ごきげん手帖

朝ごはんで1日を有意義に!ダイエット効果も期待できる理由とは

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

最近「朝ごはんは食べない派」なんて方を多くお見かけします。でも朝ごはんを食べることで、一日を有意義にすごせるだけでなく、痩せやすい体になる可能性が高いのです。

今回は朝ごはんをとるメリットとその大切さについて栄養士である筆者がご紹介します。

朝ごはん

朝ごはんを食べないと体が目覚めない

朝起きて目は覚めていても、体はまだ目覚めていません。朝ごはんを食べることで体がリセットされて活動モードになります。

目覚まし時計を止める女性

そのため、朝ごはんを食べると体が目覚め、午前中を活動的に過ごすことができます。

一方、朝ごはんを食べないと、元気がでなかったり、頭が上手く働かなくなったりすることもあるでしょう。

朝ごはんを食べると痩せやすくなる

朝食後、体が活動モードになることは前述しましたが、エネルギーの消費もしやすくなります。
それだけでなく、ランチの食べ過ぎを防ぐ効果も期待できるのです。

ウエストを測る女性

お相撲さんは太りたくて朝食を抜き、稽古をして昼食にたくさんの食事を摂ります。空腹時に糖質の多いものをとると、体脂肪が蓄えられやすくなるといわれているからです。

このことからも朝ごはんを食べたほうが痩せやすくなることがわかると思います。

朝ごはんを食べると気分が悪くなる人は?

朝ごはんを食べると気分が悪くなるという方は、まず水分だけは取りましょう。寝ている間に不足した水分を補うために、水や白湯を飲むようにします。

飲み物をのむ女性

最初のうちは野菜のお味噌汁やスープなど喉の通りが良いものから始めてみましょう。ヨーグルトなども食べやすいですね。

慣れてきたら、野菜やパンやご飯、卵、納豆などバランスの良い食事を食べるようにしましょう。

朝ごはんを食べるために変えたい生活習慣

夜遅い時間に食事をする、夜食を食べることが多い、夕食後にお菓子を食べるなどをしていると、朝に空腹の状態で目覚めることができません。

夜遅くに食事をとらないといけない理由がある場合は、夕方に主食を食べて、帰宅してから野菜や豆腐といった消化の良いものを食べて夕食をすませることをおすすめします。夜食や夕食後のお菓子は控えて。


朝ごはんを食べれば、午前中から元気に活動することができるので、一日を有意義に過ごせるはず。ぜひ朝ごはんを食べる習慣を身につけましょう。

ライタープロフィール

株式会社アリオール 代表取締役・岡野 ユミ

栄養士、肥満予防健康管理士上級講師、美肌マイスター講師。「食べ痩せダイエット」の第一人者。「食べてきれいに痩せてリバウンドしない」をテーマにダイエット指導を行う。溢れるダイエット、アンチエイジングや美肌の情報を精査して正確で信頼できる情報をお届けします。

    【あわせて読みたい】
    ▽朝ごはんで良い一日を!関連記事をもっと見る
    太りにくい身体を作る!ゆる糖質オフ朝ごはんメニュー
    飲むだけで代謝UP!朝ごはんにプラスしたい飲み物3つ
    会議に備えて!仕事のパフォーマンスを高める朝ごはん3つ
    最高な一日の始まりに!オシャレなワンプレート朝ごはんのつくり方

    【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
    なぜ痩せない?管理栄養士が教えるファスティングの落とし穴
    今年こそ食べてキレイに!美容家が40歳から始めたこと3つ
    カルディで買える!食べてキレイになれる「おやつ」3つ
    「夜納豆」でダイエット!糖質制限もできる納豆レシピ4つ

    【参考】
    ※香川靖雄 著(2015年)『食べる量が少ないのに太るのはなぜか』(幻冬舎)

    Facebookでシェアする

    Twitterでシェアする

    フード・食べ物の最新記事はこちら