ごきげん手帖

頭皮をほぐしてスッキリ小顔に!プロが教える簡単マッサージ

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

「頭皮が3ミリ下がるとお顔が3センチ下がる」と言われるほど、頭皮と顔は深くつながっているのをご存知ですか?

お顔の印象を引き締めるには、頭皮マッサージがとても効果的。今回は、簡単にできるセルフマッサージを3つご紹介します。

頭皮マッサージ1

1.簡単・頭皮マッサージ

頭皮マッサージ1

頭皮はどこをマッサージしても気持ちよく、しかもリフトアップにつながります。しかし中でも大事なポイントのひとつが、「側頭筋」と言われる場所。

食べ物を噛むときに使う咀嚼筋なのですが、緊張しているときや睡眠中などの無意識な噛み締めで硬くこわばってしまいがちです。ここがかたまっているとお顔はなかなかリフトアップしてくれないので、しっかりとほぐしましょう。

写真のように手を耳の上に当てながら矢印の方へ圧を加えつつ、手根(手の根元)でくるくると円を描くようマッサージを。コロコロ系の美顔器をお持ちの方はそれを使ってほぐしてもOKです。

2.目元のぱっちりおでこ、生え際マッサージ

頭皮マッサージ2

頭皮マッサージ3

1.写真のようにおでこに四指の腹をあて、皮膚がよれないようにくるくると円を描く。

2.四指の腹を眉毛の上から生え際までスライド。

眼輪筋という目元の筋肉とつながっているおでこの筋肉が、「前頭筋」です。前頭筋は目元から首のほうまで頭皮を前後にぐるっと覆っている大きい筋肉なので、ここをマッサージしてほぐしてあげると目元がぱっちりした印象になり、血色もよくなります。

目元がたるんできたり、目がぱっちり開かなかったり、なんとなく目元の元気がなくなってきたと感じたら、ここをしっかりマッサージしてほぐしてあげてください。

おでこのマッサージが痛いと感じる場合は、眼精疲労やおでこの筋肉がこわばり疲れているサイン。おでこシワや目元たるみの予備軍です。

3.時短・速攻引き上げのポイント

頭皮マッサージ4

マッサージする時間がない、髪型やメイクを崩したくないときに使える速攻引き上げる場所、それは「耳の上」。くっと持ち上げるだけでフェイスラインがキュっと上がった印象になります。

夕方お顔が疲れてきた時、アフターファイブにデートやお付き合いがある時は、耳の上を軽くほぐして上にぎゅーっと引き上げてリフトアップしましょう。


頭とお顔は繋がっており、そして頭は首や肩と連動しています。頭皮のマッサージに加えて時間のあるときは首肩周りのストレッチをすることで、マッサージをさらに効果的にすることができます。

「疲れ顔が気になる」、「顔が下がってきた」「たるんできた」と感じたときは、ぜひ頭皮マッサージをやってみてくださいね。

ライタープロフィール

美容家・永松 麻美

美容家・エステサロン&スクールSUHADA主宰。自身のニキビ・激太りから容姿コンプレックスに陥り根暗な10代を過ごす。綺麗になるためエステの道へ。「綺麗になる」を通し心や人間関係、人生まで前向きに変わって行く経験を人に伝えるため美容家として活動中。

【保有資格】

CIDESCOインターナショナルエステティシャン/CIDESCOアロマセラピスト/CIBTACエステティックトリートメント/日本エステティック協会上級エステティシャン/日本スキンケア協会認定校資格

    【あわせて読みたい】
    ▽美人度上がる!リフトアップケアをもっと見る
    リフトアップやくすみケアに!知っておきたい「美人のツボ」5つ
    たるみよ、上がれ!幸せを引き寄せるリフトアップ術
    顔を触らずリフトアップ!仕事帰りの「お疲れ顔リセット術」4つ
    リフトアップにも効果的!クリームシャンプーの頭皮マッサージ法

    【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
    シミ対策に◎!美白化粧品の選び方と美容家おすすめ4選
    たるみ毛穴対策に!おすすめコスメ6つとマッサージ法
    お風呂上がりにシワをチェック!タイプ別「シワ対策」2つ
    たるみ頬リフトアップ!「ほうれい線にサヨナラ」する顔ヨガまとめ

    Facebookでシェアする

    Twitterでシェアする

    スキンケアの最新記事はこちら