ごきげん手帖

世界三大美女・楊貴妃も食べた「ナツメ」のチップスがブームの予感!

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

世界三大美女の一人である楊貴妃が好んで食べたと言われるナツメ。日本でもなじみのある中華食材ですね。丸ごと乾燥させたものが一般的ですが、最近ではカリっとした歯ごたえの楽しめる「ナツメチップス」が、人気となりつつあります。

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|ごきげん手帖

毎日食べたいナツメのビューティーパワーをご紹介します。

ナツメってなに?

ナツメは、東洋医学では大棗(タイソウ)と呼ばれ、内臓の働きを強め、気を補う補気類(ほきるい)に分類されています。

デーツがナツメヤシとも呼ばれることから、同じものと思われがちですが、デーツとナツメは、まったく別のフルーツです。

ナツメチップを、ビタミン、ミネラル、食物繊維を豊富に含むデーツ(乾燥)と比較すると、女性に欠かせない鉄や、身体の水分バランスを保つカリウムが2倍、食物繊維も2倍以上含まれています。

このほか、サポニンやポリフェノールも含まれている、栄養価の高いフルーツです。

毎日食べたい!ナツメのビューティーパワー3つ

(1)疲れた身体に

ナツメには、身体を温める性質があり、内臓の働きを強めることから、疲れやめまい、不眠などの症状の改善に用いられます。

また、鉄が豊富なことからもわかるように血を補う働きもあるため、貧血を改善して疲れにくい身体をつくるためにも用いられますから、日頃から疲れやすく貧血気味の方にもおすすめです。

(2)クマ・クスミ肌に

顔色がさえない、クスミの原因の一つに血行不良があります。

血液が充分に流れていないことで、お肌の細胞に酸素と栄養がいきとどかずクスミの原因となったり、血液の流れが滞ることで、クマの原因ともなります。

ナツメには、血を養って血液の流れをスムーズにする働きがあると考えられているため、顔色がさえない場合にも用いられます。

(3)冷え・むくみ対策に

ナツメは、身体を温める性質のあるフルーツです。ですから、冷えが原因で起こる生理痛や腰痛など痛みの緩和にも用いられます。

さらに、水分バランスを保つミネラルや、血液の健康を守るサポニン、血液を作る鉄が含まれていますから、血液の健康を守り、流れを調えてむくみの改善もサポートします。


美容と健康に役立つ栄養素がたっぷり詰まったナツメ。チップスは、ポリポリとした新しい食感を楽しめます。毎日のおやつに、ナツメチップスを食べてみてはいかがでしょうか。

ライタープロフィール

美養フードクリエイター・中医薬膳師 岩田まなみ

料理教室Manami’s Kitchen主宰。パリのEcole Ritz Escoffierにてフランス料理を学びDiploma取得、本草薬膳学院にて薬膳を学び、中医薬膳師の資格を取得。自著「ヤセ菌が増えて太らない食べ方」(2016年・自由国民社)。コラム執筆、雑誌、TVなど多数のメディア出演実績がある。

【保有資格】

・Ecole Ritz Escoffier Diploma
・中医薬膳師
・健康リズムカウンセラー
・味覚カウンセラー(スタンダード)

【あわせて読みたい】
ストレスのない、巡りのいいカラダに。春に食べたい薬膳おやつ3つ
仕事の休憩や残業時に!罪悪感なく食べられるビューティーおやつ4選
間食して賢く食べ痩せ!コンビニで買えるヘルシーおやつ6つ
足りない5gをチャージ!おいしく食物繊維が摂れるおやつ3つ

【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
なぜ痩せない?管理栄養士が教えるファスティングの落とし穴
今年こそ食べてキレイに!美容家が40歳から始めたこと3つ
美容に◎!高カロリーだけど「美容と健康に役立つ食品」4つ
「酵素ジュース」は砂糖不使用で出来る!作り方のポイント

【参考】
成分情報 大棗(たいそう) – わかさ生活
なつめの秘密 – 都商事

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

フード・食べ物の最新記事はこちら