ごきげん手帖

お弁当にも◎アボカドを使った簡単すぎるおかずレシピ

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

「アボカドは生で食べるもの」と決めつけていませんか? 実はアボカドは焼いてもおいしいんです! 一人暮らしだと残っていたアボカドがあっという間に傷んでしまっていた……なんてことも防げるかもしれません。

そこで今回は、アボカドを無駄にせずおいしくいただける簡単レシピを、インナービューティー料理研究家の筆者がご紹介します。

アボカドとウインナーのシンプルソテー

お弁当にも使えるおススメの組み合わせ

アボカドは生でいただくとねっとりとした食感が特徴的。加熱すると、外はカリッと、なかはホクホクとした食感になります。

余りがちなウインナーやベーコン、切り落とし肉などと一緒にオリーブオイルと塩こしょうでさっと炒めるのがおススメ。
冷めてもおいしいので、常備菜はもちろんお弁当のおかずにもピッタリです。冷蔵庫で約3日間保存可能です。

アボカドとウインナーのシンプルソテー

アボカドとウインナーのシンプルソテー

<材料>作りやすい分量

・アボカド 1/2個
・ウインナー 3〜5本
・オリーブオイル 小さじ1
・黒こしょう 少々

<作り方>所要時間:約5分

1. アボカドは種を除いて約1cm幅にスライスし、手で皮を剥く。そのあと半分に切ってひと口サイズにする(扇型)。

2. ウインナーは長ければ食べやすい大きさに切る。

3. フライパンにオリーブオイルをひき、中火でウインナーに焼き色がつくまで炒める。

4. 切ったアボカドを加えて両面に焼き色が付くまで炒める。黒こしょうで味を整えれば完成。

アボカドとウインナーのシンプルソテー

ベーコンや切り落とし肉で代用してもおいしくいただけます。お肉を使う場合は予め塩・胡椒で下味をつけておきましょう。

ソーセージやベーコンは塩味があるので、黒こしょうで味を整えるだけでもOK。無塩せきなどの添加物が少ないものを選べば、より健康的で◎。


いかがでしたか? アボカドをまずは半分サラダで、残った半分は炒め物にしてお弁当や常備菜に活用すれば、変色してしまう前においしく違う味わいを楽しめます。是非お試しあれ。

ライタープロフィール

インナービューティー研究家/フードコーディネーター・國塩 亜矢子

「インナービューティー」を軸とした料理教室、コラム執筆・レシピ開発等を通じ、女性のライフステージごとに関わる「食×美」の大切さを幅広く発信中。二児の母。著書「決定版!節約冷凍レシピ」(宝島社・共著)

【保有資格】

ベジフルビューティーアドバイザー/女子栄養大学認定食生活指導士1級

    【あわせて読みたい】
    ▽食べて内側からキレイに!食べ痩せ記事をもっと見る
    間食を味方にして!ヘルシースナッキングの最新トレンド3つ
    朝の代謝UPとダイエットに◎!5分でつくれる朝スープ3つ
    薄着の季節に備えて!ダイエット中におすすめの春野菜3選
    低糖質と低脂肪、痩せるのはどっち!?見直したいダイエット法

    【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
    なぜ痩せない?管理栄養士が教えるファスティングの落とし穴
    今年こそ食べてキレイに!美容家が40歳から始めたこと3つ
    美容に◎!高カロリーだけど「美容と健康に役立つ食品」4つ
    「酵素ジュース」は砂糖不使用で出来る!作り方のポイント

    Facebookでシェアする

    Twitterでシェアする

    フード・食べ物の最新記事はこちら