ごきげん手帖

変えるのは手順のみ!肌がキレイな人がやっているスキンケア

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

毎日お手入れしているのに、肌がキレイなあの子と何が違うんだろう。そんなふうに思ったことはありませんか? 肌トラブルに悩む女性はとても多く、「同じところにニキビができる」「乾燥するけどTゾーンはテカる」など、その悩みは様々。

そんなときは一度“日々のお手入れ”を見直してみましょう。同じアイテムでもやり方次第で大きく変わるのがスキンケア。気付かぬうちに繰り返している意外なことに落とし穴があるかもしれません。

今回は化粧品成分スペシャリストである筆者が、肌がキレイな人がやっているスキンケアをご紹介いたします。アイテムではなく手順を変えるだけなので、ぜひトライしてみてくださいね!

肌の美しい女性

効果を十分に発揮する順番とは?

スキンケアは順番を守るのが何よりも大切。“落とすケア”であるクレンジングと洗顔から始まり、“補うケア”である保湿へ移ります。

保湿効果をしっかり発揮させるためには、水分の多いものから順につけましょう。そうすることで成分が角質層により浸透しやすくなります。

油分の多いアイテムは膜を張るため、後から水分の多いアイテムを使用しても弾いてしまい、十分な効果が発揮できなくなってしまう可能性があります。

乾燥を予防するクレンジング&洗顔方法

クレンジングを行うときは、皮脂の多いTゾーンからスタートするのがベスト! 次にファンデーションの多い部分もしっかりと馴染ませて、乾燥しやすい目や口周りは最後に馴染ませてから洗い流します。洗顔も同様です。細かい手順ですが、実はとても大切なこと。これだけでも乾燥の予防に繋がります。

また口紅やアイメイクは、必ずクレンジングの前にポイントリムーバーで落としましょう。余計な摩擦を減らすことで、色素沈着を防いでくれますよ。

乾燥・Tゾーンのテカリ・ニキビに効果的な保湿方法

クレンジングと洗顔とは対照に、保湿剤はご自身の肌で最も乾燥しやすい部分から塗りましょう

油分の多い乳液やクリームは量を調節することが大切です。顔全体を同じ量で保湿すると、元々皮脂の多い箇所はテカりの原因に繋がります。皮脂が過剰になることでニキビの原因にも。Tゾーンなど皮脂の多い箇所は最後に馴染ませる程度にすることをオススメします。乾燥しやすい箇所はしっかり塗りましょう。


いかがでしたか? 意外に実践していない箇所があったという方は、ぜひ今日から試してみてくださいね!

※こちらは紹介しているスキンケア法により肌荒れの症状が緩和することをお約束する内容ではございませんのでご了承ください。

ライタープロフィール

イメージコンサルタント・松倉明日香

プライベートカラーサロンBellFino代表。似合う色とメイクの効果で、多くの女性の綺麗を引き出すイメージコンサルを行なっている。
日系化粧品会社の元美容部員でもあり、化粧品成分スペシャリストとしてスキンケア記事の監修・広告・PRを担当するなど幅広く活動中

    【あわせて読みたい】
    ▽プロ直伝のスキンケア方法をもっと見る
    美肌への近道は“角質ケア”にあり!美容家・深澤亜希さんに聞くスキンケア術
    なんだかパッとしない肌に。スキンケアの入りを変えるアイテム
    メイク崩れを防ぐ秘訣は、朝にアリ!? とっておきのスキンケア法とは
    30代のカサカサ、肌荒れに。エステティシャンが教えるスキンケア術

    【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
    発色アップ!「アイシャドウベース」の使い方とおすすめ4選
    斬新なアイテムが続々登場!美容家が大注目のファンデ4つ
    メイク上手になれる基本の「き」化粧の基本と正しい順番
    美容家が注目!華やか旬メイクが叶うプチプラコスメ4選

    Facebookでシェアする

    Twitterでシェアする

    スキンケアの最新記事はこちら