ごきげん手帖

【秋のダイエットレシピ】美腸へ導くエノキとキムチのヘルシー鍋

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

秋は美味しいものがたくさんあって体重管理が難しいですよね。
ダイエット中でも食べる量を減らしたくないという人におススメなのがお鍋。あたたかいお鍋は少量でも満腹感があるので、暴飲暴食予防にも◎!

美腸に導く! エノキとキムチのヘルシー鍋

今回は食べ応え抜群で低カロリーなのはもちろん、腸内環境を整えるといわれている食物繊維+発酵食品+オリゴ糖を食材に加えて美腸も狙えちゃう、そんなお得なレシピをご紹介します。

身体をあたためる食材でもあるニラやショウガを使うので、これからの季節の冷え取りとしても重宝しますよ。

キノコと豆腐のヘルシーキムチ鍋

ダイエット中は意識的に食べる量をセーブする人が多いので、便秘になる人もいます。

エノキやハクサイなどの野菜に含まれる食物繊維は腸内の不要物を排出する手助けをしてくれるので、便秘改善効果が期待できますよ。

また、野菜に多く含まれる食物繊維+キムチなどの発酵食品+タマネギなどのオリゴ糖の組み合わせは、腸内の善玉菌を増やす働きがあるといわれています。
これらの食材を使ったキムチ鍋には腸内環境を整える働きも期待できますね。

女性のお腹

タンパク質として今回チョイスしたのは、ダイエット中におススメの高たんぱく&低カロリーな食材、豆腐。
お好みで豚肉を入れたり、とき卵をいれても美味しいと思います。

野菜が多いので必然的に咀嚼回数もUP! よく噛むことは、満腹中枢を刺激して暴飲暴食予防にもなるといわれています。

美腸へ導く! エノキとキムチのヘルシー鍋

<材料>2人分

エノキ 1袋
ニラ 4束
ハクサイ 100g
タマネギ 2分の1個
キムチ 150g
豆腐 2分の1丁

A
水 600ml
鶏がらスープの素 各大さじ1
醤油・みりん・おろしニンニク・おろしショウガ 各小さじ1ずつ

粉トウガラシ・塩・コショウ 適宜

<作り方>

1. ハクサイ、ニラは水洗いをして食べやすい大きさに切る。タマネギは薄切りに、エノキは石づきを切り落として縦半分に切る。豆腐は食べやすい大きさに切っておく。

2. Aを入れた鍋にニラ以外の全ての食材を(キムチも含む)入れて強火にかける。
一度沸騰させアクをとったら中弱火で10分弱煮込み、8割方火が通ったらニラを入れて1〜2分煮込んだら完成。
塩・コショウで味を整え、お好みで粉トウガラシをかけていただく。


簡単につくれるので、ダイエット中の定番メニューにしてみてはいかがでしょうか。

ライタープロフィール

ベジ活アドバイザー・(一社)食べてキレイになる協会理事・生井理恵

日本野菜ソムリエ協会で野菜ソムリエなどの資格を取得後、食べてキレイに健康になることでQOLをあげることを目的とした社団法人を設立。企業やレストランへのメニュー提案やレシピ、商品監修も精力的にこなす他、講演や食育活動もおこなう。著書に「ママとキッズの楽しいベジ活」(ワニブックス)がある。食べてキレイになる料理教室主宰。

【保有資格】

野菜ソムリエ/ベジフルビューティーアドバイザー/食育マイスター

    【あわせて読みたい】
    ▽食べ痩せダイエットをもっと見る
    【食べ痩せレンチンレシピ】サラダ感覚で食べるヨーグルトスイートポテト
    朝ごはんで1日を有意義に!ダイエット効果も期待できる理由とは
    痩せ体質をめざす!代謝をあげる朝スープレシピ
    食べ痩せや美肌作りに最適!秋のお味噌汁レシピ

    【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
    なぜ痩せない?管理栄養士が教えるファスティングの落とし穴
    今年こそ食べてキレイに!美容家が40歳から始めたこと3つ
    美容に◎!高カロリーだけど「美容と健康に役立つ食品」4つ
    「酵素ジュース」は砂糖不使用で出来る!作り方のポイント

    【参考】
    えのき – わかさの秘密
    腸内細菌と健康 – 厚生労働相
    噛む8大効用 – 8020推進財団

    Facebookでシェアする

    Twitterでシェアする

    フード・食べ物の最新記事はこちら