ごきげん手帖

シミ予防や代謝アップに!5分でできるブロッコリーレシピ4選

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

緑黄色野菜の代表的存在、「ブロッコリー」。夏の紫外線対策やエイジングケア、代謝アップ、便秘予防、貧血予防など、女性の美容にうれしい栄養素が豊富です。

ごきげん手帖では、以前にも『永久保存版!ダイエットにも◎「朝ブロッコリー」のススメ』としてブロッコリーの美容効果や調理のポイントなどをご紹介しましたが、今回は時間のない朝にぴったりの簡単ブロッコリーレシピをご紹介します。(こちらの記事はあわせて読みたいからチェックしてくださいね!)

ブロッコリーチーズトースト

美容にうれしいブロッコリーの栄養

まずは、ブロッコリーに含まれている栄養素をおさらいしていきましょう。

ビタミンC

細胞老化を防ぐ抗酸化作用が高いビタミンで、主にシミ予防などの美肌作りに欠かせません。コラーゲン生成をサポートする働きもあります。免疫力アップにも◎。

β-カロテン

体内でビタミンAとして働きます。主に乾燥対策に◎。真夏でも空調がきいた室内に長時間いるとお肌が乾燥しがち。油脂類と合わせることで体への吸収率が高まるので、乾燥が気になる場合は油調理がおすすめです。

ビタミンE

抗酸化作用が非常に高く「アンチエイジングビタミン」とも呼ばれます。加齢・紫外線・睡眠不足・栄養不足・ストレスなど様々な要因で進んでしまうエイジングを緩やかにしたいときに◎。

ビタミンB群

糖分や脂質の代謝をサポートするビタミンB1やビタミンB2が豊富です。疲労回復もサポートするので夏バテ予防にも◎

ブロッコリーは他にも女性に不足しがちな鉄分や、便秘予防に欠かせない食物繊維、葉酸、カルシウム、カリウムなど様々な栄養素を含んでいます。

5分で作れる!かんたん朝ブロッコリーレシピ4選

※前述の記事でご紹介した、下茹でして冷蔵保存したブロッコリーを使う前提のレシピです。小分けにして冷凍保存しておくととっても便利!

ブロッコリーチーズトースト

ブロッコリーチーズトースト

下茹でしたブロッコリーを細かく刻んで、スライスしたパンにのせ、ピザ用チーズをのせてオーブンでこんがり焼けば完成。お好みでブラックペッパーをまぶしても◎。

ブロッコリーたっぷりスクランブルエッグ

下茹でしたブロッコリーを細かく刻む。フライパンにオリーブオイルをひき、ブロッコリーと溶き卵を加え菜箸でぐるぐる混ぜるようにさっと炒める。最後に塩、コショウで味を調える。

【POINT】
卵と合わせることでタンパク質もしっかり補給!ソーセージを加えてもおいしい。お弁当のおかずにも◎

ブロッコリーとハムのコンソメスープ

下茹でしたブロッコリーと刻んだハム、コンソメキューブをスープカップに入れて湯を注ぐ。オリーブオイルを少したらして完成。

【POINT】
夏も冷えが気になる方には、朝スープがおすすめ。お湯を注ぐだけなら火を使わずに簡単です。オリーブオイルに豊富なビタミンEは血流促進作用もあるので、冷え予防に◎。

ツナとミックスビーンズとブロッコリーのカレー風味サラダ

下茹でしたブロッコリーに、ツナとミックスビーンズの水煮を合わせて、ヨーグルトとカレー粉を混ぜたソースで和えれば完成。

【POINT】
ヨーグルトがない場合はマヨネーズやオリーブオイルでもOK。豆類に豊富なビタミンB群で代謝アップ、疲労回復をサポート! カレー粉は食欲増進や二日酔い予防に効果的です。


お気に入りのレシピは見つかりましたか? みなさんもぜひ毎日の食卓にブロッコリーを取り入れてみて下さいね。

ライタープロフィール

インナービューティー研究家/フードコーディネーター・國塩 亜矢子

「インナービューティー」を軸とした料理教室、コラム執筆・レシピ開発等を通じ、女性のライフステージごとに関わる「食×美」の大切さを幅広く発信中。二児の母。著書「決定版!節約冷凍レシピ」(宝島社・共著)

【保有資格】

ベジフルビューティーアドバイザー/女子栄養大学認定食生活指導士1級

    【あわせて読みたい】
    ▽かんたん美容レシピをもっと見る
    永久保存版!ダイエットにも◎「朝ブロッコリー」のススメ
    初夏のシミ予防に!柑橘たっぷりヘルシーサラダレシピ
    ノンアルビールにちょい足し!美容にうれしいカクテルレシピ
    初夏のピクニックに◎美容にうれしい変わり種おにぎり3選

    【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
    なぜ痩せない?管理栄養士が教えるファスティングの落とし穴
    今年こそ食べてキレイに!美容家が40歳から始めたこと3つ
    カルディで買える!食べてキレイになれる「おやつ」3つ
    「夜納豆」でダイエット!糖質制限もできる納豆レシピ4つ

    【参考文献】
    ※吉田企世子・松田早苗/監修(2016年)「あたらしい栄養学」(高橋書店)
    ※上西一弘/著(2016年)「栄養素の通になる」(女子栄養大学出版部)
    ※板木利隆/監修(2008年)「からだにおいしい 野菜の便利帳」(高橋書店)
    ※吉田企世子/監修(2016年)「旬の野菜の栄養辞典」(エクスナレッジ)
    ※蒲池桂子/監修(2010年)「美肌美人栄養学」(エクスナレッジ)
    ※三輪正幸/監修(2012年)「からだにおいしい フルーツの便利帳」(高橋書店)
    ※伊達友美/著(2010年)「食べる美女肌セラピー」(エクスナレッジ)

    Facebookでシェアする

    Twitterでシェアする

    フード・食べ物の最新記事はこちら