ごきげん手帖

きちんと塗らないと効果が出ない!パーツ別日焼け止めの塗り方

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

だんだんと日差しが強くなってきたため、毎日日焼け止めを塗っている方も多くなってきたと思います。しかし、きちんと適量を塗れていますか? 

いくら高い紫外線防御力を持つ日焼け止めを塗っていても、適量を正しく塗れていなければその効果は半減してしまいます。

日焼け止めを塗る女性

今回は紫外線マスターである筆者が、しっかり紫外線を防ぐためにパーツ別の日焼け止めの適量・正しい塗り方をご紹介します。

顔への正しい日焼け止めの塗り方

顔に塗る日焼け止めの適量は、「乳液タイプなら1円玉2枚分、クリームタイプはパール2粒分」がおすすめです。

日焼け止めの量

まずは適量の半分を手の甲に取ってから、額、鼻の上、両頬、アゴに5点置きし、内側→外側に向かってまんべんなく丁寧に塗り広げます。

その後、もう一度同じように塗ります。こうすることでムラなくしっかり塗ることができます。

また、日焼け止めはしっかり馴染ませないとベースメイクを始める際に、白いモロモロが出てしまうこともあるので、丁寧になじませることとなじませるためにベースメイクまでの時間を5分ほど置くことを心がけましょう。

手・足への正しい日焼け止めの塗り方

日焼け止めを塗る人

手足などの広範囲に塗る場合は、乳液タイプ・クリームタイプともに容器から直接、直線を描くようにして出して、らせん状になじませます。

手に取ってから塗っている方にとっては多いかな? と思うかもしれませんが、きちんと適量を塗らないと紫外線防止効果が期待できないので、時間をかけてなじませましょう。

また、膝の裏や足の甲、ひじの内側などは塗り忘れの多い部分なので、気をつけましょう。

首への正しい日焼け止めの塗り方

首は年齢の表れやすい部分なので、紫外線によるダメージを防ぐために日焼け止めを必ず塗りましょう。

首への適量は、「乳液タイプなら1円玉2枚分、クリームタイプはパール2粒分」と顔と同じ量が目安です。個人的にはムラになりやすい部分でもあるので、気持ちもう少し多い量を塗るようにするのがおすすめです。

首に日焼け止めを塗る人

首へ日焼け止めを塗る場合は、手のひらに適量をとってから温めながら広げて、顎を上に少し上げた状態で首全体を手のひらで包むようにしてつけます。
顎裏・耳の裏・デコルテなども忘れずにつけましょう。


せっかく日焼け止めを塗るのだから、きちんと紫外線を防ぐために適量を正しく塗ることが大切です。

老化の原因の80%が紫外線などの光によるものといわれています。10年後20年後もキレイでいるために、正しい日焼け止めの塗り方をマスターしましょう!

ライタープロフィール

美容ライター・剱持百香

外見だけでなく内側からも美しくなりたいという想いを抱き、日本化粧品検定をはじめとする美容資格を取得。 コスメ、スキンケアの最新情報や『紫外線マスター』として徹底的なUV対策・美白ケアの重要性を発信中。

    【あわせて読みたい】
    ▽絶対に焼きたくない!日焼け対策をもっと見る
    食べる日焼け止めで内側から美白ケア!おすすめ食材4選
    日焼け止めだけでは防げない!?紫外線からお肌を守る方法
    シーズン到来!日焼け止め選び&焼けてしまった時の美白ケア
    これで完璧!? お出かけ前に確認したい『紫外線対策チェックリスト』

    【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
    シミ対策に◎!美白化粧品の選び方と美容家おすすめ4選
    たるみ毛穴対策に!おすすめコスメ6つとマッサージ法
    お風呂上がりにシワをチェック!タイプ別「シワ対策」2つ
    老け見えストップ!表情筋を鍛える「顔ヨガ」2つ

    【参考】
    紫外線環境保健マニュアル 2015 – 環境省

    Facebookでシェアする

    Twitterでシェアする

    スキンケアの最新記事はこちら