ごきげん手帖

老け見えする目のクマ、なんとかしたい!種類別ケア法3つ

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

気になる目のクマ。あると老けて見えたり疲れて見えたり、美しさや健康から遠ざかって見えてしまいますよね。
なんとかしたいと思ってもなかなか改善しないのは「目のクマの種類」にあったケアをできていないからかもしれません。

目のクマには大きく分けて3つの種類があり、それぞれ原因と効果的な対策が異なります。今回は、クマの種類と種類別のケア方法をお伝えしていきます。

目のクマを気にする女性

(1)たるみが原因の黒クマ

年齢や骨格が原因で目の下に影ができて、黒っぽく見えるのが黒クマ。手鏡を持って天井を向いた時、薄くなるようなら黒クマの可能性大。年齢とともに目の周りのハリ・弾力が低下することが一因です。目の周りを囲む筋肉が衰え、周辺の脂肪が下がってしまいます。

クマの隠し方

また、むくみの放置はたるみが悪化してしまうので、むくませないことが大切。ハリ、弾力をUPさせるアイケア製品を使ったお手入れや、目の周りを囲む眼輪筋のトレーニングが有効です。

(2)血行不良が原因の青クマ

目の周りの血流が悪く、滞った血液が透けて青黒く見えるのが青クマ。目の疲れや冷え、寝不足や貧血などが原因です。
血流を良くすることで改善することが期待できるため、血行促進や温めるケアが有効。

マッサージ

お顔や頭皮などのマッサージ、ホットタオルや温かいアイマスク、全身の血行を良くする運動や入浴も改善に役立ちます。
ビタミンEなど血行を良くするといわれるビタミン入りの食材やサプリ、漢方茶などもぜひ積極的に摂取してみてください。

(3)色素沈着が原因の茶クマ

茶クマはメラニンによって茶色くなってしまっている状態で、いわゆるシミの一種です。目をこするなどの物理的な刺激、紫外線などが原因なので、原因を排除することと、美白ケアが有効。

目のアップ

アイメイクをするときも落とすときも、目の周りを優しく触る、目をこすらない、紫外線対策をする、美白系の化粧品を使用してください。

また、アレルギーなどで目の周りが頻繁に炎症を起こしたり、いつもかゆくてこするクセがあったりすると悪化しやすいので、気になる場合は皮膚科医に相談をするのも手。


目の周りは皮膚が薄く、まばたきなどによる動きも多く、クマはもちろんシワやシミ、たるみなどのトラブルが起きやすく年齢が出やすいパーツです。
今悩んでいる人も今はまだ悩みがない人も、優しく触る・こすらない・紫外線対策などの基本ケアをぜひ習慣化してくださいね。

ライタープロフィール

美容家・永松 麻美

美容家・エステサロン&スクールSUHADA主宰。自身のニキビ・激太りから容姿コンプレックスに陥り根暗な10代を過ごす。綺麗になるためエステの道へ。「綺麗になる」を通し心や人間関係、人生まで前向きに変わって行く経験を人に伝えるため美容家として活動中。

【保有資格】

CIDESCOインターナショナルエステティシャン/CIDESCOアロマセラピスト/CIBTACエステティックトリートメント/日本エステティック協会上級エステティシャン/日本スキンケア協会認定校資格

    【あわせて読みたい】
    ▽目のクマケアをもっと見る
    クマ、むくみ、たるみ…気になる目元のお悩み解決法まとめ
    老け見え防止!クマを自然にカバーするコンシーラー術
    #プレミアムコスメ vol.14『お疲れ顔をパッと明るくするコンシーラー』
    老け見えの原因!目元のクマ・たるみに効くツボマッサージ

    【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
    シミ対策に◎!美白化粧品の選び方と美容家おすすめ4選
    たるみ毛穴対策に!おすすめコスメ6つとマッサージ法
    お風呂上がりにシワをチェック!タイプ別「シワ対策」2つ
    たるみ頬リフトアップ!「ほうれい線にサヨナラ」する顔ヨガまとめ

    Facebookでシェアする

    Twitterでシェアする

    スキンケアの最新記事はこちら