ごきげん手帖

楽しく会話をしたい時にオススメの色は?プロが教える洋服・小物の選び方

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

ふだん何気なく選んでいる洋服や小物の色。黒やグレーなど、無難な色を選びがちな人も多いかと思います。フリーアナウンサーである筆者も、痩せて見せたくて、いつも黒を着ていた過去が……(汗)。
しかし、これからは「自分をどう見せるか」も戦略的に考えていきたいもの。
そこで今回は、NHKなど多数のメディアで活躍されている色彩心理の専門家・佑貴つばささんに、「人間関係やビジネスに効果的な色選び」についてうかがいました。

服を選ぶ女性

色のイメージ効果とは

佑貴:人はひとつひとつの色に、イメージや意味を重ねているんです。モノを見るとき、そこに色のイメージを重ねることもありますし、色の持つ心理的な効果によって、人の気持ちに変化が起きることもあります。
なので、洋服の色は顔映りの良し悪しだけでなく、「色そのもののイメージ」が周囲に与える印象も大きいのです。それだけでなく、自分自身の気持ちも変えてくれます。

倉島:色はやはり大切なのですね。それでは、シチュエーション別にどんな色を使うと効果的か教えてください。

コミュニケーションにおすすめの色

佑貴:人間関係を良好にしたいなら、コミュニケーション色である「黄色」がおすすめ。黄色だけではなく、青や紺色のストライプが入るとさらにいいですね。安倍首相もこのようなネクタイをよく着けていますが、親しみやすさの黄色に、知性・信頼の青がプラスされているんです。

黄色いネクタイ

また、淡い色は優しさとつながりやすいのですが、とくに桜の花びらのような「淡いピンク色」は、人の気持ちを最も優しくしてくれます。アメリカの刑務所で壁の色をピンクに変えたところ、暴力的な行為が激減したという記録があるくらいです。

淡いピンクのネクタイ

女性は比較的、洋服に取り入れやすい色ですね。男性なら、淡いピンクのネクタイとポケットチーフなど、大きくない面積から始めてみてはいかがでしょうか。

倉島:女性なら、桜色のワンピースを着たり、スカーフを使うといいですか?

佑貴:いいですね! 実はお見合いに最強といわれる配色があって(笑)。好感度が高いのは「淡いピンクと白」なんです。

ワンピースとカーディガン

レースのトップスとネックレス

ブラウス×スカートの組み合わせや、ワンピース×カーディガンの組み合わせなどで、優しさや可愛らしさ、純粋さ、清潔感を演出できます。
ただし、色を甘くしたら形はシンプルにするのがオススメです。

ビジネスにおすすめの色

赤と青のネクタイ


倉島:
給料を上げたい、昇進したいという人も多いと思います。ビジネスにいい色も教えてください。

佑貴:上司が何を期待しているかによって変わりますが、冷静に仕事をこなすタイプになりたい場合には「青系」。行動力をつけたい場合には、「赤系」の色がチカラを貸してくれます。

また、スーツに紺かグレーのどちらを選ぶかですが、若々しさや行動力を表したいなら紺のスーツに明るい色のシャツやブラウス。そして、色のコントラストをつけた小物を身につけるといいですね。
男性ならネクタイ、女性なら大きめのアクセサリーを使うといいですよ。

赤と青のアクセサリー

グレーのスーツは穏やかさを演出してくれますが、行動力や決断力を見せたい・意見を通したい時であれば、紺の方が効果があります。
また、女性政治家を見ると、ここぞという場面で、白のジャケットに青や紺のインナーを着る人も多いですね。「真っ白」には、凛としたイメージがあります。特別な感じを与えたり、完璧に仕事をこなしたりする印象になりますね。

なりたい印象別!おすすめの色

佑貴:そのほかにも、

楽しく会話ができるようになる色:黄色
仲間意識を強める色:オレンジ
落ち着いて他者の話が聞ける色:茶色
リーダーシップを発揮できる色:赤
冷静になれる、集中できる色:青
品格につながる色:ロイヤルブルー、紺色
華やかさや女性らしさにつながる色:マゼンタ
リラックスできる色:ベージュ、緑
アタマとココロをリセットできる色:白

など、色にはさまざまなイメージや心理的効果があります。

カラフルなネックレス

倉島:承知しました。これからは相手に自分をどう見せていくかを考えて、色を意識してみます。ワクワクしてきました!


みなさんも新しい時代、色の力を借りて、なりたい自分を作っていきましょう!

【取材協力】

佑貴つばささん

佑貴つばさ(ゆうき・つばさ)さん

「色とココロのコンシェルジュ」色彩心理の専門家。
仏ブランド「シャネル」の日本法人で25年勤務後、色彩心理カウンセラー・パーソナルカラーアドバイザーとして独立。メディアにも多く出演し、個人カウンセリングから企業研修まで行なう。
著書『色とココロの教科書 驚くほど自分の可能性がわかる色彩心理』

ライタープロフィール

スピーチコンサルタント・倉島 麻帆

スピーチコンサルタント、フリーアナウンサー。NHK、日経新聞など多数メディアに出演。脳科学・心理学メソッドも使い、好かれる「話し方・コミュニケーション」研修を、上場企業をはじめ全国で行っている。著書「引きつける話し方が身につく本」など多数。

    【あわせて読みたい】
    ▽ライフスタイルに関する記事をもっと見る
    書きグセを変えるだけで金運アップ!? 開運文字の書き方
    朝、布団から出られない人へ!目覚めをよくするツボ5選
    旅をもっと心地よく、美しく。旅行にもっていきたいもの3選
    お洒落でプロっぽい仕上がりに!簡単楽しいカメラアプリ4選

    【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
    ダイエットに今日から始めたい!ヤセ菌が増える食べもの5つ
    その食習慣NGかも?かくれ肥満になりやすい人の特徴4つ
    “空腹”がポイント!2大若返り要素を活性化する食生活とは
    見直そう!本気で痩せたいときに試したい食事のルール3つ

    【参考】
    佑貴つばささんオフィシャルサイト

    Facebookでシェアする

    Twitterでシェアする

    ライフスタイルの最新記事はこちら