ごきげん手帖

毎日摂りたい!アラサーに必要な5つのエイジングケア成分

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

アラサーになったら、そろそろ「エイジングケア」という言葉が気になってくるもの。10代や20代前半の頃と違って、ある程度の努力なしでは美肌をキープするのが難しくなってきます。

そこで今回は、アラサーが毎日摂りたいエイジングケア成分をインナービューティー料理研究家の筆者がご紹介。
身近な食材で取れるものばかりなので、毎日の食生活に上手に取り入れてみて。

サラダ 女性

抗酸化ビタミン

エイジングケアに欠かせない栄養素といえば「抗酸化ビタミン」。「抗酸化力」とは、細胞老化の原因となる活性酸素の過剰な働きを抑える働きのこと。美肌作りや元気な体作りに欠かせない栄養素です。

中でも「抗酸化トリオ」と呼ばれるのが「ビタミンA」「ビタミンC」「ビタミンE」の3つのビタミン。「ビタミンエース(ACE)」とも呼ばれています。
これらは相乗効果で抗酸化作用がより一層高まると言われているため、単体で摂るよりも組み合わせるのがおススメです。

ビタミンA

卵

ビタミンA(カロテン)は、卵・人参・赤ピーマン・豆苗・カボチャ・うなぎのかば焼き・レバー類などに特に多く含まれています。

油脂類との相性が良いため、無駄なく摂取するためには炒め物など油調理がおススメ。
目や粘膜、お肌を乾燥から守る働きもあります。冬の乾燥対策のためにも毎日積極的に取り入れて。

ビタミンC

みかん

ビタミンCは、ミカンやレモンなどの柑橘類全般・サツマイモなどのいも類などに多く含まれています。水に溶け出しやすく熱に弱い性質のため、生食がおススメ。

イモ類のビタミンCは豊富なでんぷんで守られているので、水に流出・熱で損失しにくいのでご安心を。サツマイモなどを細切りにして味噌汁の具材にすれば汁ごと頂けるのでおススメ。

ビタミンE

ナッツを食べる女性

ビタミンEは、くるみやアーモンドなどのナッツ類・カボチャ・オリーブオイルなどに豊富です。ナッツ類はデスクに忍ばせておけばおやつ代わりに手軽にいただけます。サラダやヨーグルトにトッピングしてもおいしいですよね。ビタミンAと同じく油調理もおススメ。

ビタミンEは血流を促進する働きもあるので、冬の冷え予防のためにも毎日積極的に取り入れて。

おススメの食べ方

相乗効果を発揮するためには、ビタミンAやビタミンEが豊富な食材を油調理し、仕上げにレモンなどの柑橘類をキュッと絞るのが手軽でおススメ。

ビタミンCが豊富な柑橘類を取り入れたサラダに、ビタミンEが豊富なオリーブオイルをドレッシング代わりに回しかけるのも◎。

ポリフェノール

ブルーベリーや赤ワインなどに豊富な「ポリフェノール」も、抗酸化作用が非常に高い栄養素。
美容のためにはもちろん生活習慣病対策でも注目されている栄養素です。

毎朝ヨーグルトにブルーベリーをトッピングするほか、お酒を飲むなら赤ワインをチョイスしてみましょう。

たんぱく質

たんぱく質は新しい細胞のもとになる重要な栄養素。新陳代謝をスムーズに行い、元気な新しい細胞を作り続け、美しいお肌作りや健康な体作りのためのベースとなります。

タンパク質の多い食材

たんぱく質は炭水化物や脂質と並んで重要なエネルギー源(3大栄養素)のひとつでもあります。良質なたんぱく質は、肉の赤身や魚類、卵、納豆などの豆製品に豊富です。


いかがでしたか? 身近な食材をバランスよく組み合わせることで、毎日のエイジングケアが叶います。

栄養の豆知識を覚えるのが苦手な方は、食材の「彩り」を意識すればOK。赤・黄・緑・茶色・白が揃えば、自然と栄養バランスは整うものです。
健やかな三十代を過ごすためにも、食べるものを意識して選び、体の中からキレイと元気を磨きましょう!

ライタープロフィール

インナービューティー研究家/フードコーディネーター・國塩 亜矢子

「インナービューティー」を軸とした料理教室、コラム執筆・レシピ開発等を通じ、女性のライフステージごとに関わる「食×美」の大切さを幅広く発信中。二児の母。著書「決定版!節約冷凍レシピ」(宝島社・共著)

【保有資格】

ベジフルビューティーアドバイザー/女子栄養大学認定食生活指導士1級

    【あわせて読みたい】
    ▽食べて内側からキレイに!食べ痩せ記事をもっと見る
    おいしくキレイ!簡単で大満足なダイエットスープレシピ
    オフィスでおいしく紫外線ケア!キレイを作るおやつ3選
    毎日食べたい美容魚!旬のさんまを使った簡単アレンジレシピ3選
    食べなきゃ損!代謝UPや貧血予防に◎な「さんま」の栄養

    【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
    なぜ痩せない?管理栄養士が教えるファスティングの落とし穴
    今年こそ食べてキレイに!美容家が40歳から始めたこと3つ
    カルディで買える!食べてキレイになれる「おやつ」3つ
    「夜納豆」でダイエット!糖質制限もできる納豆レシピ4つ

    【参考】
    ※吉田企世子・松田早苗/監修(2016年)「あたらしい栄養学」(高橋書店)
    ※上西一弘/著(2016年)「栄養素の通になる」(女子栄養大学出版部)
    ※板木利隆/監修(2008年)「からだにおいしい野菜の便利帳」(高橋書店)
    ※吉田企世子/監修(2008年)「旬の野菜の栄養辞典」(エクスナレッジ)
    ※蒲池桂子,川口 由美子/著(2010年)「美肌美人栄養学」(エクスナレッジ)
    ※三輪 正幸/監修(2012年)「からだにおいしいフルーツの便利帳 (便利帳シリーズ)」(高橋書店)
    ※伊達友美/著(2010年)「食べる美女肌セラピー」(エクスナレッジ)
    ※田中敬一・原田都夫・間苧谷徹/著(2016年)「科学的データでわかる 果物の新常識」(誠文堂新光社)
    ※斎藤糧三/監修(2016年)「スーパーフード事典 BEST50」(主婦の友社)
    ※藤原昌高/著(2011年)「からだにおいしい魚の便利帳」(高橋書店)
    ※白澤卓二/著(2018年)「医者が教える最強の食事術」(宝島SUGOI文庫)

    Facebookでシェアする

    Twitterでシェアする

    フード・食べ物の最新記事はこちら