルーツ≠デザート?フルーツの効果を活かす上手な食べ方
    美しさは内側から!無理なくキレイになるための1日の食事ルール

    【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
    発色アップ!「アイシャドウベース」の使い方とおすすめ4選
    斬新なアイテムが続々登場!美容家が大注目のファンデ4つ
    メイク上手になれる基本の「き」化粧の基本と正しい順番
    美容家が注目!華やか旬メイクが叶うプチプラコスメ4選

    Facebookでシェアする

    Twitterでシェアする

    フード・食べ物の最新記事はこちら