ごきげん手帖

BBクリームとCCクリームの違いは?それぞれの特徴と使い方

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

突然ですが、BBクリームとCCクリームの違いをご存知ですか?
「どちらも名前は聞いたことあるけど違いが分からない」「BBクリームは知っているけど、CCクリームって何?」そういった方も多いのではないでしょうか。

ベースメイクを塗る女性

今回はBBクリームとCCクリームの違いやそれぞれの特徴、選び方をご紹介します。違いを知れば自分に合ったものを選びやすくなるので、ぜひ購入時の参考にしてみてください。

BBクリームとCCクリームの違い

BBクリームとは

BBクリームのBBとは「ブレミッシュバルム」の略称。ブレミッシュは傷、バルムは軟膏を意味します。
ピーリングの発祥地であるドイツで作られたBBクリームは、もともとはピーリング後のデリケートな皮膚を保護し、赤みをカバーするクリームとして開発されました。

リキッドファンデーション

現在のBBクリームは、化粧下地、ファンデーション、コンシーラー、日焼け止め、美容液などの機能を兼ね備えたものを指します。由来からもわかるように、BBクリームはカバー力が高く、どちらかというとマットな仕上がりになります。

CCクリームとは

CCクリームはBBクリームの人気を受けて誕生したもので、化粧品会社が独自開発したクリームです。そのため、CCとは「カラーコントロール」、「カラーコンディション」など、発売元によってさまざまな意味があります。

ベースメイクアイテム

CCクリームは、化粧下地、日焼け止め、コントロールカラーなどの機能を兼ね備えたものであり、BBクリームよりも軽くナチュラルな仕上がりに。ファンデーションの機能がない分ナチュラルな仕上がりですが、肌色の補正効果によって肌をきれいに見せてくれます。

BBクリームの特徴と効果

先ほど述べたとおり、BBクリームはカバー力の高さが最大の特徴。気になる部分に重ね塗りすることでコンシーラー効果も期待できます。

さらに、BBクリームはさまざまな機能を兼ね備えたオールインワンアイテムなので、時短メイクが可能です。

ベースメイクは手早く済ませたいけど肌悩みはしっかりカバーしたい、という方には大活躍のアイテムと言えるでしょう。

女性の顔アップ

BBクリームは基本的には1本でベースメイクを完成させることができるアイテムなので、ファンデーションを重ねると厚塗りっぽく仕上がることもあります。BBクリームを下地として使用したい場合は、ナチュラルな仕上がりのファンデーションを使用したり、重ねる量を少量にしたりするなどの工夫が必要です。

また、顔に塗る際はムラにならないようしっかり伸ばすことを意識しましょう。

BBクリームの使い方

ここでは、BBクリームを使ってキレイな肌に仕上げるための手順をお伝えします。

(1)適量を手にとる

BBクリームを顔に塗る際に重要なのは、推奨されている使用量を守ることです。
しっかりカバーしたいからと言って多くの量を塗ると、厚塗り感が出てしまいます。逆に少なすぎると十分にカバーできなかったり、ムラになってしまったりすることも。

一般的なBBクリームの使用量は、顔全体でパール粒大が目安です。商品によって異なる場合もあるので、使用する前にパッケージに記載されている適量をしっかり確認しましょう。

(2)顔の内側から外側にむかってなじませる

BBクリームを手にとったら、額、鼻、両頬、あごにのせます。
各箇所にのせた後は顔全体に伸ばしていきますが、その際は顔の内側から外側にむかってなじませていきましょう。

鏡を見る女性

毛穴が気になる部分や崩れやすい小鼻などは、指先で軽くたたいてしっかりと押さえ込みます。
このひと手間を加えることで、時間がたってもヨレにくくなるのでおすすめです。

BBクリームを塗り終えたら、両手で顔全体を包み込むように押さえ、密着させます。

(3)気になる部分は重ね塗りする

顔全体にBBクリームを塗った後は、ニキビ跡やシミ、そばかすが気になる部分にさらに重ね塗りをしていきます。
このとき気を付けたいのは、BBクリームをごく少量、優しくたたき込むことです。厚塗り感が出てしまうと、気になる部分がかえって目立つことがあるので注意しましょう。

ベースメイクをする女性

BBクリームの後にファンデーションやパウダーを使用する場合も、厚塗りにならないようできるだけ薄く塗って仕上げましょう。

CCクリームの特徴と効果

カバー力の高いBBクリームに対して、CCクリームは肌の色みを整えることによって肌をきれいに見せてくれます。気になる部分をカバーするというよりは、カモフラージュしながら明るく透明感のある肌を演出するのが特徴。

厚塗り感が出にくいので、化粧下地として使用しても自然な仕上がりになります。

振り向く女性

また、CCクリームは軽いつけ心地なので、肌を休ませたい日にもおすすめです。

CCクリームの使い方

CCクリームはさまざまな使い方ができます。ここでは、CCクリームの使い方のアイデアをお伝えします。

(1)基本的な塗り方はBBクリームと同じ

CCクリームもBBクリームと同じ手順で塗っていきます。顔の内側から外側にむかってなじませ、崩れやすい部分はしっかりと押さえ込んでいきましょう。

下地として使用する場合はこの後にファンデーションを塗りますが、軽く仕上げたい日はルースパウダーを重ねればOK。ルースパウダーを使用することで、より透明感のある仕上がりになります。

(2)ハイライトとして部分的に使用する

CCクリームは肌のトーンを明るく見せることができるので、ハイライト代わりとしても使用できます。

アラサー女性がごきげんな毎日を送るための美容マガジン|ごきげん手帖

Tゾーンや頬など高く見せたいところにCCクリームを塗り、その上からファンデーションを重ねるとメリハリが生まれ、立体感のあるメイクに仕上げることができるのでおすすめです。

(3)化粧直しに使用する

朝、せっかくきれいにメイクをしても、夕方にはメイクが崩れてしまったり、くすみが気になる方も多いと思います。そんなとき、ポーチにCCクリームがあると便利です。

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|ごきげん手帖

まずメイクが崩れた部分をティッシュで押さえ、浮いたファンデーションや皮脂を取り除きます。次にCCクリームをきれいなスポンジに少量とり、薄く塗っていきましょう。CCクリームを塗り終えたら、最後にパウダーをふんわりのせて化粧直し完了です。

スポンジを使って塗ることで、自然になじませることができ、CCクリームを塗り直した部分に境目ができにくくなります。化粧崩れが気になる方や、夕方になると顔がくすみやすい方におすすめです。

(4)BBクリームと併用する

BBクリームとCCクリームを併用するのもよいでしょう。

しっかりカバーしたい部分はBBクリーム、肌をトーンアップさせたい部分はCCクリームと、顔のパーツによって2つを塗り分けることでメリハリが生まれます。BBクリームとCCクリーム、それぞれの良さをいかした上級メイクが楽しめますよ。

それぞれの選び方

同じベースメイクアイテムといっても、特徴の異なるBBクリームとCCクリーム。どのように選んでいけばいいのでしょうか。

何かを考えている女性

例えば、時短したいけどきちんと感も出したいお仕事メイクにはBBクリーム。
肌悩みをしっかりカバーしたいときにもおすすめです。また、1本でベースメイクが完成するので、メイクスキルに自信がない方はBBクリームを選ぶと良いでしょう。

逆に、お化粧はしたくないけどすっぴんじゃちょっと…という休日にはCCクリームがぴったり。
ナチュラルメイクを楽しみたい日、肌のくすみが気になる日にも活躍してくれます。CCクリームはハイライト代わりにもなるので、いつものベースメイクは変えずにポイントとして使いたい場合にもおすすめです。

まとめ

いかがでしたか? BBクリームとCCクリーム、似ているようでもそれぞれに特徴や違いがあります。なりたい肌のイメージやその日の肌の状態、使用するシーンに合わせてぜひ使い分けてみてください。ベースメイクの幅がきっと広がりますよ!

ライター紹介

丸山麻衣

フリーライター/日本化粧品検定1級・コスメコンシェルジュ
アパレル企業でライターとしての経験を積み、フリーランスに転向。自身が長年肌荒れに悩んだ経験から日本化粧品検定1級・コスメコンシェルジュを取得。Web媒体を中心にファッション&美容ライターとして活動中。

    【あわせて読みたい】
    ▽メイクのことについてもっと知りたい方はこちら
    基本の「き」からプロが伝授!すっぴん風メイクのやり方まとめ
    厚塗り女子にはガッカリ!?愛されすっぴん風ベースメイクの作り方
    「かわいいね」彼に褒められるデートメイクのやり方
    元美容部員が教える!顔型別♡秘密の小顔カバーテクニック

    【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
    発色アップ!「アイシャドウベース」の使い方とおすすめ4選
    斬新なアイテムが続々登場!美容家が大注目のファンデ4つ
    メイク上手になれる基本の「き」化粧の基本と正しい順番
    美容家が注目!華やか旬メイクが叶うプチプラコスメ4選

    Facebookでシェアする

    Twitterでシェアする

    スキンケアの最新記事はこちら