ごきげん手帖

デリケートゾーンケアで、綺麗をアップデート。おすすめアイテム3選

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

誰かに相談しにくいデリケートゾーンのお悩み。ケアのやり方がよく分かっていないという人も多いのではないでしょうか。正しく洗えていないとニオイやトラブルの原因になります。
また、洗浄力の強すぎるものの使用もニオイやトラブル、場合によっては感染症の原因になることも。

アンティーム フェミニン ウォッシュ

デリケートゾーンをケアすると潤い力の強化、感染症予防、ニオイや肌トラブルの予防などに役立ちます。
そこで今回はデリケートゾーンのケアにぴったりな専用ケアアイテムを3つ紹介します。

アンティーム フェミニン ウォッシュ/アンティームオーガニック

120ml 2,000円(税抜)

アンティーム フェミニン ウォッシュ

デリケートゾーン専用のリキッドソープ。優しい泡とスッキリした精油の香りが特徴。
肌が本来もっているうるおいを残しながら、気になるニオイやムレを洗い上げてくれます。

フィトテラピー(植物療法)を利用したオーガニック製品で、繊細でトラブルの多いデリケートゾーンのケアにぴったりです。
デリケートゾーンを洗う時は、手で優しく泡立ててから前側から後ろ側へ優しく洗ってくださいね。

フェミニンオイル/yomogina

100ml 7,500円(税抜)

フェミニンオイル

ハーブの女王といわれる“よもぎ”に、ローズやゼラニウムなど女性に嬉しい植物由来成分が配合されたオーガニックオイル。
女性ホルモンを整え、かぶれやニオイの予防、抗菌などの作用が期待できるよもぎ。入浴後、清潔な状態で塗布したり、会陰マッサージ、バストのマッサージにも使用できます。
衛生面はもちろん、年齢とともに気になってくる潤い不足にもオススメです。

アンティーム ホワイトクリーム/アンティームオーガニック

100g 2,600円(税抜)

Vラインやワキ、乳首などのデリケートな部分専用のホワイトニングクリーム。お肌が柔らかくなり、しっとり潤うさらりとした感触のクリームです。
お尻まわりや下着のあとの色素沈着にも使えるのが嬉しいところ。


デリケートゾーンは皮膚と粘膜の中間でとても繊細。摩擦や刺激に弱い場所なので、優しく扱うように習慣をつけてくださいね。
海外では専用ケアが当たり前になりつつあるけれど、日本ではまだまだ一般的ではないデリケートゾーンのケア。トラブルを寄せ付けないためにも少しずつデリケートゾーンのケアを始めて行きましょう。

※価格は全て編集部調べ

ライタープロフィール

美容家・永松 麻美

美容家・エステサロン&スクールSUHADA主宰。自身のニキビ・激太りから容姿コンプレックスに陥り根暗な10代を過ごす。綺麗になるためエステの道へ。「綺麗になる」を通し心や人間関係、人生まで前向きに変わって行く経験を人に伝えるため美容家として活動中。

【保有資格】

CIDESCOインターナショナルエステティシャン/CIDESCOアロマセラピスト/CIBTACエステティックトリートメント/日本エステティック協会上級エステティシャン/日本スキンケア協会認定校資格

    【あわせて読みたい】
    ▽デリケートゾーンケアについてもっと見る
    デリケートゾーンの黒ずみは下着のせい?見直したいコト5つ
    ビデの使い過ぎはNG!? デリケートゾーンのニオイを防ぐ方法5つ
    全ての女性に読んで欲しい。人生の幸福度を高めるデリケートゾーンのケアについて
    気になるけれど聞きづらい「みんなのアンダーヘア事情」を調査!

    【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
    シミ対策に◎!美白化粧品の選び方と美容家おすすめ4選
    たるみ毛穴対策に!おすすめコスメ6つとマッサージ法
    お風呂上がりにシワをチェック!タイプ別「シワ対策」2つ
    たるみ頬リフトアップ!「ほうれい線にサヨナラ」する顔ヨガまとめ

    【参考】
    アンティーム フェミニン ウォッシュ – アンティームオーガニック
    フェミニンオイル – yomogina
    アンティーム ホワイトクリーム – アンティームオーガニック

    Facebookでシェアする

    Twitterでシェアする

    ボディケア・ヘアケアの最新記事はこちら