ごきげん手帖

まず足もとを温めて。コンラッド・スパスタッフに聞いたうるおい肌ケア

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

美しい肌を守るために欠かせないもの、それはうるおい。迫る厳しい冬に備えて、より濃密なケアをしたいところです。

コンラッド・スパ

そこで今回は、ハイグレードなトリートメントで知られるコンラッド大阪の「コンラッド・スパ」でセラピストを務める松本麻里さんにお話を伺いました。

松本麻里さん

保水力アップのために、まずは足もとを温めてみる

松本麻里さん

古賀:乾燥が気になるお客様には、どのようなセルフケアをご提案されていますか?

松本さん:化粧品やスキンケアを変えるのも手ですが、セラピストとしては普段の生活を少し変えてみることをおすすめします。

たとえば、足もとを温める。現代人はスマートフォンの使用や緊張で上半身にエネルギーが集まりがちで、下半身に水がたまりやすくなっています。足もとを温めてあげると、下半身の水分が上に上がりやすくなり、保水力が高まると考えられます。

古賀:化粧品で変えようとするよりも、乾きにくい肌づくりを目指す……。素敵ですね!

根本的に見直すならクレンジング、美容液をプラスしてみても

古賀:スキンケアも見直したいという場合は、何を変えればよいでしょうか?

松本さん:根本的に見直したいときは、クレンジングを変えてみてはいかがでしょうか。ミルクタイプのやさしい使い心地のもので、しっかりと落としきることが大切です。お化粧をしていなくても顔に汚れが付着するので、朝晩ともにクレンジングをしてあげるといいですよ。

美容液やマスクなどを一つ増やして、肌に刺激を与えてあげるのもいいですね。いつも使っているものだと肌が慣れてしまっているので、一つ変えてみるだけで肌はよろこんでくれますよ。しばらく続けて、前のものに戻すのもいいと思います。

美容液→化粧水、順番を逆にしてみる

松本麻里さん

古賀:普段使っているコスメを活用して保湿力を高めることはできますか?

松本さん:通常のケアでは、化粧水を塗ってから美容液やオイルをつけますが、あえて順番を逆にしてみるといいですよ。美容液もしくはオイルを先につけてから化粧水を塗ると、よりしっかりと保湿することができます。

「乾く前に塗る」が鉄則、オイルを上手に活用するのも◎

松本さん: あとは、乾く前に基礎化粧品をつけることも大切です。化粧水を浴室の入り口に置いておき、肌が濡れた状態で塗布すれば、乾く隙を与えることなく保湿できます。

さらに、水分がついている状態でオイルを塗布しておくと、最後のクリームを塗るまでの間に時間が多少空いても乾きにくくなります。オイルは美容液タイプでもいいですが、アロマショップで販売されているマカダミアナッツやキャロットシード、ローズヒップなどのキャリアオイルでもOKです。

仕上げは、乾燥が気になるときはこっくりとしたクリーム、気にならないときは乳液など、肌の状態に合わせて選ぶといいですね。

クレンジングにスクラブを混ぜて、マイルドな角質ケアを

コンラッド・スパ

古賀:ごわつきをなんとかしたいけれど、角質ケアによる肌への負担や乾燥が心配という方は、どのようなお手入れをすればよいですか?

松本さん:基本的には、スクラブやゴマージュで週に2回くらい角質を落とすといいと思います。肌がデリケートな方は、ごわつきがちなパーツのみ角質ケアをするのも一つの手です。スクラブの肌あたりに不安を感じる場合は、クレンジングにスクラブを混ぜてお手入れすると、摩擦が和らぎますよ。

古賀:スクラブやゴマージュも、使い方次第で肌への負担を調整できるんですね。

テカリが気になる方も、保湿ケアに力を入れてみて

古賀:頬はカサつくけれど、Tゾーンはテカるという方は、どのようにケアすればいいでしょうか?

松本さん:カサつきとテカリのどちらも気になる方は、乾燥によって皮脂が過剰に分泌されている可能性があります。テカリにお悩みの方も、まずあえて顔全体を保湿力のあるパックやマスクでケアしてみてください。保湿されることで皮脂の分泌がゆるやかになるかもしれません。

ますますテカリが強くなってしまった場合は、Tゾーンは皮脂を吸着する泥パックのようなマスク、頬は保湿力のあるマスクのように、使い分けのお手入れを。スパのトリートメントでもよく行っている方法です。

うるおい肌を保つためにやるべきデイリーケア

コンラッド・スパ

古賀:コンラッド・スパが考える、うるおい肌を保つためのデイリーケアについて教えてください。

松本さん:忙しくても15分は入浴する。23時から1時の間には寝る。朝日を浴びる。深呼吸をする……。こうした毎日の習慣を大切にしていただきたいです。

お風呂はそこまで高くない温度のお湯に15分くらい浸かり、お腹から温めます。時間がないときは、足湯でも構いません。就寝時は寝る前に少し照明を落としておき、寝るときに真っ暗にするといいですね。起床したら朝日を浴びるとスイッチが入り、体内のリズムが目覚めます。

そして、深呼吸を意識してみてください。深く呼吸をすることで横隔膜を動かして腹式呼吸をするため、エネルギーをたくさん使うそうです。体全体が温かくなって、全身のめぐりがよくなるといわれています。

こうしたケアは肌に直接働きかけるわけではありませんが、毎日の積み重ねが美しい肌につながると考えています。

古賀:毎日の暮らしを少し変えてみるだけで、肌のうるおいアップも期待できるんですね。肌も心もイキイキとしそうなので、早速心がけてみます。

シスレーとのコラボレーショントリートメントを体験!

シスレートリートメント

コンラッド・スパでは、「シスレー」とのコラボレーションメニューを開始。関西でシスレーのトリートメントを受けられるのは、コンラッド・スパだけなのだとか。コスメカウンターのサービスとはひと味違う、贅沢な時間を堪能できます。

筆者は水分不足をケアする「エッセンシャル スパ フェイシャル ハイドレーティング」のトリートメントをしていただきました。

エッセンシャル スパ フェイシャル ハイドレーティング

施術では、こんなにも多くのアイテムが使われたそうです。シスレーのコスメは1点ずつ香りが異なるため、さまざまな香りを楽しませていただきました。

38階に位置するコンラッド・スパ

38階に位置するコンラッド・スパは、大阪を一望できるところも魅力のひとつ。壮大な景色を眺めながらのリラクゼーションタイムは、まさに至福のひとときです。

コンラッド・スパ

日本初導入となった「ヘア リチュアル スカルプ マッサージ」はすべてのシスレートリートメントで実施。ソファで眺望を楽しみながら頭皮ケアまでしてもらえました。

ヘア リチュアル スカルプ マッサージ

終了後はフェイシャルケアだったはずが、まるで全身をほぐしてもらったような感覚に。日常生活の喧騒を忘れてスパで過ごした時間は、まさに夢心地です。

肌はしっかりうるおっているのに、ベタつきのない理想的な状態。毛穴の黒ずみも気にならなくなり、仕上がりの感動はしばらく忘れられそうにありません。

最初は身分不相応なのではないかと不安だった筆者ですが、親しみやすく接してくださるみなさんのおかげで緊張がほぐれ、心穏やかに過ごすことができました。

コンラッド・スパ

リュクスなスパは、自分へのごほうびにぴったり。今回お聞きしたうるおいケアに加えて、プロから肌にあったお手入れをアドバイスしてもらえば、より充実したスキンケアを実現できるのではないでしょうか。

【取材協力】

コンラッド・スパ 松本麻里(まつもと・まり)さん

ライタープロフィール

美容ライター・古賀令奈

ライター/エディター/コスメコンシェルジュ。美容をはじめヘルスケア、ライフスタイル、ビジネス、医療などの記事を大手企業のオウンドメディアにて多数執筆。コスメへの情熱は人一倍! みなさまにワクワクをお届けします。

【保有資格】

日本化粧品検定1級コスメコンシェルジュ

    【あわせて読みたい】
    ▽乾燥ケアについてもっと見る
    オフィスの引き出しに忍ばせて。乾燥肌のケアアイテム4選
    粉ふき乾燥肌の対策に。高保湿スキンケアアイテム3つ
    厳しい乾燥に負けない。高保湿フェイスパック5選
    秋冬の乾燥に負けない肌を作る!注目の高保湿スキンケア5選

    【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
    発色アップ!「アイシャドウベース」の使い方とおすすめ4選
    斬新なアイテムが続々登場!美容家が大注目のファンデ4つ
    メイク上手になれる基本の「き」化粧の基本と正しい順番
    美容家が注目!華やか旬メイクが叶うプチプラコスメ4選

    【参考】
    コンラッド・スパ – コンラッド大阪
    シスレー

    Facebookでシェアする

    Twitterでシェアする

    スキンケアの最新記事はこちら