ごきげん手帖

ごわつく秋肌。アラサー世代がスキンケアで意識したいこと

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

毎年、秋口に肌のごわつきはを感じる、という方は多いのではないでしょうか。
肌がごわつくと、ファンデーションのノリが悪くなってしまったり、スキンケアアイテムの浸透が悪くなったりしますよね。

ごわつきを解消するためには、主な原因である古い角質を取り除くケアが一般的ですが、アラサー世代の肌は、取り除くケアだけではいけません。

今回は、ごわつき肌を解消しつつ、やわらかい肌を保つためのスキンケアをご紹介します。

ごわつきを寄せ付けないための肌作りは“保湿” がキーポイント

肌がごわついてしまう原因

ごわつきの正体は、「古い角質」。角質は本来ならターンオーバーとともに自然と剥がれ落ちるものなのですが、肌の乾燥などによってターンオーバーが乱れてしまうと古い角質が肌の上に溜まってしまいます。

肌のごわつきは、見た目や手触りが悪くなってしまうだけでなく、ファンデーションのノリが悪くなってしまったり、くすんでしまったりと、様々な肌トラブルに繋がってしまう可能性があるので、しっかりケアしてあげることが必要です。

ごわつきを解消する“角質ケア”はペースが大事

ごわつきを解消するためのケアは“角質ケア”が有効だけど注意が必要

肌のごわつきを解消するためには、古い角質をふきとり化粧水やピーリング、ゴマージュ、酵素洗顔などで取り除いてあげることが有効です。

適切なタイミングで角質ケアを取り入れれば、ふんわりとした柔らかな肌を目指すことができます。

とはいえ、角質ケアはやりすぎてしまうと、反対に肌に負担をかけてしまう可能性があるので、やり過ぎは禁物です。

大切なのは、ごわついてからケアするのではなく、ごわつかせないためのケアを日ごろから心がけることにあります。

ごわつきを寄せつけない肌作りは“肌負担の少ないケア”と“保湿”がキー

ごわつきを寄せ付けないための肌作りは“保湿” がキーポイント

ターンオーバーが乱れる原因のひとつに、肌の乾燥があります。

ごわつきをなんとかしたい! という気持ちから、過度な洗顔や角質ケアをしてしまうと、さらなる肌の乾燥を招きかねません。
アラサー女性のお肌は思っているよりも乾燥している可能性が高いので、角質ケアと同時にしっかりとした保湿を意識しましょう。

皮脂を取りすぎないやさしいもので汚れを落とし、化粧水をたっぷり使ってしっかりと保湿をするなど、肌に負担をかけないケアと保湿を意識することが大切です。


とっても基本的で地味なケアに思えますが、洗浄力のやさしいクレンジングとたっぷりの保湿、この2つを心がけるだけでごわつきにくくなるだけでなく、美肌を目指すこともできるはずです。

ぜひ、日々のお手入れで心がけてみてくださいね。

ライタープロフィール

美容ライター・剱持百香

外見だけでなく内側からも美しくなりたいという想いを抱き、日本化粧品検定をはじめとする美容資格を取得。 コスメ、スキンケアの最新情報や『紫外線マスター』として徹底的なUV対策・美白ケアの重要性を発信中。

    【あわせて読みたい】
    ▽ごわつくお肌の対策方法をもっと見る
    大人のくすみ・ごわつき肌におすすめの洗顔アイテム3つ
    毛穴の目立ちやごわつきを一掃!夏疲れのお肌に使いたいアイテム4つ
    デイリーケアにもスペシャルケアにも!2018夏~秋の新作シートマスク5選
    潤うのに、汚れはしっかり除去!話題のミセラーアイテム5選

    【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
    発色アップ!「アイシャドウベース」の使い方とおすすめ4選
    斬新なアイテムが続々登場!美容家が大注目のファンデ4つ
    メイク上手になれる基本の「き」化粧の基本と正しい順番
    美容家が注目!華やか旬メイクが叶うプチプラコスメ4選

    【参考】
    季節の変わり目は要注意!秋のごわつき肌ケア – シロノクリニック
    敏感肌・乾燥肌 – 神戸山手クリニック 皮膚科・形成外科・美容皮膚科

    Facebookでシェアする

    Twitterでシェアする

    スキンケアの最新記事はこちら