ごきげん手帖

気持ちが不安定な春に食べたい!おすすめ薬膳食材5つ

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

イライラする、気持ちが落ち込む日が続く……春になってからそう感じることが増えた人も多いでしょう。

実は、薬膳のベースになっている中国伝統医学(中医学)の世界では、春はイライラしたり気持ちが不安定になりやすい季節といわれています。

そこで今回は薬膳のプロである筆者が、春の不安定な気持ちをやわらげる食材を5つご紹介します。

20190410kuraguchi

セロリ

イライラしている時は、気の巡りが悪くなると中医学では考えます。

気は不調になると上へ上へとのぼりやすく、気が上へと昇り続けるとイライラしたり落ち込んだり、気持ちがアップダウンしやすくなるといわれています。

セロリ

セロリはあがった気をクールダウンしてくれる食材ですので、イライラを感じる春にぴったりの食材です!

大葉

気の巡りを良くしてくれる食材のひとつです。気の巡りが滞るとイライラしやすくなるといわれていますので、気の巡りをスムーズにしてくれる大葉を摂り入れましょう。

大葉

うつうつとして眠れない時にも力を発揮する効果が期待できます。納豆やお味噌汁などいつもの食材にプラスしてみて。

キャベツ

気持ちのアップダウンが激しい人は胃腸系システムの脾(ひ)の働きが弱まっていると考えますので、脾の働きをサポートしてくれるキャベツがおすすめ。

キャベツ

千切りキャベツを目玉焼きの横に添えたり、お味噌汁にいれるなど日常的に摂り入れたい食材です。

アサリ

身体の余分な熱や水を取り除いてくれる食材です。

アサリ

イライラしている時は身体に熱がこもっていると考えますので、そんな時はクールダウンしてくれるアサリの力をかりてみて。
気持ちを安定させてくれる効果も期待できるので、気持ちがゆらぎやすい春にぴったりです。

たまねぎ

身体を温めながら、巡りをよくする食材です。

玉ねぎ

春はイライラを落ち着けるため、体を冷やす傾向にある食材が多く出回ります。そのため身体が冷えやすくなりがち。ですので、体を温めるたまねぎをプラスするとバランスがとれてgood。

万能食材ですので、お家に常備しておきたい食材のひとつです。


いかがでしたか? 不安定な春こそ、自然の力をかりて気持ちのアップダウンをやわらげましょう。

ライタープロフィール

薬膳ライフバランスプランナー・倉口ゆうみ

薬膳ライフバランスプランナー/国際薬膳調理師/コラムニスト。自ら抱えていた不調を、薬膳に出合い克服したことをきっかけに、同じ悩みを抱く女性の助けになりたいと思い、スクール歴代トップ5に入る成績で資格を取得。体質カウンセリング、レッスン、イベント開催の他、薬膳コラムも執筆中。簡単にできる薬膳の知恵をお届けしています。

【保有資格】

薬膳アドバイザー取得(Any認定)/薬膳インストラクター取得(Any認定)/国際薬膳調理師 資格取得(中国中医薬研究促進会認定)

    【あわせて読みたい】
    ▽元気な私をつくる食材をもっと見る
    朝ごはんや春のブランチに◎華やかフルーツサラダレシピ
    目元ケアも大事でしょ!ドライアイをやわらげる食材3選
    疲れた夜は頼って!働き女子が選びたいお惣菜3つ
    春の不調に負けない!「強い身体を作る食べもの」3つ

    【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
    なぜ痩せない?管理栄養士が教えるファスティングの落とし穴
    今年こそ食べてキレイに!美容家が40歳から始めたこと3つ
    カルディで買える!食べてキレイになれる「おやつ」3つ
    「夜納豆」でダイエット!糖質制限もできる納豆レシピ4つ

    【参考】
    ※早乙女孝子著/(2016年)『漢方の知恵を毎日の食卓に いつもの食材 効能&レシピ帖』(つちや書店)
    ※喩静/植木もも子著/(2015年)「薬膳・漢方 食材&食べ合わせ手帖」(西東社)

    Facebookでシェアする

    Twitterでシェアする

    フード・食べ物の最新記事はこちら