ごきげん手帖

乾燥クセついてない?!健康うるおい美肌を育てる基本テク

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

空気が乾燥する冬、お肌もうるおい不足に陥りがちに。しっかり保湿できるコスメなどに頼るのも勿論良いのですが、まずは乾燥させてしまうクセや習慣がないかチェックしてみませんか? 

今回はエステサロン&スクールを主宰する筆者が、健康うるおい美肌を育てる基本テクニックを紹介します。

鏡を確認する女性

(1)クレンジング洗顔の基本

まずはクレンジング・洗顔時の温度をチェック。特にお風呂場で洗う方は身体や頭を洗う温度で洗顔していませんか? 
熱いお湯はそれだけでお顔のうるおいを奪い、お肌の乾燥を招きます。

特に42度を超えると一気に乾燥やかゆみリスクをあげてしまいます。洗顔の温度は32度くらいがベスト。ぬるま湯を心がけて。

洗顔をする女性

また洗浄剤を肌の上に長時間置いているのはそれだけで乾燥の原因になってしまうことも。クレンジング・洗顔ともに洗う時間は1分程度を心がけて、優しいタッチで洗ってくださいね。

(2)洗ったあとの保湿の仕方

クレンジング、洗顔でお顔を洗った後はまず保湿。保湿剤をつける重要ポイントは、洗顔後1秒でもはやくが基本。

スキンケアする女性

化粧水塗布後は浸透させるために時間を置く必要はありません。時間がたつとせっかく与えた化粧水の水分が蒸散してしまうので、すぐに乳液やクリームでフタをしましょう。

お肌は薄くとても繊細。お肌に吸収される水分にも限りがあるのでパンパンと肌を叩いたり、何度も重ね付けする必要はありません。

(3)日々の生活の中でのコツ

日常生活の中で乾燥させない一番のコツは、空気を乾燥させないこと。とくに長時間過ごす職場と寝室は加湿器などの使用をおすすめします。
オフィスでも使いやすいUSB接続の加湿器や簡易のミニ加湿器などもあるのでぜひ一工夫を。

どうしても職場で湿度を変えられない場合は、休憩時などメイク直しで乳液を持参して。

保湿ケアをしている女性

化粧水スプレーなどの水分よりも、乳液を軽くなじませるなど油分の補給を優先して。

また「遠回り」のように感じても、バランスの取れた食生活と質の良い睡眠は、健康と肌トラブルを寄せ付けないお肌の基本です。
忙しいときほど早く寝て、身体とお肌の回復を心がけてくださいね。


人のお肌は本来、自分で自分のお肌を潤す力を持っています。年齢の影響も受けますがそれ以上に、食や睡眠などに意識を向けず、スキンケアを疎かにしたり、逆に過剰にしたりすることによってお肌の機能が落ちると、何を塗っても乾燥するお肌にとっての非常事態になりかねません。
そうならないためにも、日々のちょっとしたコツを自分のものにして、潤いのある健康美肌を作ってくださいね。

ライタープロフィール

美容家・永松 麻美

美容家・エステサロン&スクールSUHADA主宰。自身のニキビ・激太りから容姿コンプレックスに陥り根暗な10代を過ごす。綺麗になるためエステの道へ。「綺麗になる」を通し心や人間関係、人生まで前向きに変わって行く経験を人に伝えるため美容家として活動中。

【保有資格】

CIDESCOインターナショナルエステティシャン/CIDESCOアロマセラピスト/CIBTACエステティックトリートメント/日本エステティック協会上級エステティシャン/日本スキンケア協会認定校資格

    【あわせて読みたい】
    ▽乾燥対策をもっと見る
    冬のキレイを底上げ!乾燥や胃腸ケアに◎な旬食材5選
    オフィスの引き出しに忍ばせて。乾燥肌のケアアイテム4選
    粉ふき乾燥肌の対策に。高保湿スキンケアアイテム3つ
    厳しい乾燥に負けない。高保湿フェイスパック5選

    【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
    シミ対策に◎!美白化粧品の選び方と美容家おすすめ4選
    たるみ毛穴対策に!おすすめコスメ6つとマッサージ法
    お風呂上がりにシワをチェック!タイプ別「シワ対策」2つ
    たるみ頬リフトアップ!「ほうれい線にサヨナラ」する顔ヨガまとめ

    Facebookでシェアする

    Twitterでシェアする

    スキンケアの最新記事はこちら