ごきげん手帖

食べるときが楽しみ!「美味しさをそのままに」冷凍する方法

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

ご飯やパン、野菜などを手軽に美味しく食べるために、冷凍を活用している方も多いのではないでしょうか。

冷凍保存は、上手に使いこなせば、美味しさをそのままに食べることができますが、冷凍の仕方や解凍方法を間違えると、美味しさが半減してしまいます。

冷凍食材

美容と健康に役立つ食スタイルを提案して15年、美養フードクリエイターの筆者が、「美味しさをそのままに冷凍する方法」をご紹介します。

■美味しさをそのままに冷凍する方法

(1)ごはん

白米ごはん

ごはんを冷凍するときは、炊き立ての熱いうちに、1膳分ずつラップフィルムに包みますこのまま熱いうちにジップ付きの保存袋に入れて冷凍します。ラップフィルムだけでなく、保存袋に入れて二重に包むことで、匂い移りなどを防ぎます。

熱いものを冷凍庫に入れることに抵抗がある方は、冷めるまで放置します。アツアツのうちにラップで包むことで、冷める過程で自然と空気が抜けて半真空のような状態になります。冷めたものを保存袋に入れて冷凍しましょう。

解凍方法

冷凍のまま、もしくは冷蔵庫で自然解凍したものを電子レンジで温めます。

(2)パン

パン

パンは、たとえ2〜3日で食べきることができる量であっても、冷凍したほうが美味しく保存できます

食べやすい厚さにカットしたパンを、保存袋に入れて冷凍します。冷凍したパンは、思いのほか固くカットしにくいため、必ず食べやすい厚さにカットしてから冷凍しましょう。

解凍方法

冷凍のまま、もしくは常温で自然解凍してから、トースターで焼きます。

(3)キノコ

キノコ

キノコも、冷凍保存が可能な食材です。とくに、なめことエノキダケは、冷凍することでうま味が増すことがわかっています。

使いやすい大きさに分けてから、保存袋に入れて冷凍しましょう。

解凍方法

解凍すると水分が出て、味も食感も悪くなってしまいます。冷凍のまま調理しましょう。

(4)野菜

野菜

野菜も冷凍保存は可能ですが、解凍する際に水分が抜けてしまい、食感が悪くなるだけでなく、栄養も流れ出てしまいます。冷凍のまま調理しても食感が悪くなりますので、あまりおすすめではありません。

野菜スープやお味噌汁に入れる場合には、細かくカットして冷凍し、キノコと同じように冷凍のまま調理しましょう。

せっかくの食材を無駄にしないため、冷凍を活用して、美味しく食べきりたいですね。

ライタープロフィール

美養フードクリエイター・中医薬膳師 岩田まなみ

料理教室Manami’s Kitchen主宰。パリのEcole Ritz Escoffierにてフランス料理を学びDiploma取得、本草薬膳学院にて薬膳を学び、中医薬膳師の資格を取得。自著「ヤセ菌が増えて太らない食べ方」(2016年・自由国民社)。コラム執筆、雑誌、TVなど多数のメディア出演実績がある。

【保有資格】

・Ecole Ritz Escoffier Diploma
・中医薬膳師
・健康リズムカウンセラー
・味覚カウンセラー(スタンダード)

【あわせて読みたい】
実は「生よりも冷凍した」方が栄養価UPする野菜があるって知ってる!?
もうムダにしない!自家製冷凍野菜のつくりかたと活用法
毎日の食費を賢く節約!スーパーでまとめ買いするべきもの10選
きちんと続けられて安心安全ヘルシー!週末作り置きのキホン

【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
40代からの腸活に◎!「毎日食べたいフルーツ」3つ
ダイエット中は「おにぎり」が正解!?加えたい具材2つ
「酵素ジュース」は砂糖不使用で出来る!作り方のポイント
ダイエットに今日から始めたい!ヤセ菌が増える食べもの5つ

【参考】
きのこの美味しさを測定する – 北海道立総合研究機構

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

フード・食べ物の最新記事はこちら