ごきげん手帖

メイクの上からでOK!日焼け止めの塗りなおし術

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

「日焼け止めの塗りなおしは必須」というけれど実際メイクの上から日焼け止めを塗りなおすのは難しいもの。

とはいえ、紫外線によるダメージを受けたくない! というみなさまに、メイクの上からできる日焼け止めの塗りなおし方をご紹介します。

メイクの上からでOK!日焼け止め塗り直し術

日焼け止めを塗りなおすべき理由

朝、家を出る前に完璧に塗ったはずの日焼け止めですが、残念ながら汗や髪の毛、手で触ってしまうことで起きる摩擦で取れてしまうのです。

美白の女性

上記の理由から、日焼け止めは必ず塗りなおすことをおすすめします。目安は、2~3時間おきです。炎天下の中、外に長時間いる場合や汗をかきやすい方は、可能ならばもう少し頻繁に塗り直した方が良いでしょう。

顔への日焼け止めの塗りなおし方

日焼け止めを塗り直した方が良いのはわかってはいるけれど、メイクを落とすことはできないので厳しいもの。

そこで、メイクの上からはパウダーや塗り足し可能な日焼け止めアイテムを使って塗りなおしていきましょう。

今回は、メイクの上から日焼け止めを塗り直すことができるおすすめアイテムを2つ紹介します。

ミネラルUVパウダー/エトヴォス

SPF50 PA++++ 2,800円(税抜) ※個数限定

ミネラルUVパウダー

メイクの上からパウダーを重ねると厚塗りになってしまったり、くすんでしまったりすることもあるのですが、こちらのパウダーはくすみを気にならなくさせて、夏に気になる皮脂も吸着してくれるのでいいことずくめ! 紫外線・ロングUVA・ブルーライトをカットしてくれます。

デイパートナー/ヌーディモア

SPF50+ PA++++ 2,800円(税抜)

デイパートナー

低反発乳化によって、肌に心地よく密着してくれる日焼け止めです。こちらはメイクの上からハンドプレスで日焼け止めを塗り足すことができます。

その後にのせるパウダーなどの密着度が上がるように感じるため、塗り足した方がより美肌に見える画期的な日焼け止めです。

また、メイクがあまりにも崩れている場合は、乳液を含ませたコットンで崩れている部分をふき取ってから日焼け止め→ファンデーション→パウダーとメイク直しをしましょう。


顔はファンデーションを塗っているため、紫外線のダメージとは無縁のように思えてしまいますが、じわじわ無意識に紫外線を浴びてしまいがちな部分です。

気が付いた時には手遅れ……シミができてしまったなんてことにならないために、メイクの上から日焼け止めを塗りなおしてエイジングサインを予防しましょう!

ライタープロフィール

美容ライター・剱持百香

外見だけでなく内側からも美しくなりたいという想いを抱き、日本化粧品検定をはじめとする美容資格を取得。 コスメ、スキンケアの最新情報や『紫外線マスター』として徹底的なUV対策・美白ケアの重要性を発信中。

【保有資格】
日本化粧品検定1級/化粧品成分検定1級/色彩技能パーソナルカラー検定初級

    【あわせて読みたい】
    ▽絶対に焼きたくない!日焼け対策をもっと見る
    食べる日焼け止めで内側から美白ケア!おすすめ食材4選
    日焼け止めだけでは防げない!?紫外線からお肌を守る方法
    シーズン到来!日焼け止め選び&焼けてしまった時の美白ケア
    これで完璧!? お出かけ前に確認したい『紫外線対策チェックリスト』

    【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
    シミ対策に◎!美白化粧品の選び方と美容家おすすめ4選
    たるみ毛穴対策に!おすすめコスメ6つとマッサージ法
    お風呂上がりにシワをチェック!タイプ別「シワ対策」2つ
    老け見えストップ!表情筋を鍛える「顔ヨガ」2つ

    【参考】
    ミネラルUVパウダー – エトヴォス
    デイパートナー – ヌーディモア

    Facebookでシェアする

    Twitterでシェアする

    メイクの最新記事はこちら