ごきげん手帖

“馬油”が美髪を育てる理由は?効果的なお手入れ方法もチェック

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

髪は顔の額縁とも言われており、髪の印象でその人のイメージは大きく変わります。あなたの髪はカラーリングやパーマでダメージが蓄積し、毛先がパサパサ…なんてことになっていませんか?

そんな髪のケアにおすすめなのが、昔から長年、愛され続けている“馬油”なんです。

20180529ごきげん手帖

「なんとなく聞いたことはあるけど、馬油って一体どんな効果があるの?」という人も多いかと思います。そこで今回は、この“馬油”の魅力についてご紹介していきます。

馬油が昔から愛され続けている理由

馬油とは、その名の通り馬の脂肪から採取された油のこと。主に、腹部やたてがみ部の皮下脂肪が原料です。

もともとは中国から伝来し、日本でも長い間、やけど・肌荒れ・ひび・あけぎれ・切り傷・痔などに対する民間治療薬として使われてきた歴史があります。

馬

馬油は人の皮脂にとても近い性質を持っているため、肌に馴染みやすく、肌への浸透力も高いとされています。肌表面を覆って水分の蒸発を防ぐだけでなく、肌の角質層内部まで浸透し、内側と外側、両方からの保湿力を発揮してくれます。

馬油自体は手に取るとベタベタ感のある油ですが、肌に塗ると浸透してすぐにサラサラの状態に。角質層の細胞と細胞の間にしっかり入り込み、潤いで満たしてくれるんです。

また、馬油は、マッチ棒の先ほどの量で片腕分くらいに広がる、とても伸びの良い油です。広い範囲に素早く膜を作り保湿してくれますよ。

髪のお手入れに馬油を使うメリット

馬油は、肌だけでなく髪のお手入れにも役立ちます。馬油を配合したヘアケア剤なども、最近とても人気がありますよね。具体的には、下記のようなメリットがあります。

(1)マッサージ・クレンジングで健康な頭皮に

頭皮マッサージをする女性

キレイな髪を育てるためには、土台である頭皮を健康に保つことが重要です! 頭皮マッサージで血行を良くしましょう。

また、馬油は毛穴に詰まった皮脂汚れのクレンジングにもおすすめ。マッサージやクレンジングで頭皮環境を整えることは、美髪に繋がります。

フケ・かゆみ対策としても期待できますよ。

(2)αリノレン酸が育毛・頭皮環境を整える

抜け毛・薄毛の解消のためには“不飽和脂肪酸”に分類される油を定期的に補充することが望ましいとされています。

馬油には、不飽和脂肪酸である“α-リノレン酸”が豊富に含まれているため、髪の発育改善や頭皮環境の正常化に効果があります。優れた保湿力との相乗効果で、頭皮環境を整えましょう。

(3)毛先の乾燥・ダメージをケア

ブラッシングする女性

髪の傷みやパサつきは、パーマやカラーリングによるダメージ・紫外線・間違ったケアなど様々な要因が考えられますが、キレイな髪を保つための基本は保湿をしっかり行うことです。

髪の表面だけでなく内部にまで浸透する馬油は、乾燥した髪の潤いケアに適しています。潤いを与えることで、枝毛や帯電を防ぐことにも繋がりますよ。

馬油の選び方と注意点

馬油は人の皮脂と組成が近いため肌に馴染みやすく、肌への刺激も少ないと言われていますが、それでもやはり肌に合わないという場合もあります。その主な原因は、馬油に含まれる不純物です。

オイルを手に取る女性

馬油は、純度が高く不純物が混ざっていないものを選ぶことがポイントです。また酸化を防ぐため使用後はきちんと蓋を閉め、記載の期限内に使い終わるようにしてください。

馬油を使ったお手入れ方法

それではここから、馬油を使った具体的なお手入れ方法をご紹介してきます。シャンプー前に頭皮に使用する方法と、洗い流さないトリートメントのように毛先に使用する方法が一般的です。

頭皮ケアに馬油を使う方法

まずは髪をよくブラッシングし、乾いた頭皮に馬油を塗り込むようにして丁寧にマッサージします。その際には、爪を立てないように注意してください。マッサージすることで血行促進に繋がり、頭皮全体に栄養が届きやすくなります。

シャンプー後の女性

ポイントはマッサージ後に、蒸しタオルなどで十分に蒸すこと。時間をおくと毛穴がしっかり開くので、皮脂汚れが取り除きやすくなります。

その後は、いつもと同じようにシャンプーをすればOKです。続けることで頭皮環境が整うので、髪のハリやコシ・ツヤが気になる方はお手入れに取り入れてみてくださいね。

乾燥した毛先に馬油を使う方法

馬油は、毛先の乾燥やパサつき感などのケアとしても使えます。シャンプー・コンディショナー後の、タオルドライした髪に使用しましょう。

適量を手に取り、毛先を中心に馴染ませた後、ドライヤーで乾かします。

馬油はすぐに浸透するのでベタベタになりにくいですが、量が多すぎるとベタついたり、髪がぺたんとしたりする原因にもなりますので使用量には注意をしてください。

ヘアオイルをつける女性

馬油は髪の内部までしっかり油分が浸透し、髪に潤いを与えてくれます。ツヤが出るのはもちろん、乾燥で広がる髪もしっとりまとまりやすくなりますよ。お風呂上がりだけでなく、日中、髪の乾燥が気になった時にも使うことをおすすめします。

まとめ

髪のきれいな女性

昔から馬油が愛され続けているのには、やはりそれだけの理由がありましたね。日々の髪のお手入れでなかなか満足のいくケアができていないという人は、髪の土台を作る頭皮ケアやパサついた毛先の保湿に、ぜひ馬油を取り入れてみてください。お顔を素敵に彩る、健康な髪を手に入れましょう。

ライター紹介

上田麻里

美容ライター/日本化粧品検定1級・コスメコンシェルジュ/美容薬学検定1級/IOTA オーガニックコスメ検定
様々なWEBメディアにて美容記事を執筆。集英社MAQUIA公式ブロガーとしても活動中。本当に効果のある美容法を、理系大学出身・製薬会社勤務の経験から理系目線で追求し、“健康美”をテーマに情報発信をしている。

    【あわせて読みたい】
    乾燥した髪がサロン級にまとまる!極上ヘアケアアイテム
    洗っているのに痒い!頭皮のかゆみの原因と対策法
    美容師に聞いた。髪に優しいドライヤーを選ぶポイント5つ
    梅雨の湿気対策。美容師が伝授するうねり髪のケア方法

    【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
    「くるりんぱ」のやり方とアレンジをヘアメイクが伝授!
    三つ編みアレンジ自由自在!ヘアメイクが教える基本のやり方
    まとめ髪の基本をおさらい!今すぐできる簡単アレンジまとめ
    前髪だけでイメージチェンジ!骨格別で小顔美人になる方法

    【参考】
    馬油で頭皮マッサージ – 株式会社 ZERO PLUS
    馬油の特徴 – 株式会社 ZERO PLUS

    Facebookでシェアする

    Twitterでシェアする

    ボディケア・ヘアケアの最新記事はこちら