ごきげん手帖

いつものコーヒー&紅茶にプラス!キレイを叶えるスパイス3つ

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

冬の休憩時間は、温かい飲み物でほっと一息入れて至福のひとときを過ごしたいものです。そんなティータイム、ひと手間加えて美容力をグンと上げてくれるものにしませんか?

そこで今回は、紅茶・コーヒーにプラスしてキレイを底上げする身近なスパイスを3つご紹介。飲めばポカポカ温まるので、ぜひお家や会社の引き出しにストックしてみてくださいね。

ジンジャーティー

おすすめスパイス(1)シナモン

薬膳の世界では「桂皮(けいひ)」と呼ばれており中薬(漢方薬)にも配合されています。そのパワーは経脈(けいみゃく)や臓腑(ぞうふ)を温めるパワーがあるので、冷えからくる不調を緩和してくれる効果が期待できます。

冷えると血の巡りが悪くなり、お肌のハリ・艶がなくなったり、くすみやすくなったりするので、この冬手元に置いておきたいスパイスの1つです。

シナモンパウダーは桂皮と同様のパワーがありますので、紅茶にさっと混ぜて飲むと手軽です。
ひと手間加えるならシナモンスティックを始め、様々なスパイスをコトコト煮て紅茶がベースのチャイを作るのもおすすめ。

シナモン

また、実はコーヒーとシナモンスティックの組み合わせも相性がいいのです。苦味の中に甘い香りが漂う新しい味わいですので、ぜひコーヒーがお好きな方はシナモンスティックを入れて飲んでみてください。

おすすめスパイス(2)ジンジャー

体を温めることで知られている生姜は、冷えからくる不調に幅広く活躍してくれる食材。
特に胃を温めてくれるので、胃の調子が良くない時はジンジャーをプラスしましょう。
胃の調子が悪いと食材の栄養が全身に行き届きませんので、胃のケアも大切に。

ジンジャーティー

手軽にプラスするなら紅茶にジンジャーパウダーをさっと混ぜるのがおすすめ。ジンジャーのピリッとした辛味が紅茶とマッチします。
はちみつや黒砂糖などで甘味を足しても美味しいですよ。

おすすめスパイス(3)スターアニス

薬膳の世界では八角(はっかく)と呼ばれており、ウイルスや細菌から守ってくれるパワーが期待できます。

スターアニス

また腎(じん)という成長ホルモンを労わる食材なので、エイジングを緩めてくれる効果が期待できるスパイスでもあります。

チャイを作る時に代表的なスパイスですが、いつもの紅茶にポトンとスターアニスをひとつ浮かべるだけでもスパイシーで美味しくなります。見た目も可愛く心躍るティータイムに! 


今やスパイスは、スーパーでも手軽に買える食材になりました。
今回ご紹介したものもスーパーで簡単に手に入りますので、ストックしていつもの紅茶・コーヒーにプラスして、内側からキレイを磨きましょう!

ライタープロフィール

薬膳ライフバランスプランナー・倉口ゆうみ

薬膳ライフバランスプランナー/国際薬膳調理師/コラムニスト。自ら抱えていた不調を、薬膳に出合い克服したことをきっかけに、同じ悩みを抱く女性の助けになりたいと思い、スクール歴代トップ5に入る成績で資格を取得。体質カウンセリング、レッスン、イベント開催の他、薬膳コラムも執筆中。簡単にできる薬膳の知恵をお届けしています。

【保有資格】

薬膳アドバイザー取得(Any認定)/薬膳インストラクター取得(Any認定)/国際薬膳調理師 資格取得(中国中医薬研究促進会認定)

    【あわせて読みたい】
    ▽きれいを底上げする!スパイス&ドリンクをもっと見る
    会社のデスクに忍ばせて!キレイを磨くスパイス&ドリンク
    カフェメニューのような味わいに。紅茶・コーヒーにプラスしたいスパイス
    ドリンク×スパイスで、冷えからカラダを守って。おすすめの組み合わせ4つ
    スタイルキープをサポート!冬に飲みたいハーブティー5選

    【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
    なぜ痩せない?管理栄養士が教えるファスティングの落とし穴
    今年こそ食べてキレイに!美容家が40歳から始めたこと3つ
    カルディで買える!食べてキレイになれる「おやつ」3つ
    「夜納豆」でダイエット!糖質制限もできる納豆レシピ4つ

    【参考】
    ※早乙女孝子 著(2016年)「漢方の知恵を毎日の食卓に いつもの食材 効能&レシピ帖」(つちや書店)
    ※日本中医食養学会編 著(2014年)「現代の食卓に生かす「食物性味表」改訂2版」(燎原書店)
    ※喩静・植木もも子著(2015年)「薬膳・漢方 食材&食べ合わせ手帖」(西東社)

    Facebookでシェアする

    Twitterでシェアする

    フード・食べ物の最新記事はこちら