ごきげん手帖

猛暑を乗り切ろう!夏バテを予防するOK・NG食材

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

連日の猛暑で疲れが抜けない、食欲がないなど、夏バテしてしまう人もいるのではないでしょうか。中医学でも「夏バテ」の考え方があるのですが、現代ではさらに悪化する要因が加わり、夏バテしやすい環境が整っていると考えられます。

イベントや夏休みなど、楽しみが多い夏、夏バテしていたらもったいないですよね。こんな時は生活の基軸となる食生活を正すことが大きな力になります。夏には夏の、元気に過ごすためのヒントが薬膳の知識にありますよ。

そこで今回は、国際中医薬膳師の筆者が、「夏バテを防ぐOK食材とNG食材」をご紹介したいと思います。

スイカを食べる女性

中医学的「夏バテ」のメカニズム

中医学には季節ごとに気をつけたい邪気というものがあります。邪気とは自然界で起こる湿気や乾燥、暑さのことで「風、寒、暑、湿、燥、火」の6つがあります。

そのうち、夏は暑邪と湿邪が体に影響を与え、夏バテに。プラス、現代社会ではエアコンの影響で、本来は冬の邪気である寒邪も夏バテの原因に。

暑さを我慢する女性

日中の厳しい暑さ(暑邪)が体力を消耗し、高い湿度(湿邪)が胃腸の働きを低下させ食欲不振、軟便などに。食欲が落ちて食べないことで体力が回復できず、さらに夏バテになってしまいます。

また、クーラーで冷やされたり、冷たい飲食で体が冷え(寒邪)、疲労回復に必要な陽気が不足、汗をかかないため身体に老廃物が溜まって代謝が落ち、夏バテが悪化するというのが、中医学の「夏バテ」の考え方です。

夏を元気に過ごすための薬膳食材

夏を元気に過ごすために、積極的に食べたい食材と、食べ方を工夫したい避けたい食材を薬膳の視点からご紹介します。

積極的に食べたい食材

スイカ

・熱を冷まして湿をとるもの・・・暑熱によって体内にこもった熱をとり、余分な水分を排出する

スイカ、きゅうり、ゴーヤなどの旬の寒冷食材

・弱った胃腸を労わるもの・・・胃腸の働きを助けてくれる

山芋、じゃがいも、かぼちゃ、クコの実など

・食欲不振に・・・食欲増進効果がある

唐辛子、ニンニク

夏に避けたい食材

美味しそうに食事を摂っている女性

・冷たいもの・・・胃腸を冷やして機能を低下させ、夏バテを悪化させる

生もの、生サラダ、ビール、氷入りの飲み物などは摂り過ぎに注意。ほかの食材との組み合わせで中和させるなど工夫をしましょう。

・脂っぽいもの・・・胃腸に負担をかける

揚げ物、スナック菓子など。体力をつけようとして無理に食べない、食欲がないからとお菓子で済ませないようにしましょう。


いかがでしたか? 避けたい食材も、食べてはいけないわけではありません。例えば冷奴に温め効果のあるネギや生姜をたっぷりかけるなどすると、体を冷やし過ぎずに食べられます。

体が冷えていると感じるときは、冷たいお蕎麦ではなく温かいお蕎麦にするなど、自分の身体と向き合って、食材を選ぶと夏バテを回避できそうです。ぜひ参考にしてくださいね。

ライタープロフィール

紅華堂主宰・国際中医薬膳師・坂本 雅代

大手エステティックサロン店長を経て独立起業。エステティシャン歴は16年となり、これまでに男女延べ1万人以上を施術。現在は施術の他、エステ講師、美容ライターとして活動中。

【保有資格】

国際中医薬膳師/中医薬膳師/JREC認定リフレクソロジスト/骨気小顔管理士/ファセテラピー

    【あわせて読みたい】
    ▽夏バテ対策をもっと見る
    美白ケアや夏バテ予防に!火を使わず5分で作れるヘルシーレシピ
    夏バテ対策にも◎オクラと納豆のネバネバ丼 #ヘルシー残業ご飯
    暑くて身体がだるい…。夏バテのときに食べたいもの3選
    夏バテにはこれ!日本が誇る身近なスーパーフード3選

    【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
    なぜ痩せない?管理栄養士が教えるファスティングの落とし穴
    今年こそ食べてキレイに!美容家が40歳から始めたこと3つ
    カルディで買える!食べてキレイになれる「おやつ」3つ
    「夜納豆」でダイエット!糖質制限もできる納豆レシピ4つ

    Facebookでシェアする

    Twitterでシェアする

    フード・食べ物の最新記事はこちら