ごきげん手帖

今日から見直して!歯磨きの正しいタイミングと方法

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

真っ白で美しい歯は、清潔感のある女性という印象をもたらしてくれます。そんな白い歯に憧れ、ホワイトニングをしたことがあるという方も少なくないでしょう。

歯の美しい女性

ただ実は、普段の歯磨きが上手にできていれば、虫歯予防だけでなく白い歯の維持も可能になるのです。

今回は、歯を健康で美しく保つために、歯磨きをするベストなタイミングや理想的な歯磨きの方法についてご紹介していきます。

食後の歯磨きのタイミング

食後の歯磨きのタイミングにはさまざまな説がありますが、一般的には食後、なるべくすぐに歯磨きをした方が良いといわれています。その理由は、口内に残った食べかすを放置することで歯垢が歯にこびりつき、虫歯につながる恐れがあるからです。

歯垢は時間が経過すればするほど、普段の歯磨きでは簡単に落とせなくなってしまい、歯科医院でのケアが必要となります。

歯ブラシとコップ

一方で、食後すぐに歯磨きをしてはいけない、ということを聞いたことがある方もいらっしゃるかもしれません。食後に口内が酸性に傾くと、歯のエナメル質が溶けやすい状態になり、食後すぐに歯を磨くことで歯を傷つけてしまうことがあるという意見もあるからです。

しかし実際には、食べかすなどの汚れが歯垢として歯に定着してしまうことの方が、口内環境にとって悪影響だと考えられています。

もし、食後すぐに歯磨きをするのに抵抗がある方は、30分後くらいに歯磨きをすると良いでしょう。唾液には酸を中和する働きがあり、食後の30分後くらいには唾液の働きによって酸が中和されるといわれています。

1日の理想の回数

歯磨きは、磨けば磨くほど良いというわけではありません。歯の磨き過ぎは、エナメル質を傷つけることにつながる可能性もあるといわれています。

歯磨き

そこでここでは、より理想的な歯磨きをするために、歯磨きの回数や時間についてご紹介します。

1日の歯磨きの回数

歯ブラシと時計

1日のうち、歯磨きの回数としてベストなのは、1日3回

基本的に食事をした後がおすすめなので、朝食、昼食、夕食の後に磨くことを習慣にすれば、虫歯予防、さらには磨き過ぎの回避にもなりますね。

仕事などの状況により、昼食後に歯磨きをすることが難しい場合は、朝と夜の2回、歯磨きをしっかり行いましょう。

朝の歯磨きのポイント

歯ブラシ

朝の歯磨きについてはいろいろな説がありますが、一般的には、食後に歯磨きをするのが理想的といわれています。

朝起きてすぐ歯磨きをするという人もいますよね。確かに、寝ている間には口内の細菌が繁殖しますし、ネバつきや口臭が気になる人も多いと思います。しかしその後に朝食を取り、また歯磨きをするとなると、かえって磨き過ぎになってしまうのです。

もし、どうしても起きてすぐ歯磨きをしたいという方は、うがいで口をゆすぐだけにとどめてみてください。

夜の歯磨きのポイント

夜の歯磨きは、1日の中で最も念入りに行いましょう。

唾液には、先ほどもお伝えしたように、酸を中和する働きがあります。しかし寝ている間は唾液が減るため、口内環境を悪化させてしまう可能性があるのです。

そのため口内に食べかすを残したまま寝てしまうことがないよう、夕食後の歯磨きは、1日のうちで最も丁寧に磨くことを心掛けてください。

1回の歯磨きの時間

1回の歯磨きにかける時間として、最低3分間は磨くことを意識しましょう。

1本の歯に対して角度を変えながら、10回ほど小刻みに歯ブラシを動かしながら磨くのが理想的とされています。一般的に永久歯が全て生えそろっているとすれば、この磨き方をすることで、1回の歯磨きで3分以上はかかるはずです。

逆にあまりに長時間磨き続けることは、歯のエナメル質にダメージを与えてしまう恐れがあります。3分~5分くらいを目安にしてみてはいかがでしょうか。

正しい歯磨きの方法

歯磨き

ここまで歯磨きの1日の回数やタイミングなどを見てきましたが、磨き方そのものも大切です。ただ歯磨きをしているだけでは、虫歯予防や白く美しい歯の維持が難しいことをご存知でしょうか。

歯を清潔で健康な状態に保つためには、歯磨き粉の量やブラッシングの方法などを見直す必要があります。では早速、正しい歯磨きの方法について詳しく見ていきましょう。

歯磨き粉の量

歯磨き粉は少し多めかなと感じるくらいの量で磨くのがおすすめ。

最近の歯磨き粉は、虫歯予防に効果的なフッ素などが多く含まれています。こうした歯磨き粉をしっかり使うことで、より虫歯予防への効果が期待できるのです。

ブラッシングの方法

まず歯ブラシは、鉛筆を持つような感覚で軽く持ち、力を入れすぎないように気をつけましょう。

そして、歯と歯ブラシが直角となるようにしてください。また、ゴシゴシと大胆に動かすのではなく、歯を1本ずつ丁寧に磨くことを意識しましょう。

1本の歯につき、歯ブラシを小刻みに10回ほど動かします。奥歯は歯ブラシが届きにくいため、斜めや縦に角度を変えながら磨けば、磨き残しを防ぐことにつながります。

前歯は歯ブラシを縦にし、こちらも1本1本丁寧に磨いていきましょう。

歯ブラシの選び方

歯磨き

市販されている歯ブラシは多種多様で、どれが最適なのか迷ってしまいますよね。

おすすめの歯ブラシは、歯の隙間まで磨きやすい、ヘッドが小さく、毛先が細いタイプです。なおブラシが固過ぎるタイプのものは、歯のエナメル質を傷つけたり、知覚過敏などにつながってしまう恐れも。ブラシが固すぎない、適度な柔らかさのものを選ぶようにしましょう。

歯磨きができないときの対策

外出先や仕事中などで歯磨きをすることが難しい状況のとき、虫歯対策はあきらめるしかないのでしょうか。

いいえ、そんなことはありません。歯磨きの代わりとなるケアがありますので、それをいくつかご紹介しますね。

うがい

水を口に含みうがいをし、口内をすすぐことも虫歯予防につながります。

ただの水でうがいをするのも良いですが、マウスウォッシュやスプレーといったアイテムを使用するのもおすすめ。こうしたアイテムには殺菌効果があるため、口臭予防などにも期待が持てます。

うがいをする女性

朝食・昼食・夕食以外に間食をする場合もあると思いますが、その度に歯磨きをすると磨き過ぎになってしまうことも。そういった場合はうがいなどで口内をすすぎ、清潔にすれば虫歯予防につながります。食後にどうしても歯磨きができないときなどの応急ケアとしてもおすすめです。

ガム

口内を清潔に保つには、ガムもおすすめです。とはいえ、全てのガムが歯磨きの代わりとなるわけではありません。

キシリトールが含まれているものなど、虫歯予防に期待が持てるタイプのガムを選ぶようにしてください。またキシリトールといえども、50%以上配合されていないと、虫歯予防の効果が低くなるといわれているため、ガムの種類にも気をつけましょう。

まとめ

虫歯を予防したり、白く美しい歯を保つために、自身でできる1番のケアは毎日歯磨きをすることです。しかし、ただ歯磨きをするだけでは白い歯を保つことは難しいですし、虫歯予防の効果も期待できません。

いつまでも健康な歯を維持するためにも、いつもの歯磨きを一度見直してみませんか?

ライタープロフィール

美肌研究家 杉本 由美

薬事法管理者・コスメ薬事法管理者・コスメコンシェルジュ・アンチエイジングアドバイザー
手軽、ナチュラル、透明感ある美肌づくりの提案を得意とする美肌研究家。MISS GRAND JAPANの公式講師を務めた経験も持つ。

    【あわせて読みたい】
    毎日使うものだから。こだわりのオーガニック歯磨き粉3選
    スメハラに気をつけて!おすすめの口臭予防アイテム5選
    着色汚れを浮かして、落として、コーティング!リステリン® ホワイトニング新発売
    泡で口臭予防!? ピュオーラからユニークなハミガキが登場

    【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
    足首が太くなる!?ズルズル歩きにぺたんこ靴…NG習慣5つ
    体重増加と老けが加速!?朝にやりがち「NG習慣」7つ
    寝る前3分!疲れとお腹ポッコリ解消の「陰ヨガ」
    たったの3分!すっきり痩せ見えが叶う「二の腕エクサ」

    【参考】
    歯医者がやっている虫歯ができない歯磨き方法・時間・回数・タイミング – おかざき歯科クリニック
    歯科衛生士が教える歯磨き方法!時間/回数/タイミング – 株式会社ヴァンクリーフ
    長すぎ注意!?歯磨きの時間は毎回どれくらいが適当なの? – エンパワーヘルスケア株式会社
    外出先で歯磨きができないときには・・。 – スマイル歯科
    噛み方で変る!キシリトールガムで効果的に虫歯予防する方法 – おかざき歯科クリニック

    Facebookでシェアする

    Twitterでシェアする

    ライフスタイルの最新記事はこちら