ごきげん手帖

美白ケアや夏バテ予防に!火を使わず5分で作れるヘルシーレシピ

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

暑い夏にピッタリな簡単に作れるおつまみレシピを、インナービューティー料理研究家の筆者がご紹介。どれも火を使わず、少ない材料で短時間で作れます。

火を使わず5分で作れるヘルシーレシピ

真夏に不足しがちな塩分を程よく補給しつつ、おつまみにピッタリなテイストに仕上げた副菜は、忙しい毎日の常備菜としても◎。

どれも冷蔵庫で約2日間保存可能です。お酒のおつまみに日々のごはんに、ぜひご活用ください。

夏野菜の塩昆布サラダ

夏野菜の塩昆布サラダ

<材料>作りやすい分量

・トマト(大) 1個

・キュウリ 1本

・みょうが 1本

・ごま油 大さじ1

・塩昆布 ふたつまみ

<作り方>所要時間約5分

1. 野菜類はよく洗いキッチンペーパーで水気を拭き取る。トマト、キュウリはざく切りにする。

2. みょうがはみじん切りにし、水に数分漬けてアク抜きしたあとよく絞る。

3. 保存容器に切った野菜類とごま油を入れてよく和える。

4. 塩昆布を加えてよく和えれば完成。

塩昆布のほど良い塩気とごま油の香ばしい香りが食欲をそそります。清涼感のあるミョウガを加えてより夏らしく。

ごま油でコーティングすることで野菜類の水分が出にくくなります。トマトとみょうが、キュウリとみょうがだけでもおいしいです!

<インナービューティーポイント>

トマトのリコピンで紫外線ケア、美白ケアを。キュウリに豊富なカリウムでむくみ予防、たっぷりの水分で体をクールダウンして夏バテ予防を。

タマネギの梅胡麻和え

タマネギの梅胡麻和え

<材料>作りやすい分量

・タマネギ 1個

・梅干し 1個

・ぽん酢 大さじ1

・炒りごま(白) 大さじ1

<作り方>所要時間約3分

1. タマネギは皮を剥いて芯を除き薄切りにする。ラップに包んで電子レンジで1分加熱する。

2. 梅干しは種を除いて包丁でたたく。ぽん酢と混ぜて梅肉ソースを作る。

3. 保存容器に12を入れてよく混ぜ、最後に炒りごまを指の腹で潰しながら加えて全体をよく和えれば完成。

<インナービューティーポイント>

梅干しに含まれるクエン酸で夏の疲労回復をサポート。生タマネギに豊富な硫化アリルでサラサラの血液作りをサポート。ごまに豊富なセサミノールなどの抗酸化成分でアンチエイジングをサポート。

ゆで卵と生ハムのオリーブオイル和え

ゆで卵と生ハムのオリーブオイル和え

<材料>作りやすい分量

・ゆで卵(作り置き) 2個

・生ハム(大) 1枚

・EXVオリーブオイル 大さじ1

・黒こしょう 少々

<作り方>所要時間 約5分(ゆで卵を作る時間は除く)

1. ゆで卵をざく切り(約10等分)にする。

2. 生ハムは小さく手でちぎる。

3. 保存容器に全ての材料を加えてよく和えれば完成。

ゆで卵はまとめて作り置きしておくと、朝ごはんや様々な料理のアレンジにすぐに使えるのでとっても便利! 
生ハムの塩味で塩なしでも満足のある味わいに。黒こしょうで味を整えて。

<インナービューティーポイント>

良質なたんぱく質、ビタミン・ミネラル類など栄養バランスの良い卵は毎日食べたい食材のひとつ。積極的に取り入れて。


どれも短時間で作れるので、ぜひご活用ください。おいしく食べてカラダの中からキレイに、元気に。暑さに負けずごきげんな毎日を過ごしましょう!

ライタープロフィール

インナービューティー研究家/フードコーディネーター・國塩 亜矢子

「インナービューティー」を軸とした料理教室、コラム執筆・レシピ開発等を通じ、女性のライフステージごとに関わる「食×美」の大切さを幅広く発信中。二児の母。著書「決定版!節約冷凍レシピ」(宝島社・共著)

【保有資格】

ベジフルビューティーアドバイザー/女子栄養大学認定食生活指導士1級

    【あわせて読みたい】
    ▽食べて内側からキレイに!食べ痩せ記事をもっと見る
    食べなきゃ損!ダイエット&エイジングケアに◎な魚4つ
    間食を味方にして!ヘルシースナッキングの最新トレンド3つ
    朝の代謝UPとダイエットに◎!5分でつくれる朝スープ3つ
    薄着の季節に備えて!ダイエット中におすすめの春野菜3選

    【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
    なぜ痩せない?管理栄養士が教えるファスティングの落とし穴
    今年こそ食べてキレイに!美容家が40歳から始めたこと3つ
    カルディで買える!食べてキレイになれる「おやつ」3つ
    「夜納豆」でダイエット!糖質制限もできる納豆レシピ4つ

    【参考】
    ※吉田企世子・松田早苗/監修(2016年)「あたらしい栄養学」(高橋書店)
    ※上西一弘/著(2016年)「栄養素の通になる」(女子栄養大学出版部)
    ※板木利隆/監修(2008年)「からだにおいしい野菜の便利帳」(高橋書店)
    ※吉田企世子/監修(2008年)「旬の野菜の栄養辞典」(エクスナレッジ)
    ※蒲池桂子,川口 由美子/著(2010年)「美肌美人栄養学」(エクスナレッジ)

    Facebookでシェアする

    Twitterでシェアする

    フード・食べ物の最新記事はこちら